FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年03月 

米経済指標を受けドル全面高 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

ドル円は底堅く推移。米歳出強制削減が発動されるとの懸念材料があった

ものの、多くの米経済指標が概ね好調だったことこに反応。さらに株価が

堅調だったこともあり、ドル円は93円台半ばまで上昇。


ユーロドルは下落。ECBに利下げ余地があるとの観測が広がり、

ユーロドルは一時、約3ヵ月振りのとなる1.2966まで売られ

安値圏で引ける。


株価は反発。消費者マインドや製造業景況指数が予想を上回ったことで、

歳出強制削減問題を吸収した格好に。ダウは35ドル高と、史上最高値に

60ドル弱と迫る。


一方、債券相場は歳出強制削減への懸念から安全資産として見直され続伸。

10年債利回りは1.84%台まで低下。


金が小幅に反発。原油は続落し2ヵ月振りの90ドル台に。


1月個人支出 → +0.2%

1月個人所得 → -3.6%

1月PCEコアデフレーター → +1.2%

2月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 77.6

2月ISM製造業景況指数 → 54.2


ドル/円92.61 ~ 93.68

ユーロ/ドル1.2966 ~ 1.3043

ユーロ/円120.35 ~ 122.15

NYダウ+35.17 → 14,089.66ドル

GOLD+5.80 → 1,572.30ドル

WTI-1.37 → 90.68ドル

米10年国債-0.044 → 1.840%


本日の注目イベント

日   2月マネタリーベース

日   黒田次期日銀総裁衆院で所信聴取

日   岩田次期日銀副総裁講演

欧   ユーロ圏財務相会合

欧   ユーロ圏1月生産者物価指数

欧   スペイン2月失業率

米   イエレン・FRB副議長講演

米   パウエル・FRB理事講演

米   ボルカー・元FRB議長講演


先週この欄で、ドル円は92-93円でもみ合うのではないかと書きましたが、

先週末のNYで93円を上抜けし93円台半ばまでドル高が進みました。

イタリアの政局不安に加え、米歳出強制削減問題ではオバマ大統領と共和党との

間に依然隔たりがあり、歳出削減が発動されるリスクを考えたら、ドル円が下落する

ことも十分予想できたからです。

先週末の期限がきたことでオバマ大統領は1日、2021年度までに

総額1兆2千億ドル(約145兆8000億円)削減する大統領令に署名しました。

市場は、昨年12月の「財政の崖」問題でも結局結論が先送りされたこともあり、

影響は限定的だとし、冷静に対処したことで混乱はありませんでした。

さらに、この日発表された製造業景況指数などの経済指標が市場予想を上回ったことを

好感しドル買いで反応しました。

ドル円ではドル高円安が進み、対ユーロでもドル高ユーロ安が進んでいます。

米財政問題が好調な経済指標に吸収された格好でしたが、ドル円は日本の

金融緩和期待にも反応を見せたようです。

本日午前中に、次期日銀総裁候補の黒田氏が衆議院で「所信聴取」を行い、

明日岩田次期副総裁候補も同じように聴取を行う予定です。

正副総裁候補には積極的な緩和期待が強く、国会でどのような所信を表明するかに

関心が集まっています。

黒田氏は「日銀がやれることは山ほどある」と発言し、岩田氏は「2年以内にデフレから

脱却できる」と発言して来ました。

正副日銀総裁候補が衆参両院で承認されても、実際の行動の場は4月3-4日の政策決定会合に

なりますが、これまでの物言いから、期待感がかなり高まっていると見られます。

ただ、期待感が高まっているだけに、今日明日の「所信聴取」でこれまでの発言を繰り

返すだけでは失望感に繋がる可能性もあります。

そうなるとドル円は再び92円台に押し戻されることにもなり、場合によってはさらに下落し、

乱高下することも考えられます。

94円台半ばは3度試して、全て押し戻されているため94円40銭-95円が非常に重く、

壁になっています。

正副総裁候補のさらなる積極的な緩和発言でドル円が上昇することもあり得ますが、その際上記

水準が抜けるかどうかが最大のポイントと言えます。

上記水準を明確に上抜けできれば、ドル円は「新しいレンジ入り」したと考えられるからです。

ユーロ円などクロス円は先週までは上値の重い展開で、戻りを売るスタンスでした。

ドル円が93円台半ばまで円安に振れたことで、ユーロ円なども急激に値を戻しています。

ドルが主要通貨に対して強含み、特に円に対して大幅に上昇した結果クロス円が大幅に反発した

ものと思われます。

基本的な「ドル高円安トレンドは変わっていない」、と先週何度か書きましたが、円が売られ易い

状況と、円売り材料には反応し易い状況から、トレンドが変わっていないことが

確認できたと思います。

本日は上記「所信聴取」での発言が為替相場に大きな影響を与えると思われます。

金融緩和をさらに進め、その

具体的な手法にまで言及するようだと、株式市場でも株高が進み、円安に振れることに

なります。

上値のメドは94円20銭辺りで、下値も92円50銭程度予想してみました。

荒っぽい展開が予想されます。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。