FC2ブログ

ドル円ついに95円台を付ける 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は一段と上昇し、2009年10月以来となる95円台を示現。

    失業保険申請件数が予想以上に減少するなど、雇用に関する好調な指標に加え、

    株高、債券安が進み、ドル円は節目の95円台まで上昇。

  • ECBは理事会で政策金利据え置きを決め、会見でドラギ総裁が年後半の

    ユーロ圏景気回復見通しに言及したことでユーロが急反発。ユーロドルは1.29台

    後半から1.31台まで反発。

  • 株価は続伸。NYダウは3日連続で史上最高値を更新。

  • 債券相場は軟調な展開。米経済指標の改善と堅調な株価に押されて価格は下落。

    10年債利回りは2%目前まで上昇。

  • 金、原油は上昇。

  • 新規失業保険申請件数 → 34.0万件

  • 1月貿易収支 → -444億ドル

  • 1月消費者信用残高 → +161.5億ドル

    本日の注目イベント


    • 日   10-12月GDP(第2次速報)

    • 日   1月国際収支

    • 日   2月景気ウォッチャー調査

    • 中   中国2月貿易収支

    • 独   独1月鉱工業生産

    • 米   2月雇用統計

    • 加   カナダ2月失業率





    昨日のコメントで、ドル円は「4度目の正直で94円台半ばから95円を試すことが

    出きるか?」と書きました。

    またあるとすればそれは、東京時間ではなく、海外市場での可能性についても触れ

    ました。

    ドル円は昨日のNY市場でついに95円台を記録し、2009年8月以来の円安水

    準を付けています。

    2月25日にはイタリア総選挙の見通しを受け、ドル円は一時90円85銭まで下

    落し、円の買い戻しが徐々に増えるのではないかとの観測もありました。

    しかし、このレポートでは一貫して「ドル高円安の流れは変わっていない」と述べ

    てきました。それは「日足」チャートを見れば歴然としており、崩れる気配はなか

    ったからです。

    少なくとも「一目均衡表」では「転換線」と「基準線」が昨年10月に好転を見せ

    てからは一度も崩れていません。

    また「先行スパン1.2」に挟まれる「雲」についても同様で、同時期にローソク

    足が雲を上抜けしてからは短期的な「1時間足」では相場の動きが上下に振れ、

    「売りサイン」や「買いサイン」が頻繁に出てきますが、それだけで判断していた

    のでは大きな流れを見失うことにもなります。

    いわゆる「木を見て森を見ず」状態に陥ってしまいます。

    今回の「ドル高円安」の流れは「非常に強いトレンドを形成していた」ということ

    です。やはり、週に1、2回は長めの「日足」あるいは「週足」なども確認する習

    慣を身につけることが重要です。

    ドル円はNY市場で95円10銭まで上昇し、94円台後半で取引を終えています。

    94円台半ばから95円にかけてあったとみられる大量のドル売りオーダーを飲み

    見込む形で上昇し、わずかですが95円台乗せを実現させました。

    NYでの取引は94円台後半で終えていますが、一度95円を達成したドル円がこ

    の後どのような展開を見せるか興味がわきます。

    95円台に完全に乗せ、定着するようだと、テクニカル的には97円台程度まで重

    要なレジスタンスは見られません。

    95円前後は2010年5月に記録した94円99銭という高値近辺であることか

    ら、このまま下落してしまえば大きな意味では「ダブルトップ」ということにもな

    ります。その点からすると、95円という極めて重要な節目を記録したことで、今

    後は95円台が定着するかどうかが注目されます。「達成感」から今後徐々に下落

    に向かうといった見方もできなくはありませんが、米景気の回復基調が鮮明である

    ことや、3月20日からの日銀の新しい正副総裁に対する期待感などから、目先大

    きな調整は考えにくいと思われます。

    ただ、国内では安倍晋三内閣の次の重要課題である「成長戦略」の具体的な内容

    や、TPP交渉の詰めなどでは、さらに円が大きく下落する材料には乏しい気が

    します。

    本日発表される1月の経常収支では大幅な「経常赤字」も見込まれることから、発

    表後にどこまで円売りが進むのかにも注目が集まりますが、円が一段と売られる材

    料があるとすればやはり海外市場に依存することになりそうです。

    もちろん、その海外市場にはイタリアの政局の行方や米国の歳出削減問題など、

    「円が買われる」材料があることも留意する必要があります。

    95円台を示現したことで、ドル円は新しいステージに入ったとも考えられますが、

    今日あたりの専門家のコメントには「ドル円は100円を目指す」といった見方も

    出てきそうです。

    NY市場がけん引する形で、世界的な株高から「リスクオン」の流れが加速してい

    ます。ドル円にとっても「追い風」の外部環境が続きそうですが、個人的には安倍

    政権の具体的な成長戦略が見えてこない限り100円までの円安はそれほど簡単で

    はないと考えています。

    ===================================

    気温がぐんぐん上がり、今日の東京地方は22度まで上がりそうです。

    今週に入って一気に花粉症の症状が出てきました。

    昨日今日は「花粉症」に加え、「光化学スモッグ」と「PM2.5」にも注意。

    昨年、日産自動車のCEOが「6重苦」という言葉を使っていましたが、

    今日は「3重苦」の1日になりそうです。

    外出はできるだけ避けたいところです。

    良い週末を・・・・。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。