FC2ブログ

ユーロ円キプロス問題で早朝に急落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は株式市場が下落に転じたことと、NY連銀製造業景況指数などが

    予想を下回ったことで下落。また週末でポジション調整の動きなども膨らみ

    下値の節目と見られていた95円台半ばを割り込む。一時95円08銭まで

    下落し、95円20-30銭で引ける。

  • ユーロドルも下落。1.31台に乗せた後、ユーロ円の売りなどにも押され

    1.30台半ばで引ける。

  • 株式市場は反落。経済指標の悪化を受けダウは11日振りに下落。

  • 株安から債券相場は上昇。10年債利回りは2%を割り込む。

  • 金、原油価格は続伸。

  • 3月NY連銀製造業景況指数 → 9.24

  • 2月消費者物価指数 → +0.2%

  • 2月鉱工業生産 → +0.7%

  • 3月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) → 71.8

    本日の注目イベント



    • 中   中国2月不動産投資

    • 欧   ユーロ圏1月貿易収支

    • 米   3月NAHB住宅市場指数

      NYダウは11日振りに反落し、やや「リスクオン」が後退したことから債

      券が上昇。その結果、米長期金利が2%を割り込み、円が買い戻される展開に

      なっています。

      連日史上最高値を更新して来たNYダウがさすがに一服という状況で、小

      幅ながら下落しましたが、注目すべきは今週の動きでしょう。

      「リスクオン」の流れは変わっていないと思われますが、上昇が急激だった

      こともあり、「調整」が長引くことも考えられます。

      明日からFOMCが開かれ、ここで「出口戦略」が活発に議論されるよう

      だと株式市場にも影響が出て「利益確定」の売りが先行するかもしれま

      せん。

      株価がさらに下落すれば、やや上昇傾向の米長期金利にも下落圧力がか

      かり、ドル円では円買いが優勢になってくる可能性もあります。

      ドル円は95円台半ば~96円台半ばのレンジを下へ抜けてきました。

      「日足」のチャートを確認しておくと、一目均衡表の「転換線」と「基準

      線」はまだ上昇パターンを崩してはいません。ここから判断できるのは、

      基本的な流れは変わっていないということです。

      ただ、週明けの本日早朝には参加者が少ない中、ドル円は93円台半ばま

      で円が急騰し、先週末のNY市場の引け値から大きく「窓を開け」、取引

      が開始されました。

      キプロスの銀行預金への課税という前例のない措置で同国の経済計画が

      妨げられ、欧州債務危機が改めて意識されたことが背景です。

      その結果ユーロドル、ユーロ円が大きく下落し、円が買い戻される展開に

      なっています。

      短期的な値動きを示す「1時間足」では上記「転換線」と「基準線」が逆

      転を起こし、下落基調を見せています。現在94円台後半で取引されてい

      ますが、この水準は約10日ぶりです。ドル円の押し目を待っていた投資

      家がどの程度買って来るのかが今日のポイントになりそうです。

      本格的にドルを買ってくるようだと、95円台まで押し上げられ「元の鞘」

      に戻る可能性があると考えられますが、上記キプロスの信用不安はまだ欧

      米市場では消化されていないため、アジア市場だけの反応で全体を判断す

      るのはやや危険です。

      またNYダウが11日振りに反落したことで、本日の東京株式市場の動き

      も注目されます。

      利益確定の売りに押され、大幅に下落するようだと、今夜の海外市場にも

      影響が及ぶことにもになります。

      安倍晋三首相は、先週正式に「TPP交渉への参加」を表明しました。

      賛否両論がある中、「国家100年の計」と判断し参加に踏み切ったわけ

      です。

      日銀正副総裁人事に強く関与し、円高是正を実現し、さらに長期にわたっ

      て低迷していた日本の株式市場にも資金が流れ出し、上昇してきました。

      さらにサラリーマンの給料が上がることも現実的になっています。

      昨日の自民党大会でも安倍総理自身が「いま確実に景気は回復しつつある」

      と述べていたように、デパートなどに行くとこれまでよりも賑わっている

      のが実感できます。

      アベノミクスの効果が好循環を見せていると言えます。

      国民の4人に3人が安倍政権を支持すると答えている状況下では、今夏の

      参院選でも「圧勝」するのではないかと個人的には予想しています。

      そうなると現在の「ねじれ国会」は解消され、さらにアベノミクスを推進

      し易い状況になると考えられます。

      現在の「円安、株高」の流れは変わらないと見ていますが、それでも小幅

      な調整は何度も経験することにもなります。大きな流れの中に日々の取引

      をどう取

      り込んでいくか、なかなか難しい問題です。

      本日はユーロ円を中心に大きな値動きが予想されます。

      ドル円は94円30銭~95円60銭程度と予想しています。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。