FC2ブログ

ドル円ついに90円台に乗せる 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は欧州市場で89円台半ばまでドル高が進み、NYでは好調な米経済指標

    の発表と、日銀決定会合でさらなる緩和政策が取られるとの日経電子版の内容に

    一段と円売りが加速。一時2010年6月以来となる90円14銭まで円安が進み、

    引けにかけは利食いの円買いもあり、89円85-90銭で取引を終える。

  • ユーロドルは堅調に推移。スペイン国債の入札が好調だったことで、

    終始ユ-ロ買いが優勢となり、1.33台後半まで上昇。対ドルでユーロが買われ、

    円が売られたことでユーロ円は直近高値を抜き、1年8ヵ月振りとなる

    120円60銭まで上昇。

  • 好調な経済指標を受け株価は朝方から堅調に推移。ダウは84ドル高と、

    1万3600ドル目前まで上昇。

  • 債券は続落。住宅と失業保険統計が景気が回復を示したことから売られ、

    10年債利回りは1.87%台まで上昇。

  • 金、原油はともに上昇。原油はアルジェリア情勢を背景に、4ヵ月振りとなる

    95ドル台まで上昇。

  • 新規失業保険申請件数 → 33.5万件

  • 12月住宅着工件数 → 95.4万件

  • 12月建設許可件数 → 90.3万件

  • 1月フィラデルフィア連銀景況指数 → -5.8


    本日の注目イベント



    • 日   11月鉱工業生産(確報)

    • 中   中国10-12月GDP

    • 中   中国12月鉱工業生産

    • 中   中国12月小売売上高

    • 中   中国12月不動産価格

    • 英   英12月小売売上高

    • 米   1月ミシガン大学消費者信頼感指数

    • 米   企業決算 →GE



    ドル円は株価との相関度を強め、連日神経質な展開が続いていますが、

    昨日のNY市場では一時2010年6月以来の90円台乗せを果たしてい

    ます。

    住宅着工件数や新規失業保険申請件数が市場予想を上回ったことが

    「ドル買い材料」になり、さらに来週の日銀決定会合では「2%の物価上

    昇率目標」を政府・日銀の共同文書に盛り込むことが決まりそうで、加えて

    12月に続き今回の会合でも、10兆円規模の「追加緩和」に踏み切ること

    を日経新聞の電子版が伝えたことが円売りドル買いを加速させました。

    ドル円は昨日の東京市場では前日と同じような展開を見せ、88円80銭レ

    ベルまでドル高が進んだものの、午後にはプラスだった日経平均株価が先

    物主導でマイナス100円程度まで売られると、88円14銭まで円買いドル売

    りが進みました。

    ドルの上値が重いという雰囲気のなか、午後3時にかけては一転してドルが

    反発し、88円75銭までドル高が進み、日経平均株価もプラス圏で引ける荒

    っぽい展開でした。

    甘利経済財政・再生大臣が米紙とのインタビューで、現在は円高修正の局

    面であるとの認識を示し、前回の「過度の円安」を懸念する発言を修正したと

    受け止められたことで円売りが加速したと思われます。

    安倍内閣の度重なる要人発言でドル円が乱高下していますが、一時的に9

    0円台を示現したことで、基本的なドル高円安の流れが再確認された格好で

    す。

    注意したいのは、上述のように来週の日銀決定会合の内容がほぼ明らかにな

    ったことで、予想通りの決定内容では一段の円安効果は限られそうだという点

    です。

    むしろ、予想を下回る内容だった場合には失望感から円が買い戻されるリス

    クもありそうです。

    昨日発表された新規失業保険申請件数は市場予想を大幅に下回り33.5

    万件でした。

    季節調整のゆがみが加味されているとの指摘もありますが、この件数は約5

    年ぶりの低水準で、米労働市場の改善が着実に進んでいることを表してい

    ます。

    また、住宅着工件数も11月の85.1万件から10万件以上増加し、住宅市場

    は底入れを終え、新たな拡大局面に入った可能性もあります。

    米国では景気回復が続く一方、本邦では一段の緩和策を推進しデフレから

    の脱却を目指し、市場への資金供給をさらに増やす構えです。

    円安がさらに進むと想定するのもそれ程違和感はないものと思われます。

    90円台が一つの節目であることは、目前にして何度も押し戻されたことをみて

    も確認できますが、90円台が定着しさらに上値を目指すかどうかは現状では

    判断できません。

    輸出企業の利益が上振れるとの観測から株価は上昇していますが、企業利益

    がそのまま雇用者の賃金増加に繋がるかどうかは不透明です。

    原油価格が昨年9月以来となる95ドル台に乗せ、さらに足元では円安が進行

    していることから、ガソリン価格は今後一段と上昇するものと思われます。

    流通コストの上昇に繋がり、また輸入物価にも影響を与えると予想されます。

    「2%に物価上昇率目標」にとって追い風とも言える状況ですが、同時に賃金

    が上がらない限り生活が厳しくなることも想定されます。

    それでもそう簡単に2%のインフレが達成されるとは思えませんが、「2%の物

    価上昇率目標」はそれ自体が目標ではなく、景気を回復させることが最終目

    標です。

    来年4月からの消費税率の引き上げも控えていることもあり、生活が苦しくなる

    ようなら安倍政権への批判も出てきそうです。

    その意味で、デフレからの早期脱却に次ぐ、「次の一手」が注目される時もそ

    う遠くないように思います。

    本日も90円台の攻防と、90円台に乗せて定着するかどうかが焦点です。

    当然株価の推移からも眼が離せません。

    円安の効果もあり、日経平均株価が200円以上上昇するようだと、円を売る動

    きも強まりそうです。

    予想レンジは89円50銭~90円50銭と観ています。

    ===============================

    今週月曜日の大雪はまだ道端に残っています。

    今年は全国的に異例の寒さで、地球温暖化が本当に進んでいるのか

    信じられない天候が続いています。

    専門家に言わせると、これも「地球温暖化がもたらす異常気象」のようです。

    良い週末を・・・・。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。