FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年01月 

決定会合を受け円全面高 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 日銀は決定会合で無期限の追加緩和を決定し、2%の物価上昇率目標を導入

    することを決めたが、市場は「材料出尽くし」と、より積極的な緩和策を期待して

    いたこともあり、ドル売り円買いが加速。欧州市場では一時88円36銭まで

    円高が進んだが、NYでは88円台半ばから後半で推移。

  • 決定会合の発表直後からユーロ円の売りもかさんだためユーロドルも下落。

    1.33台半ばから1.32台半ばまで急落し、その後はもみ合い。ユーロ円は

    1週間ぶりに117円台半ばまで円高が進む。

  • 株式市場は続伸。中古住宅販売件数は予想を下回ったものの、好決算発表が

    続きダウは62ドル高。ダウ平均は引け値で2007年12月以来となる

    1万3700ドル台を回復。

  • 金、原油はともに続伸。原油は約4ヵ月振りに96ドル台乗せ。

  • 12月中古住宅販売件数 → 494万件

  • 1月リッチモンド連銀製造業指数 → -12


    本日の注目イベント


    • 豪   豪10ー12月消費者物価指数

    • 中   中国12月景気先行指数

    • 欧   ダボス会議(1/27日まで)

    • 欧   ユーロ圏1月消費者信頼感(速報値)

    • 英   英12月失業率

    • 英   BOE議事録

    • 米   IMF 世界見経済見通し(改定版)

    • 米   11月住宅価格指数

    • 米   企業決算 → アップル、マクドナルド

    • 加   カナダ政策金利発表




    日銀金融政策決定会合を受け、ドル円やクロス円は乱高下しました。

    ドル円は結果発表前から神経質な動きを繰り返し、結果発表直後は

    90円台に乗せる場面もありましたが、その後は急落し、欧州市場では

    88円36銭まで円が強含む場面もありました。

    ドル円の売りだけではなく、ユーロ円などのクロス円の売りも大量に出て、

    利益確定に追い込まれた格好になっています。

    決定会合では「2%物価上昇率目標」を導入し、2014年からオープン

    エンド(無期限)の金融緩和を行うことも決めましたが、決定内容が事前

    予想に沿ったもので、特にポジティブサプライズもなかったことで、これも

    事前予想通り「利益確定のドル売り円買い」に押され、ドル円は88円台

    前半まで円高に振れました。

    金融緩和については「無期限」との文言が挿入されたことで政府・日銀

    のデフレからの脱却を目指す「強い意志」は伺えましたが、「2014年から」

    という時期に失望したと受け止められます。

    また、「2%物価上昇率目標」についても、2人の審議委員が反対したこと

    も伝えられています。2%という数字が現実的ではないことや、将来の金融

    政策の信用にマイナスとの理由で反対した様です。

    白川日銀総裁も「2%の目標達成には相当思い切った努力が必要」との認

    識を示しています。

    ドル円は「失望感」と「材料出尽く」から大きく売られましたが、これまで

    とは異なる政府と日銀の共同歩調は評価できるのではないかと思います。

    これまでは日銀が単独で金融政策を取り仕切り、過去20年にわたるデフレ

    経済からの脱却が失敗に終わったことには何ら「おとがめ」はありませんでし

    た。

    これからはデフレから脱却目標に対して日銀総裁自らが説明責任を負い、

    経済財政諮問会議ではその進捗状況が報告されることになりました。

    日銀130年の歴史の中では画期的なことと言えます。

    同時に、金融政策だけではインフレを引き起こすことは難しく、上述の白川

    総裁のコメントにあるように、政府による財政の出動や、規制緩和の推進な

    ど「成長に向けた取り組み」が極めて重要になってきます。

    安倍総理は白川総裁に説明責任を求めるとしていますが、政府自身が国

    民に対して説明責任があることも明白です。

    ドル円は急落しましたが、円安基調は変わらないと見ています。

    長期のトレンドを示す「週足」や「月足」では、転換線が基準線を下から上

    抜けする「好転」が実現していることと「1時間足」では欧州市場で88円3

    6銭を記録した後88円70-80銭水準まで戻していることで、MACDが

    ゴールデンクロスを示現しています。

    ただこのMACDは「反応」が早いだけに、「だまし」もあることに注意が必

    要です。

    ポイントとしては89円台を回復できるかどうかが上値のメドになりそうです。

    また、下値では欧州市場の円の最高値である88円36銭を割り込むかど

    うかが重要です。

    この水準を割り込み87円台を覗くような展開になると、もう一段の利益確

    定のドル売りも持ち込まれそうな気配もあります。

    88円台を維持できる展開が続けば、今回の日銀決定会合は単に利益

    確定の引き金を引く機会を与えてくれただけで、再び円安基調に戻るの

    ではないかと予想しております。

    もっとも、予想に反して87円台まで円高が進むとその後は長い調整が続

    き、しばらくもみ合いになることも意識する必要があるかもしれません。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。