FC2ブログ

ユンケル発言を受けユーロ円急落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は東京時間での甘利大臣の発言をきっかけにドル安円高の流れに傾き

    上値の重い展開に。欧州市場では一時88円29銭までドル安円高が進んだものの、

    NYではユーロ安の影響や、小売売上高が好調だったことを手掛かりに88円台後半まで

    反発して引ける。

  • ユーロドルは1.33台から1.32台半ばまで売られる。ユンケル議長がユーロ高を

    懸念する発言をしたことで、ユーロ売りが進み、対円でも前日比2円以上の大幅なユーロ安に。

  • 株式市場はまちまち。NY連銀製造業景況指数の悪化で軟調に推移したが、小売売上高が

    予想を上回ったことを好感し、ダウは5日続伸。ナスダックは6ドル安。

  • 債券相場は3日続伸。連邦債務上限問題への懸念から堅調に推移。10年債利回りは小幅に

    低下し、1.83%台に。

  • 金は続伸。原油は利益確定の売りに押され小幅安。

  • 12月小売売上高 → +0.5%

  • 12月生産者物価指数 → -0.2%

  • 1月NY連銀製造業景況指数 → -7.78


    本日の注目イベント


    • 豪   豪1月ウエストパック消費者信頼感指数

    • 日   12月消費動向調査

    • 欧   ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演

    • 欧   ユーロ圏12月消費者物価指数(改定値)

    • 欧   アスムセン・ECB理事講演

    • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

    • 米   12月消費者物価指数

    • 米   12月鉱工業生産

    • 米   12月設備稼働率

    • 米   1月NAHB住宅市場指数

    • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演

    • 米   企業決算 → JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス




    円安基調は変わらないものの、ドル高円安の流れに一服感が出てきました。

    昨日の昼前、安倍内閣の閣僚の中でも重要な一人とされる、甘利経済財政

    ・再生相が「過度の円安は輸入物価に跳ね返り国民生活にマイナス」と発言

    したことが伝わると、ドル円は89円60銭前後から急落し、88円63銭まで1円

    ほど円高ドル安が進む場面がありました。株価も順調に上昇し、90円台が目

    前という水準だったことも下落に勢いを付けてたと思われます。

    この動きでドルの上値は重くなり、海外市場でも円買いの流れが続き、欧州市

    場では一時88円29銭まで円高に振れました。

    その後は、ユンケル欧州議会議長が現在のユーロ高に対して「相場は危険な

    ほど高い」と発言したことで、ドル高ユーロ安が進み、これに引っ張られる形で

    ドル高円安に振れ88円台後半まで反発しています。

    昨日も述べましたが、一本調子の円安も88-90円の水準ではもみ合い、90

    円台の乗せるとしても時間がかかりそうです。

    それでもNY株式市場が5日続伸していることもあり、ドルは堅調に推移してい

    ますが、米連邦債務上限問題なども今後新たな局面を迎えそうなことや、FR

    Bが実際に量的緩和策を変更する可能性はまだまだ先の話であることなど、

    ドルが下落する材料が無いわけではありません。

    足元では安倍政権への期待感と、日銀の追加緩和観測が円売りをけん引し、

    円安で業績の上振れ期待の高い輸出を中心に株価が上昇するなど、「好循

    環」が続いている状況です。

    それでも、ドルが買われ、円が売られれば、その流れに乗らないわけにはいか

    ず、既に昨年10月後半からの上昇幅は10円を超えています。

    円安の流れが始まったばかりだとは思いますが、「ファースト・ステージ」はそろ

    そろ終盤を迎えているように思えます。

    これからは来週の日銀決定会合で、安倍総理が要請している「2%の物価上

    昇率目標」を日銀が受け入れるのかどうかなど政策の「実現性」が厳しく問わ

    れる、「セカンド・ステージ」になるのではないかと思います。

    安倍総理の「ABE」をもじって、「アセット・バブル・エコノミー」などと比喩され

    るなど、今後は「期待度」から「実現度」に、市場の眼も変わってくると思われ

    ます。

    今後期待通り、無制限の金融緩和を通じデフレからの脱却が見通せる様な

    状況になれば、本格的な円安への流れが加速し、期待外れといった声が出

    てくるようだと、80-85円程度の円水準に戻されるのではないでしょうか。

    第二次安倍内閣が発足してちょうど一月(ひとつき)が経ちます。

    昨日発表された政権に対する世論調査をみても、まずまずの支持率を維持

    しています。

    先ずは好スタートを切った安倍政権の最初のハードルは上記日銀決定会合

    と、3-4月の日銀総裁、副総裁人事だと思われます。

    また、もう少し長いスパンでは2014年からの消費税引き上げを正式に決める

    6月頃と、TPPへの参加問題が相場の行方を決める重要なテーマになるので

    はないかと思います。

    円安基調はまだ変わっていませんが、水準的には昨日のドル急落場面の様に

    、いつ利益確定のドル売りがでてもおかしくないレベルであると思います。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。