FC2ブログ

ドル円1ヵ月振りに97円台前半に 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 日米の株安に加え、ADP雇用者数が市場予想を下回っていたことで

    ドル円は下落。一時は約1ヵ月ぶりとなる97円15銭まで円買いドル売りが

    進行したが、97円30-40銭まで反発してクローズ。

  • ECBのドラギ総裁が利下げに言及しなかったことや米経済指標の

    悪化にユーロは続伸。ユーロドルは1.36台まで上昇し、2月以来約8ヵ月

    振りの高値を記録。

  • 株式市場は反落。政府機関の閉鎖が長引くとの見方から、終始前日比マイナス圏で

    推移。ダウは58ドル安の1万5133ドルで引ける。

  • 債券相場は反発。予算協議合意への糸口が見つからないことから、債券には買いが

    集まり長期金利は低下。

  • 金、原油は大きく反発。ドル安が進んだことの受け皿として上昇した面も。

    金は34ドル高で1320ドル台まで値を戻す。

  • 9月ADP雇用者数 → 16.6万人


    本日の注目イベント
  • 日   日銀金融政策決定会合(10/4まで)

  • 中   中国9月非製造業PMI

  • 独   独9月サービス業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏9月総合PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏9月サービス業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏8月小売売上高

  • 英   英9月サービス業PMI

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   9月ISM非製造業景況指数

  • 米   ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

  • 米   パウエル・FRB理事講演

  • 米   ラガルド・IMF専務理事講演

    米財政協議の行き詰まりが重しとなりドル円は上値が重い展開の中、

    日経平均株価が300円を超す下げを演じたことでドル安が進行。

    NY市場ではADP雇用者数が予想に届かなかったこともあり、一時

    97円15銭まで円が買われました。96円台への下落は避けられましたが、

    今後も連邦債務上限問題が控えていることから予断は許しません。

    米議会では暫定予算成立への糸口が見い出せないことから、政府機

    関の閉鎖は予想よりも長期になる可能性が取り沙汰され、株安、債券高、

    さらにはドルが主要通貨に対して大きく下落し、昨日は金や原油など「商

    品市況」にも資金が向かったようです。

    そんな中、今朝方ブルームバーグは「オバマ大統領が議会指導部をホワ

    イトハウスに召集」との報道を伝えています。

    それによると、オバマ大統領は日本時間3日午前6時半に議会指導者4

    人をホワイトハウスに呼び、政府機関の運営再開と債務上限引き上げを

    巡る初の協議を行う模様です。

    4人は、ベイナー下院議長(共和党)、リード上院院内総務(民主党)、

    マコネル上院院内総務(共和党)、そしてペロシ下院院内総務(民主党)

    のようです。

    同情報によると、オバマ大統領は引き続き、付帯条件のない短期の暫定

    予算および債務上限引き上げを強く求める意向だと伝えています。

    オバマ大統領とすれば、先ずは暫定予算で合意して政府機関の再開を

    目指すところですが、仮にそこで合意が得られたとしても、その先には天

    王山である財務上限問題が控えています。

    できれば両方を一気に解決したいという意向だと思いますが、この協議の

    行方が非常に注目されます。

    明日の雇用統計が予定通り発表されるのかどうか詳しい情報はまだ入っ

    ていませんが、それだけに注目度が高まっていた「ADP雇用者」は市場

    予想の18万人に対して16.6万人でした。

    さらに8月の同人数も17.6万人から15.9万人に下方修正され、市場に

    は「量的緩和縮小のタイミングが遅れる」といった見方が強まっています。

    また、政府機関の閉鎖が長引けば、軽いと見られている米景気への影響

    も心配されます。

    これほどドルにとって悪材料が出て来ると、円やユーロが買われるのも無

    理はありません。

    日米欧の中では景気回復が最も進み、「量的緩和」というトンネルから真

    っ先に抜け出すのは米国だと見られています。

    その結果、いずれ米金利が上昇に向かい、米景気そのものが「巡航飛行」

    を続けるという見方が、将来のドル高円安予想の背景になっていました。

    しかしここにきて「財政リスク」が全面に出て来たことで、景気に対する不透

    明感も出始めている状況です。

    ドル円は97円台前半で一旦下げ止まり、現時点では上記ニュースを手掛か

    りにやや反発しています。

    この先どうなるのかはオバマ大統領と議会指導部との協議の結果次第ですが、

    今回の「決められない政治」を巡ってはワシントンポスト紙など有力紙は総じて

    共和党の強硬派を非難する記事を載せていることから、歩み寄りを進める可能

    性もあります。

    恐らく協議の結果は今日の東京時間内にも伝えられると思われます。

    この協議の結果とそれに伴う株価の動きによって97円割れがあるのか、あるいは

    98円台を回復するのか、荒っぽい動きが予想されます。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。