FC2ブログ

欧州不安からユーロドルさらに下落 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • キプロスに加え、イタリアの政局不安が治まらないことでドル円は

    94円近辺まで円高が進む。それでも株高を背景としたリスク志向が続いて

    いることから円買いの流れも限定的。94円台半ばまで値を戻して引ける。

  • ユーロドルは一段安。イタリアでは連立政権の枠組みが決まらず、この日の

    国債入札では需要が減少し利回りが上昇。ユーロドルは1.28台を割り込み

    1.2750まで下落。また対円でも一時120円を割り込む場面があった。

  • 株価は反落。欧州懸念の高まりを嫌気して売り物が優勢となり、ダウは

    33ドル安。S&P500も高値更新を前に足踏み。

  • 債券相場は大幅に上昇。キプロス、イタリアの混乱を材料に「質への逃避」が

    加速し債券高に繋がる。10年債利回りは3週間振りに1.9%台を割り込む。

  • 金は反発し1600ドル台を回復。原油価格は4日続伸。

  • 2月中古住宅販売成約指数 → -0.4%




    本日の注目イベント


    • 中   中国2月工業利益

    • 独   独3月失業率

    • 欧   ユーロ圏2月マネーザプライM3

    • 米   新規失業保険申請件数

    • 米   10-12月GDP(確定値)

    • 米   3月シカゴ購買部協会景況指数

    • 加   カナダ1月GDP


      日銀が新たな金融緩和目標を設定するとの報道と、NY株式市場が

      再び過去最高値を更新したことで、昨日の東京市場ではドル高円安

      が進みましたが95円台乗せには至らず、やはり上値の重さを意識さ

      せられる展開でした。

      特に昨日は株式市場では「権利落ち」で、日経平均株価が理論上は

      90円程度下落してもおかしくない中、22円高と小幅高に推移し、株

      価の上昇がドル円の下支えになるものと思われましたが、海外市場に

      入るとキプロス問題に加え、イタリアの政局不安が円買いを誘導しま

      した。

      イタリアでは先月の選挙以来、まだ政権が樹立できない状況が続き

      政局の混迷が続いています。

      昨日イタリアでは39億1000万ユーロの5年債の入札がありましたが、

      平均落札利回りは3.65%と、昨年10月以来の高水準で、10年債

      についても応札倍率は低調でした。政局不安が入札結果に影響し

      たものと思われます。

      またキプロスでも預金に対する課税の影響が不透明で、ユーロ売り

      に繋がっています。

      キプロスでは本日28日から銀行の営業が再開されます。

      ほぼ2週間ぶりの営業再開のため、預金の引き出しが殺到するこ

      とも予想されます。

      このためキプロス中銀は、預金引き出し額の規制を発表しています。

      1日の引き出し額が300ユーロ(約3万6000円)と、かなり小額で、

      この規制は4日間適用されると伝えられています。

      しかも銀行の営業時間は昼から午後6時までに制限されています。

      これは事実上預金を引き出せないようにしたものと思われ、キプロス

      中銀の監査局責任者は、国民に冷静な対応を呼びかける一方、

      「銀行に駆け込み、預金を引き出す手段を考えたところで意味が無

      い」と述べているそうです。(ブルームバーグ)

      イタリア、キプロスでの混迷に加え、この日発表された3月のユーロ

      圏景況感指数が低下したことでユーロ売りに拍車がかかり、ユーロ

      ドルは昨年11月以来となる1.27台半ばまで売られています。

      ユーロ円も一時120円を割り込みましたが、それでもドル円が円安

      水準を維持しているため、昨年9月の時のような100円割れは避け

      られていますが、仮にドル円が78円であったらユーロ円は99円45

      銭というレートが導き出されます。

      ドル円がやや下落したことで円が買い戻されていますが、3通貨で

      はドルが最も強く、続いて円、ユーロという状況です。

      ユーロ円は120円を割り込んだことで、「日足」までのチャートでは

      全て下落を示唆しています。

      121円台を回復すれば、120円が短期的な底値と見て反発する可

      能性もありますが、上記南欧諸国の不透明感が上値を抑えそうです。

      イタリアの政権安定がより重要と思われますので、今後連立政権樹

      立の大枠が形成できれば反発に繋がることからイタリア政局の動き

      には注目です。

      ドル円は日銀による大胆な金融緩和と欧州不安との綱引きが続い

      ています。

      94円割れではドルが押し戻されるのも、金融緩和期待が根強いこ

      との証です。

      これまで通り、基本は「ドル高円安」が継続されていると見ています

      が、93円台半ばを割り込むとドル売りが加速することが考えられます。

      そして90円を割り込むと「長めの調整局面」が続くと予想しています。

      93円50銭~96円50銭のレンジの中で、94円台での綱引きが続い

      ている状況です。

      スポンサーサイト



    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

はじめての方へ

はじめての方はこちら
あなたの為の、外為を。

外為オンラインご案内


口座開設はこちら
キャッシュバック
キャンペーン実施中!


資料請求はこちら


FX取引無料体験はこちら

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

RSSフィード

QRコード

QRコード

---

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
ブログランキング【くつろぐ】
人気ブログランキングへ
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。