FC2ブログ

ユーロドル約3ヵ月ぶりの安値 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場





  • ドル円は前日と同じような展開となり、欧州市場では円買いが勝り、

    95円45銭までドル安が進む。NY市場では小売売上高が予想を大幅に

    上回ったことからドル高に転じ、96円台前半で取引を終える。

  • ユーロドルはイタリア国債の入札が不調だったことを受け下落。

    これまでサポートされてきた1.30前後が抜けるとユーロ売りが加速し、

    1.2923まで下落。

  • 株式市場は小幅ながら9日続伸。個人消費が堅調であることが確認された

    ことを好感し、ダウは5ドル高。

  • 好調な小売売上高の発表を受け債券相場は反落。10年債利回りも小幅に

    上昇し2.02%で引ける。

  • 金、原油は5日振りに反落。

  • 2月小売売上高 → +1.1%

  • 2月財政収支 → -2035.4億ドル


    本日の注目イベント


    • 豪   豪2月雇用統計

    • 欧   EU首脳会議(15日まで)

    • 欧   ECB月例報告

    • 欧   ギリシャ10-2月失業率

    • 米   新規失業保険申請件数

    • 米   10-12月経常収支

    • 米   2月生産者物価指数

    • 米   FRB、銀行の資本分析リポート発表


      ドル円は96円台を挟み、もみ合いが続いています。

      連日同じような相場展開で、「1時間足」では再び「三角保ち合い」

      (さんかくもちあい)を形成してきており、短期的には明確な方向感が

      ありません。

      ドル円はアジア市場では上値が重く、週明けには96円71銭まで円安

      が進んだものの、その後はさらに円が売られる気配もなく、逆に95円台

      まで円が買い戻される地合いの中、もう一段の円安を狙っていた向きも

      ここで「一旦は円を買い戻す」といった動きに出ているものと思われます。

      これがドル円の上値を抑えることになっているようですが一方、下値も底

      堅い展開です。

      昨日も欧州市場ではドル売りが優勢となり、一時95円45銭前後までド

      ル安が進みました。

      しかし前日同様、そこからは切り返し、米2月小売売上高が+0.5%の

      市場予想から、+1.1%だったと発表されると96円台を回復し、その後

      はもみ合いを続けながら96円台で取引を終えています。

      NY株式市場が依然として堅調なため、引き続き「リスクオン」の状況から

      円は売られ易いと思われますが、この水準から97円台に乗せ、さらにド

      ル高円安に振れるにはやや材料不足の感は否めません。

      日銀の新しい正副総裁人事も概ね決まり、今後の焦点は臨時の決定会

      合を招集するのかどうかという点と、もし開催するのであれば、どのような

      政策を打ち出してくるのかという点が注目されます。

      何か「サプライズ」があれば円売りの好材料として市場は反応し易いよう

      思われますが、新鮮味に乏しい内容になれば円が買い戻されるリスクは

      あろうかと思います。

      ただそれでも基本は「ドル高円安トレンド」は変わってはおらず、

      95-100円のレンジ内での動きは維持されると思います。

      これは「日足」のローソク足に基づくもので、2月25日の「イタリアショック」

      の際、1日で4円程度円高に振れた影響で「転換線」が低下し、「基準線」

      を下抜けしそうでしたが、抜けずに同じ水準で下げ止まっているからです。

      その後96円台後半まで円安に振れたため、両線は再びかい離し上昇し

      ているのが確認できます。

      ただ、相場の先行きを表すとされる「基準線」はまだ「横ばい」であるため

      ドル円の上昇モメンタムは強くはありません。これは「イタリアショック」の

      際のドルの安値90円85銭が過去26日のローソク足に含まれているから

      です。

      「基準線」が上昇に転じるには、この数値が計算から外されるか、あるい

      は直近の円最安値である96円71銭を抜く必要があります。

      90円85銭のドル安が計算から外されるには2週間程度の時間が必要な

      ことから、上記96円71銭を抜けなければしばらくは「もみ合い」が続くこ

      とになります。

      1.30前後で底堅い動きを見せていたユーロドルは昨日の欧州市場で

      大きく下落しました。

      イタリア国債の入札結果で、33億2000万ユーロ相当の落札利回りが

      2.48%だったことがユーロ売りを誘いました。

      2月13日の入札時には2.3%だったことと比較すると、調達コストが上

      昇し同国の財政再建にマイナスとの観測からユーロは売られ、一時約

      3ヵ月振りとなる1.2923までユーロ安が進みました。この結果、多くの

      テクニカル指標がユーロの下落を示唆し、下値のメドは1.2863辺りと

      予想されます。

      米経済指標が好調なことから「ドル高」が続くと見られ、円もユーロも対

      ドルでは下落基調です。それでもドルに対する両通貨の弱さに差があ

      るため、ユーロ円などクロス円はやや先行きが不透明です。

      ドルストレートの方が、よりトレンドを掴み易いと思います。

スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。