FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年03月 

ドル円92円台で一進一退 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は92円台で一進一退。米経済指標の改善を手掛かりに
    ドルが買われたものの、93円台に届かず。

  • ユーロドルは1.31台では売りに押される展開。ドラギ・ECB総裁
    の緩和政策維持を示唆する発言に弱含み1.30台半ばで引ける。

  • 株式市場は日中上昇し、ダウは史上最高値に届きそうな水準まで
    買われましたが更新できなかったこともあり、引けにかけて下落し
    前日比マイナスで取引を終える。

  • 債券は反発。欧州情勢が不安定なことに加え、米歳出削減問題も意識され
    価格は上昇。10年債利回りは1.88%台に低下。

  • 金は続落し、先週末に記録した直近安値に迫る。原油は小幅に反落。

  • 10-12月GDP(改定値) → +0.1%

  • 新規失業保険申請件数 → 34.4万件

  • 2月シカゴ購買部協会景気指数 → 56.8


    本日の注目イベント


    • 日   1月失業率

    • 日   1月消費者物価指数

    • 中   中国 2月製造業PMI

    • 中   中国 HSBC2月製造業PMI(改訂値)

    • 欧   ユーロ圏2月製造業PMI(改定値)

    • 欧   ユーロ圏2月消費者物価指数(速報値)

    • 欧   ユーロ圏1月失業率

    • 米   1月個人支出

    • 米   1月個人所得

    • 米   1月PCEコアデフレーター

    • 米   2月ミシガン大学消費者信頼感指数

    • 米   2月ISM製造業景況指数

    • 加   カナダ12月GDP



    ドル円は92円台割れはなかったものの、93円には届かず

    一進一退の展開でした。

    政府が国会に、日銀総裁に黒田氏と副総裁に岩田氏中曽氏を

    正式に提示し承認される見通であることから、

    金融緩期待が膨らみドル円は92円85銭近くまで

    円売りに傾きました。

    しかし、欧州ではイタリアの政局不安に加え、欧州景気の後退を

    受け、ドラギ・ECB総裁は近いうちに金融政策を引き締める考えは

    ないことを示唆したためユーロが下落し、円が買われる展開と

    なっています。


    また、米国でももう一つの「リスク」である、強制的な歳出削減が

    本日にも発動される可能性が高まって来ました。

    昨年末の「財政の崖」問題では最後の最後に「ひとまず回避」された

    経緯もあり、市場は、それ程混乱するとは考えていないようです。

    昨日のNY株式市場では引け間際まで株価は上昇していましたが、

    結局前日比マイナスで終え、安全資産である債券は若干買われている

    ことから、「歳出削減発動」を織り込む動きもありましたが、

    今のところ急激な「リスク回避」の動きは見られません。


    実際、「歳出削減」が発動されたら850億ドル

    (約7兆8700億円)の歳出を削減することになるわけですが、

    その影響は不透明です。

    削減額の半分以上は国防費が対象となるようで、実際に行われるのは

    1ヵ月後になるのではないかと見られています。

    ただ、公務員などの一時帰休は避けられないことから、

    公的サービスに支障が出て来ると予想されています。


    「歳出削減」発動への可能性が高まったことを受けて、IMFは

    昨日米国の成長見通しを下方修正することを発表しています。

    IMFの報道官によれば、IMFは現在、今年の米成長率を2%と

    予想していますが、歳出強制削減が全面的に実施された場合、成長率は

    少なくとも0.5ポイント押し下げられると見ています。

    また、歳出削減は世界の成長にも打撃を与えるとの見方も

    示しています。(ブルームバーグ)


    今週はバーナンキ・FRB議長の議会証言を通じて、米国が緩和政策を

    中止する可能性がやや後退し、上述のように欧州でも金融緩和は当分

    継続されるとの見方が強まっています。

    一方日本では、新しく日銀総裁副総裁が就任することから緩和期待が

    否応なしに高まっています。

    新執行部は3月20日に発足する予定で、「開幕戦」は

    4月3日、4日の金融決定会合になります。

    リーマンショック後、これまでの金融政策の効果は「金融緩和により

    積極的で、資産購入を拡大させた国の通貨が売られる」

    ことは実証済みです。

    日米欧では、いずれも今後の金融スタンスは緩和政策で一致していますが、

    欧米は現行のスタンスを維持するに留まる一方、日本ではさらに資産購入

    規模を拡大することや、購入対象の国債の年限をさらに長いものにすると

    いった方法や、さらには株式やREITなどを買い増すなどの施策を

    導入するのではないかと見られています。

    過去4年以上も続いた円高局面では、日本より欧米の方が金融緩和に

    より積極的であったことがドル安、ユーロ安を促し、消去法的に円に資金が

    向かった一因でもありました。

    今後は、上記金融スタンスを考慮すれば円が緩やかに下落するとの見方が

    正当化されそうです。


    本日は92円台でもみ合う展開になりそうです。

    92円、93円のどちらも抜け切れないと予想しますが、例によって要人発言などが

    あれば、その限りではありません。

    NYでは比較的重要な経済指標発表が予定されていることから、その結果次第で

    上下しそうです。

    レンジ予想も難しいですが、92-93円というところでしょうか。


    ============================================================

    今日から3月。

    昨日は全国的に春めいた様気で、気温の方もグーンと上がりました。

    今日も雨模様ですが、気温も昨日並みとか・・・。

    気温は確実上がりましたが、2月のドル円と株は「調整月」でした。

    今月に期待したいと思います。

    良い週末を・・・・。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。