FC2ブログ

月別アーカイブ

 2013年10月 

米上院、暫定案で合意 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 米上院で与野党が債務上限を巡る問題で合意に達したことを受け

    ドル円は98円98銭まで上昇。市場の楽観論が勝り、株高など

    「リスクオン」が加速し、円は主要通貨に対して全面安の展開。

  • ドル高からユーロドルは1.34台後半まで売られたが切り返し、

    1.3567まで反発。対円でユーロが買われたこともユ-ロドルを押し上げた。

  • デフォルト懸念が後退したことから株式市場はほぼ全面高。ダウは前日比

    205ドル高と、1万5300ドル台を回復。

  • 上院指導部での合意を受けて、債券も買われる。財務省短期証券(TB)も前日の

    下落から買い戻され、長期金利も2.66%台に低下。

  • 金、原油はともに反発。

  • 10月NAHB住宅市場指数 → 55

    本日の注目イベント
  • 英   英9月小売売上高

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   9月住宅着工件数

  • 米   9月消費者物価指数

  • 米   10月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演

  • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   決算発表 →ゴールドマン.サックス、

    混迷を続ける債務上限問題は「最終的には合意する」と、多くの市場参加者が

    予想していた通り、昨日、米上院で2月7日まで政府が必要とする国債の発行を

    容認することと、政府機関一部閉鎖を解除する暫定案で合意しました。

    現時点では依然として下院での合意が必要ですが、ベイナー下院議長は声明

    で、共和党が上院の妥協案を阻止することはないことを表明していることから、

    間もなく下院でもこの案が可決される見込みです。

    本日、17日にも期限が来る債務上限引き下げ問題は、結局期限前日のギリギリ

    に合意する見込みになりました。オバマ大統領もこの合意案を支持していること

    から、ひとまず最悪の事態は避けられることになりそうです。

    ベイナー議長は地元オハイオ州のラジオ局の番組で「われわれはよく戦った。

    ただ勝利には結びつかなかった」と語っていることや、マコネル共和党院内総務

    も「率直に言ってわれわれの多くが期待した結果からはるかに小さいが、それで

    も一部が予想していた事態と比べると極めて良好な結果だ」と述べているように、

    最終的には野党共和党が歩み寄った格好になっています。

    連邦政府による国債の発行は2月7日まで認められることになり、暫定予算も1

    月15日まで編成されることになりそでうですが、「問題の先送り」という印象は拭

    いきれません。この問題は来年早々にも再び議論されることになり、米国の信

    頼が盤石なものになったわけではありません。「デフォルト」という最悪の事態を

    避けるための「妥協」である以上、財政問題は今後も市場にとって不安材料で

    あることに変わりません。

    上院での合意を好感し、NY株式市場はほぼ全面高の様相でした。

    「リスクオン」が進み、円は対ドルだけではなくユーロ、豪ドルなどに対しても下

    落しています。

    ドル円は99円目前までドル高が進みましたが、NY市場の引けにかけては99

    円台に乗せずに一旦下落しています。

    本日の日経平均株価も大幅な上昇が予想されます。

    ただNYダウに比べると、既に「6日続伸」していることから1万4700円を大きく

    超える大幅高にはならない可能性もあります。

    99円台乗せを試す展開かとは思いますが、99円前後にある「120日線」

    (日足)を超えることができるかどうかに注目しています。

    99円30-50銭あたりにはドル売りオーダーも集まり易い状況です。

    ひとまず、ドルロングをどこで手仕舞うかを探る展開ではないでしょうか。

    オリンピック効果への期待や、日本のGDPの上方修正を好感して100円台半

    ばまでドル円は上昇し、その後米デフォルト懸念から96円台まで下落したドル

    円は、ようやく米「ファンダメンタルズ」が意識される状況になりそうです。

    予想レンジは98円30-99円50銭程度と予想していますが、これは下院でも

    暫定案が可決されることを前提にしております。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。