FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年02月 

ドル円93円台乗せ後反落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 東京株式市場の上昇を手掛かりにドル円は欧州市場で93円18銭まで

    ドル高円安が進むが、NYでは株価の下落を背景に円買いが優勢に。

  • ユーロドルは大幅に下落。スペインの政局不安が台頭し、スペインや

    イタリアの国債が売られたことで、「リスクオン」が後退。ユーロドルは

    1.350割れ目前まで下落。ユーロ円も急落し124円台半ばまでユーロ安が進む。

  • 株式市場は反落。スペイン国債などが売られたことが欧州危機への連想に

    つながり株価を押し下げた。S&P500は昨年11月以来最大の下げとなった。

  • 株式市場が下落したことで債権には買い戻しが入った。10年債利回りは

    2%の大台を割り込む。

  • 金は続伸。原油価格は大幅に反落し96ドル台に。

    本日の注目イベント


    • 豪   RBAキャッシュターゲット

    • 豪   豪12月貿易収支

    • 豪   豪第4四半期住宅価格指数

    • 中   中国1月HSBCサービス業PMI

    • 欧   ユーロ圏1月総合計景気指数

    • 欧   ユーロ圏12月小売売上高

    • 英   英1月サービス業PMI

    • 米   議会予算局半期報告

    • 米   1月ISM非製造業景況指数

    • 米   デューク・FRB理事講演




    ドル円は昨日の欧州市場で一時93円台に乗せ、93円18銭まで円安が

    進みましたがその後はユーロ円の売りがかさんだこともあり、下落基調を

    たどっています。

    東京市場では92円台後半が重く上値は限られましたが、欧州市場が開

    くと日経平均株価の上昇を手掛かりに円売りが加速し、それほど抵抗もな

    く93円台に乗せました。

    ただその後はさすがに92円台後半まで押し戻され、NY市場の出方が

    注目されましたが、米株式市場が下落するのを睨みながら93円台に戻

    すことはなく、92円21銭まで反落しました。

    欧州でスペインのラホイ首相を巡る政局不安が広がったことや、イタリアで

    も総選挙を前に、ベルルスコーニ前首相への支持が拡大するなど、欧州

    不安がユーロ売り円買いを後押ししました。

    欧州市場での93円台乗せはやや「勇み足」だったように思います。

    日本の株価上昇をはやして円安が加速したものの、株価そのものもやや

    「ミニバブル」の様相を示しています。昨日の東証1部の売買高は44億5

    300万株と、大商いでした。

    20億株できれば活況と言われている東証1部売買高が、昨日はその倍

    以上の出来高を記録したことになります。「円安と株高」が同時並行に進

    み、株式市場に疎遠だった個人投資家もさすがに「持たないリスク」を感

    じ始めたことで、遅ればせながら市場に参入したといった格好です。

    為替も株もやや過熱感があることは否めません。それでもここ2ヵ月半、ド

    ル円で14円程度、日経平均で2000円以上も上昇して来ました。

    市場では「アベノミクス」などという言葉も一人歩きしており、実態以上に

    「円安株高」が進行したという印象は拭い切れません。

    もちろん「ドル高円安基調」は継続されていることに変化はありませんが、

    注目は本日の為替と株の動きです。

    NYダウは129ドル安で再び1万4000ドルを割り込んで来ました。

    日経平均株価も下落が予想されますが、それでもどれだけ株式に対する

    旺盛な買い意欲があるかに注目しています。本日大引けで「プラス」で取

    引を終えるようならドル円も再度93円を試す展開が予想でますが、これま

    での買い意欲がひっ込むようだと、ドル円も91円台が見えてきそうで、短期

    的な調整が続く可能性があります。

    為替サイドからみれば、ドル買い意欲がなお優勢であれば、92円台後半

    までドルを押し上げ、株式市場がその動きを好感し株価が上昇するシナリ

    オもあります。テクニカルではやや上値の重い展開が予想できます。

    短期のシグナルである「1時間足」では、既に「一目均衡表」の遅行スパン

    が「逆転」を起こしており、さらに「MACD]はかなり早い段階でデッドクロ

    スを示現させており、また「MACD」が「ゼロの軸」を割り込んでおり、下落

    パターンを示していると解釈できます。

    上述のように本日の株価次第というところがありますが、一旦利益確定の「円

    買い」が出る可能性もあり、それが

    対ドルだけではなく、対ユーロや豪ドル、ポンドといった主要通貨に拡大する

    と「微調整」では済まないかもしれません。下値のメドは「1時間」から探れば、

    91円85銭(雲の下限)と、91円54銭(200日線)が挙げられます。上値はや

    や重くなっているとも予想します。

    92円台半ば超えが一つの目安と思われますが、株価の動向が最大の注目

    ポイントです。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。