FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年03月 

キプロス問題合意にも円急騰 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は「キプロスとトロイカが大筋合意」との報道でドル買いが強まり

    95円目前まで上昇したが、NY時間にはロイター通信がユーロ圏財務相会合の

    議長の話として「キプロスのケースはその他ユーロ諸国のひな型とみなされる」との

    内容を伝えると、円買いが加速。ドル円は一時93円53銭まで下落。その後発言内容の

    趣旨を撤回したことで94円台まで値を戻す。



  • ユーロドルも急落し、約4ヵ月振りとなる1.2830を記録。ユーロ圏財務相会合

    議長の発言から、ユーロ圏の債券や預金の安全性を巡り懸念が強まった。

    ユーロは対円でも急落し120円割れ目前まで売られる。

  • 株式市場は反落。朝方はキプロス問題の収束を手掛かりに上昇したものの、上記

    ユーロ圏議長の発言を嫌気して売りが拡大。ダウは64ドル安、ナスダックは9ポイント安。



  • 債券相場は先週末とほぼ変わらず。



  • 金は続落し、原油は続伸し94ドル台に乗せる。

    本日の注目イベント


    • 豪   スティーブンス・RBA総裁講演

    • 欧   ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演

    • 米   2月耐久財受注

    • 米   1月ケースシラー住宅価格指数

    • 米   3月消費者信頼感指数

    • 米   2月新築住宅販売件数

    • 米   3月リッチモンド連銀製造業指数




    キプロスへの支援問題を巡って昨日朝方には、EUなどトロイカとキプロスが大枠

    で合意したことを受けユーロドル、ユーロ円が買い戻されドル円も上昇しましたが、

    それでも95円台には届きませんでした。

    目先の最大の懸念材料が解決に向けて合意したにも関わらず、ドル円の反発が

    鈍いことがやや気にはなっていましたがNY市場で93円台半ばまでの急落は予

    想できませんでした。

    ユーロ圏財務相会合で議長を務める、オランダの財務大臣が「キプロスのケース

    はその他ユーロ諸国のひな型と見なされるべきだ」と発言したことをロイター通信

    が伝えたことで、他の過剰債務国でも預金や債券をカットされる可能性があるとの

    懸念が広がり、再びユーロの急落に繋がっています。

    「リスクオン」が後退すれば、いつものように安全通貨の円が買い戻され、ドル円

    は一時93円53銭まで円高が進みました。

    同議長がその後、キプロスの銀行の再編計画は特殊なケースだと「火消し」に回

    ったことでユーロはやや値を戻しましたが、欧州危機は未だに収束していないこ

    とを改めて認識させられました。

    キプロス支援での合意は、同国第2位の銀行であるキプロス・ポピュラー銀行が

    整理され、保証対象外の預金と優先債保有者などの無担保債権はほぼ全額が

    失われる見通しで、最大手のキプロス銀行の保証対象外の預金者は

    最大40%の損出負担が求められているようです。

    ただ、朝方の情報ではロシアのプーチン大統領は、キプロスの国際的な救済に

    関する合意を受け入れる意向を示唆し、同国への融資を実行する可能性も出て

    います。

    この問題についてはまだ流動的で、欧州時間には情報が駆け巡ることで市場の

    ボラティリテーも上昇しそうです。

    NY連銀のダドリー総裁は講演で、「非常に緩和的な金融政策の継続は適切だ

    と言える」と発言し、出口戦略の話は時期尚早だとの見解を示しました。

    同総裁はバーナンキ議長と同様に「ハト派」を代表する存在で、FOMCでも投

    票権を持っています。この発言から伺えることは、米景気の回復が順調に進んで

    も早くとも2013年度内には量的緩和の縮小や解除は考えにくいということです。

    今回のキプロス問題など、まだ欧州危機は収束しておらず、欧州発の景気後退

    リスクに備えているように思えます。

    従って、毎月850億ドルもの資産購入もその規模は維持され、これが米長期金利

    の下落圧力となり、ひいてはドル円の上値を抑える役割を果たしています。

    「ドル円の上昇傾向は変わらないものの、上値が徐々に重くなっている」と何度か

    述べてきましたが、昨日のドル円の急落で「日足」より短いチャートでは上昇パタ

    ーンは崩れ、短期的な下落傾向を示し始めています。「8時間足」では「120日線

    」を一旦下抜けしたように見えますが、その後94円台を回復したことで、「長い下ヒ

    ゲ」を示現させています。

    これは先月25日の「イタリアショック」の時と同じパターンで、まで完全に下抜けし

    てはいません。

    93円78銭以下で推移するようだと下落トレンド入りすることが考えられます。

    救いなのは、「日足」ではまだ「転換線」が「基準線」を下抜けする「逆転」が起き

    ていないことです。

    また「基準線」は依然横ばいで、これは過去26日の高値、安値の中央値である

    ため、今週中は横ばいか若干上向きになることが予想されます。

    もっとも、ローソク足が93円78銭を割り込みそれ以下で推移すると、「中長期的な

    下落に入る最初のシグナル」になる可能性はあるため注意が必要です。

    株価も下落し、円が上昇し始めている足元の「リスクオフ」がどこまで進行するの

    かを見極める段階にいます。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。