FC2ブログ

米議会での進展なくドル円もみ合い 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 日本の貿易赤字の拡大を手掛かりに97円台前半までドルが反発した

    が、欧州市場では一時96円58銭までドルが売られる。NY市場でも

    債務上限問題の進展が見られないことから上値は重く、97円を挟んで

    一進一退。

  • ユーロドルは水準を切り上げ1.36台まで上昇したが続かず。

    対円でも132円台に乗せたがレンジを抜け切れない展開が続く。

  • 株式市場は大幅に続落。債務上限を巡り議会と政府の主張が平行線を

    たどり、デフォルトへの懸念から売りが膨らんだ。ダウは159ドル下落し

    1万4700ドル台に。

  • 債券相場は横ばい。政府機関閉鎖が始まって以降、初めての1ヵ月物の

    短期証券入札では利回りは上昇。

  • 金は小幅に反落し原油は反発。

    本日の注目イベント
  • 日   日銀決定会合議事要旨(9月4,5日分)

  • 独   独8月鉱工業生産

  • 欧   ドラギ・ECB総裁講演

  • 欧   クーレ・ECB理事講演

  • 米   FOMC議事録(9月17,18日分)

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

    政府機関の一部閉鎖から2週間目に突入しましたが、依然として政府と共和党

    との間の主張は平行線で歩み寄りはみられません。

    米経済指標の発表もなく、材料は「債務上限問題」がいつ決着するのかだけと

    なっています。世界中の金融関係者がこの行方に注目している中、両者はお

    互いに相手の譲歩を引き出そうと非難合戦に終始している状況です。

    オバマ大統領はホワイトハウスでの記者会見で、「われわれは全ての不測の事

    態に備えている」と語り、デフォルトに陥るリスクは現実的なものであり、「少数の

    無責任な議員が景気回復を危険にさらすような脅威を生みだしている」と非難し

    ています。

    一方でベイナー下院議長も、オバマ大統領が直ちに交渉を開始するよう主張し、

    政府機関閉鎖とデフォルトの危機が解消された後で交渉するとの大統領の方

    針を拒否しました。

    同議長は記者団に対し、「大統領の今日の発言は共和党が無条件に降伏する

    なら、席に着くというものだ。これは米政府が機能するやり方ではない」と、こちら

    も譲歩する姿勢は見られません。。

    これはデフォルトに陥ったらお互いに「そちらの責任だ」という戦法をとっており、

    絶対に避けなければならないデフォルトを盾に相手が歩み寄るのを待っている

    状況です。

    「テールリスク」という言葉がありますが、これはめったに起こらない事象ですが、

    いったん起きてしまうと大混乱を引き起こすことを言います。

    デフォルトは正に「テールリスク」ということになります。

    資産運用大手ピムコのエラリアンCEOはブルームバーグとのインタビューで、

    米紙府がデフォルトする可能性は「極めて微小」との見方を示す一方、もしデフ

    ォルトに陥れば、金融市場への影響はリーマンブラザーズの破綻以上に大きな

    ものになるだろうとも語っています。

    米国債の発行残高は12兆ドル(約1160兆円)であり、破綻時のリーマンの債務

    は5170億ドル(約50兆円)であったことを引き合いに出しています。

    そうなると、米国債の2割程度を日本と中国が保有していることになり、万が一デ

    フォルトに陥った場合の影響は「予想がつかない」(エラリアン氏)ほど甚大なも

    のになります。

    今週末までには何らかの進展があるものと予想していますが、市場は徐々に

    「テールリスク」を意識し始めているようです。ダウは昨日も大幅に下落し、9月

    18日の過去最高値から既に900ドル下落しています。また昨日は政府機関閉

    鎖以降初めての国債入札が行われましたが、1カ月物財務省短期証券(TB)

    のレートは2008年以来の高水準に上昇しました。

    債務上限問題は「最終的には解決する」と思いながらも、「万が一の場合」を想

    定し始めている証左です。

    ドル円は昨日の欧州市場で一時96円58銭まで下落し、重要な「日足」の「120

    日線」を下回る場面がありましたが、その後押し戻されているため、まだ機能して

    いると見られます。

    96円台半ばではドル買い意欲もあると見られ、この水準では今のところ下げ止

    まっていますが、完全に割り込むようだとドル売りが加速することも予想されます。

    一方で新規の売りポジションをメイクするには危険な水準であることも事実で、

    売り方も勇気が必要です。とすると、やはり怖いのは「ストップロス」の存在です。

    株価を見ながら様子を見、ポジションの回転も早めにする必要がありそうです。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。