FC2ブログ

米雇用改善にドル円96円台半ばに 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場





  • ドル円は2月の雇用統計が市場予想を大幅に上回ったことからドルが急伸。

    ドル円は一時96円60銭を記録する大幅な円安に振れる。利益確定の売りに

    押され95円50銭まで一旦下げた後、96円近辺まで値を戻して引ける。

  • ユーロドルも1.31近辺から急落。米景気回復に伴うドル高に加え、

    イタリア国債が格下げされたことから1.29台半ばまで下落。ユーロも126円

    近くから123円台まで下げるなど大相場を演じる。

  • 米雇用市場の改善を受け株価は続伸。ダウは週を通して上昇し、4日連続で

    過去最高値を更新。

  • 株高が続き、景気回復を示す指標が相次いだことで債券相場は終始軟調に推移。

    10年債利回りは約11カ月振りに2.04%台まで上昇。

  • 金、原油は小幅に続伸。

  • 2月失業率 → 7.7%

  • 2月非農業部門雇用者数 → 23.6万人

    本日の注目イベント


    • 日   2月マネーストック

    • 日   黒田日銀総裁候補、参院で所聴取

    • 日   石田日銀審議委員、栃木県金融経済懇親会で挨拶

    • 欧   イタリア10-12月GDP(改定値)

    • 欧   コンスタンシオ・ECB副総裁講演



    2月の米雇用統計の結果を受け、ドル円は一段と上昇し96円60銭を記録

    しています。前日に節目の95円台に乗せたばかりでしたが、米景気回復

    を示す経済指標に反応し、円売りが加速しました。

    2月の失業率は予想の7.9%に対して、0.2ポイント改善し7.7%に。

    これは昨年9月に記録した7.8%を下回り、リーマンショック後最も低い数

    字です。

    FRBは依然として失業率が高止まりしているとの認識を持っていますが、

    労働生産力が常に供給されている米国で、0.2ポイントの改善は決して

    悪くはなく、力強い改善を見せています。

    非農業部門雇用数はさらに力強さを見せました。

    市場予想の16.5万人に対して26.3万人の大幅増加でした。

    1月分が15.7万人から11.9万人に下方修正されましたが、20万人を大

    幅に上回る内容に市場はドル買いで反応し、この直後に96円60銭までド

    ル高円安に振れています。

    ドル円は節目の94円台半ばから95円の水準を完全に上抜けしたことで、

    新しいステージに入った可能性が高いと思われます。

    週末から日曜日にかけての専門家の相場観もかなり上値を意識したもの

    で、今後半年間のドル高値を「103-105円」と予想する声が増えていま

    した

    年初の予想では今年1年の高値を「100円超え」とする声はほとんど見ら

    れなかったことからすると、予想外の円安が進んだことになり、専門家の

    間でも「想定外」だったことが伺えます。

    世界的な株高が続き、市場は「リスクオン」の様相をかなり強めています。

    NYダウは先週1週間全ての営業日で上昇を見せ、史上最高値を4日連

    続で更新しています。「リスクオン」の流れは安全資産である債券売りも誘

    い、米10年債利回りは昨年4月以来となる2.04%台まで上昇(価格下落

    )しており、日米金利差の拡大からもドル高をサポートしている状況です。

    雇用市場の改善が続いていることから、FRBはいずれ量的緩和政策の見

    直しに着手します。

    1月分の雇用者数は下方修正されましたが、これで昨年11月からの増加

    人数は85万人を超え、単純平均すると月に21.5万人増加したことになり

    ます。

    FOMCでは数値目標を、「月平均20万人を超える増加が半年以上続くこ

    とが望ましい」としています。

    失業率の数値目標からはまだ依然としてかい離しているものの、FOMCメ

    ンバーの中でも「タカ派」の声がさらに大きくなると考えられます。

    96円台を記録したドル円は上値ではそれ程強力なレジスタンスはないとみ

    られます。

    株高など外部環境の好調が続く限り、上記100円台もそれ程遠い先ではな

    いかもしれません。

    ヘッジファンドなど投機筋も再び円売りのポジションを増やしています。

    来月3~4日の日銀決定会合での政策変更次第では、100円に向かってさ

    らに円安が進むことも考えられます。

    「フィボナッチ・リトリースメント」では、2007年6月の124円13銭から、2011

    年10月の75円32銭までの下落の「半値戻し」を、99円73銭と導き出すこと

    ができます。

    ユーロドルは上値が重い割には1.29台半ばでサポートされています。

    記録的な売りポジションの巻き戻しで1.37台までユーロ高が進んだ後、景気

    後退と失業率の高止まりから下落に転じ、さらに「イタリアショック」で急落した

    ものの、その後は1.30を挟んだもみ合いが続いています。日足では一目均

    衡表の「転換線」が「基準線」を上から下に抜けているため下落トレンドを形成

    してますが、1.29台半ばでは何度も止められているのが確認できます。

    さらに「週足」では依然として戻り基調でもあります。

    1.29台を下抜けできればもう一段の下落も想定されますが、反対に抜けない

    とすれば1.32台程度までの反発も考えられます。

    ただ、それでも足元では「ドル高」が進行していることから、上値は限定的だと

    考えられそうです。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。