FC2ブログ

ドル円、上下ともにレンジ抜けず 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ややもみ合い色を強めているドル円は、新しい日銀正副総裁人事が

    衆院で可決され、株価が上昇を強めたことで96円台前半で海外を迎えた。

    海外市場でもこの流れが続き、さらにNYでは雇用指標が好調だったことで、

    96円60銭までドル高に振れたが、ユーロが強含んだことにつられ95円台まで

    反落し、96円台に乗せて引ける。

  • ユーロドルは反発。一時1.29台前半まで売られた後、利益確定の買い戻しに

    1.30台を回復。

  • 株式市場は続伸。ダウはこの日も83ドル上げ、10日連続で上昇。

    引け値も1万4500ドル台まで伸ばす。

  • 債券は反落。株価の上昇を受け前日反発したものの続かず。

    新規失業保険申請件数が前の週に比べ1万件減少したことが手掛かり。

  • 金、原油は反発。

  • 新規失業保険申請件数 → 33.2万件

  • 10-12月経常収支 → -1104億ドル

  • 2月生産者物価指数 → +0.7%

    本日の注目イベント


    • 欧   ユーロ圏2月消費者物価指数(改定値)

    • 欧   イタリア、新議会招集

    • 欧   レーン・欧州委員講演

    • 欧   ファンロンパイ・EU大統領講演

    • 米   3月NY連銀製造業景況指数

    • 米   2月消費者物価指数

    • 米   2月鉱工業生産

    • 米   3月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

    • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演


      昨日もドル円は、1日の値幅がちょうど1円ほどありました。

      中長期的なトレンドは変わっていないものの、短期的にはもみ合いが続き

      「トレンドレス」です。衆議院では新しい正副日銀総裁人事が承認され、

      この結果を受け昨日の東京株式市場は後場に上げ幅を拡大しました。

      それでもドル円は96円前後で推移し、あまり反応は見せませんでしたが、

      欧州市場に入るとやはり「株高」と「追加緩和期待」からドルが買われ、

      円が売られました。

      NY市場では新規失業申請件数が前の週より1万件ほど減少していたこ

      とを受け、ドルがさらに買われ、96円60銭まで上昇しました。

      ここまで来ると「97円台乗せは近い」と考えていましたが、その後は再び

      円に買い戻しが入り95円台半ばまでドルが下落し「行って来い」の展開

      になっています。

      正直ドル高値から、大きな材料がない中1円の下落は理解に苦しむとこ

      ろです。

      ドルロングのポジションを抱えている人は「上値も重い」と感じており、ドル

      ショートで待っている人は「ドルは下がらない」と感じていることと思います。

      実際、95円台半ばから96円台半ばのレンジが続いており、上抜けの可

      能性の方が高いと予想してはいますが、円も「粘り腰」を見せている状況

      です。

      昨日発表された新規失業保険申請件数は33.2万件と、2008年6月以

      来となる低水準でした。

      注目されるのは、より変動の少ない「4週移動平均」でも34万6750件と、

      こちらも2008年3月以来の水準だったことです。

      米2月の失業率は7.7%と、依然高水準でしたが、足元では着実に雇用

      の改善が進んでいることが確認されたと言えます。

      ブルームバーグの記事でも「解雇者数はかなり少なくなってきた。労働市

      場は回復しなければならない分野がまだ多いものの、引き続き回復モード

      にある」と伝えています。

      本日は参議院で上記日銀正副総裁人事が承認される見通しです。

      そして来週20日には新体制がスタートすることになります。

      「できることは何でもやる」「2年以内に2%の物価目標は達成できる」など、

      黒田総裁候補などは不退転の意思を見せており、新体制への期待も膨ら

      みます。

      来週にはいよいよ「臨時会合」を招集するのかどうかに注目が集まりますが、

      この欄でも再三述べているように「サプライズ」が期待できると予想しています。

      また、安倍晋三首相は本日正式にTPP交渉への参加を表明する予定です。

      TPPへの参加は農業などへの影響はかなり大きいと見られていますが一方

      で、その効果は農業部門への

      マイナス効果を入れてもGDPは3.2兆円拡大する、との試算も発表されま

      した。

      「成長戦略」には欠かせない案件として、TPPへの参加は円安材料と捉え

      ることができますが、すでに市場には織り込まれている可能性もあります。

      NY市場ではNY連銀製造業景況指数や鉱工業生産が発表されることか

      ら、市場予想を上回るようであれば再び「ドル買い円売り」材料になりますが、

      それでも上記レンジの上限を抜けないようだと、上値の重さが意識され

      一旦は下落に転じるかもしれません。

      =============================

      気温が急激に上昇したことで「桜の開花」が早まっているようです。

      東京地方も来週には開花し、今月末には「満開」とか。

      今年は寒さが厳しかった分、「開花」を待ちわびている人が多いのではない

      でしょうか・・・?

      良い週末を・・・・。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。