FC2ブログ

ユーロ円海外市場で120円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は早朝のオセアニア市場で89円67銭を記録したものの、利益確定の

    ドル売りに押され、89円台前半まで下落。その後は堅調な株価を睨みながら再び

    反発し、89円台半ばで引ける。

  • ユーロドルもアジア市場でユーロ円の上昇に引っ張られ1.34台に乗せる。

    ただその後は伸び悩み軟調な展開に1.3336まで下落。ユーロ円の動きが

    ユーロドルの動きに影響を与える展開が強まる。

    ユーロ円は一時120円台に乗せたことで達成感が出るかどうかが注目される。

  • 株式市場は続伸。ダウは18ドル高で、1万3500ドル台を回復。

  • 債券相場は続伸し、10年債利回りは1週間ぶりの低水準に。

    ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が「金融当局は下期に入っても

    しばらく資産購入を続けなければならない」と発言したことを手掛かりに

    買いが優勢だった。


    本日の注目イベント


    • 日   日銀支店長会議

    • 日   12月マネーストック

    • 独   独2012年GDP

    • 独   独12月消費者物価指数(確報)

    • 欧   ユーロ圏11月貿易収支

    • 英   英12月生産者物価指数

    • 英   英12月消費者物価指数

    • 米   12月小売売上高

    • 米   12月生産者物価指数

    • 米   1月NY連銀製造業景況指数

    • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演

    • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演

    • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演

    • 米   世銀、世界経済見通しを発表



      東京市場が休場だった昨日のオセアニアで、ドル円は89円67銭まで

      円安が進行し、いよいよ90円台が視野に入ってきました。

      また、ユーロ円も昨年11月5日以来となる120円台に乗せ、円全面安

      が続いています。日銀総裁人事に関して、安倍総理は「金融緩和に積

      極的な方になっていただく」と。これまでの主張を繰り返し、円高修正へ

      の手綱を緩める気配がないことが材料視され、円が一段と売られた格好

      です。

      4月8日に任期を迎える白川総裁の後任には、既に4~5名の名前が挙

      がっていますが、その誰が総裁に就任しても金融緩和には積極的で、

      円高阻止に前向きな点でも同様で、政府と日銀が一体となって政策を

      進めやすいとの連想も働きます。

      ドル円は昨日89円台半ばを記録した後は89円を割り込んではいません。

      アジア市場の株価が堅調なことから、NY株式市場も続伸しています。

      本日の日経平均株価も1万900円ー1万1000円を試しそうな気配で、

      これがさらに円安に繋がる可能性があります。本日の注目点は90円とい

      う大台に、どこまで近づけるかということになります。

      先週も触れましたが、やはり90円は当面のターゲットだったと思われ、

      かりに90円を付けたとしても「達成感」から反落するリスクは意識してお

      きたいと思います。

      このところの円安は来週開催される日銀決定会合を手掛かりに、一段

      と円売りが強まってきました。

      会合では安倍総理の主張する2%の物価目標率を日銀が受け入れる

      可能性が高く、これまで安倍総理が口にしてきた政策の一つが実現す

      ることで、円がさらに売られた側面があります。

      ただ、この材料はかなり市場に織り込まれていると考えるべきだと思い

      ます。

      90円台を完全に回復するには、2%の物価上昇率目標を受け入れる

      だけではなく、さらに追加の金融緩和を決定するなど、何らかの合わせ

      技も必要で、市場に対してさらに緩和観測を持たせることも重要かと思

      います。

      円は主要通貨に対して一貫して売られてきましたが、それぞれ重要な

      節目の水準を迎えていると思われます。ドル円の90円、ユーロ円の12

      0円、そして豪ドル円の95円と、それぞれの通貨では一旦利益を確定

      したいと考える水準にあると想定できます。

      特にユーロ円は昨年7月の94円台からは27%を超えるユーロ高円安

      が進行しています。

      多くの専門家が「ユーロの危機はまだ終わっていない」とする認識を維

      持する中、円が安くなったというだけでは説明できない水準までユーロ

      高が進んでいます。

      ユーロの対ドル、対円の水準を純粋に眺めるのではあれば、既に「欧

      州危機は終わり」、今後は景気の悪さだけが焦点になってくるような水

      準に思えます。

      ドル円は「月足」の「雲の下限」を上回り、現在「雲」の中を上昇している

      ところです。

      先週も述べましたが、ここからの上昇には注意が必要です。

      何かの材料をきっかけに利益確定のドル売りが大量に出てくることは十

      分考えられます。

      もちろん、さらに上昇することこも考えられますが、やはりそのスピードは

      これまでと異なり緩やかになり、相当なもみ合いも予想されます。

      少なくとも、この水準からドルを買い上げるには、ドル円が95円を目指す

      と考える他ありません。あるいは最低でも93円台程度には達すると考え

      ない限り、個人的には怖くて買えません。

      日経平均株価とのキャッチボールを考慮して、本日レンジは89円-89

      円90銭を予想します。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。