FC2ブログ

ドル円欧米のイベント受け乱高下 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円はECBの利下げと米GDPの高成長に99円台に乗せ、

    一時99円41銭までドル高が進行。ただその後は株価が急落したことで

    円買いが強まり、97円60銭まで下落し、98円台まで反発して引ける

    乱高下を見せる。

  • 予想外のECBによる利下げでユーロドルは1.33台を割り込む。

    ストップを巻き込み急落したが、ドル円でドル売り円買いの勢いもあり

    ユーロも対ドルで買い戻され1.34台で引ける。

  • 株式市場はGDPの予想以上の伸びで、緩和策縮小との観測が強まり下落。

    前日の大幅高もあり、利益確定の売りが勝りダウは152ドル安。

  • 債券相場は上昇。ECBが利下げを実施したことで、相対的に米国債の

    投資妙味が高まったことが背景。長期金利は2.60%台まで低下。

  • 対ユーロでドル高が進んでことで金、原油は下落。

  • 新規失業保険申請件数 → +33.6万件

  • 7-9月期GDP → +2.8%

    本日の注目イベント
  • 中   中国 10月貿易収支

  • 独   独9月貿易収支

  • 欧   メルシュ・ECB理事講演

  • 欧   バローゾ・欧州委員長講演

  • 米   10月雇用統計

  • 米   9月個人所得

  • 米   9月個人支出

  • 米   9月PCEコア・デフレーター

  • 米   11月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

  • 米   バーナンキ・FRB議長IMFで講演

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁IMFで講演

  • 加   カナダ10月住宅着工件数

  • 加   カナダ10月失業率


    欧米市場で重要なイベントがあり、それぞれにサプライズがあったため、

    為替市場は久々に大きな変動を見せました。

    ドル円は約1円80銭乱高下し、ユーロ円では2円強の値動がき見られ、

    動けば動いたなりに先行きの見通しが難しくなっています。

    サプライズは先ず、ECBの「利下げ」でした。

    市場の大方の予想は、早くても来月との見方が優勢でしたが、ECBは

    現在0.5%の政策金利を0.25%に引き下げることを決めました。

    ドラギ総裁はその後の記者会見で「当中銀の金融政策姿勢は必要な

    限り緩和的にとどまる」と述べ、ユーロ圏の景気についても「長期にわた

    る低インフレに直面する可能性がある」と、利下げに至った背景を説明

    しています。

    市場が今回は利下げに踏み切らないと予想したのは、今回実施すると、

    残りは「あと0.25%」となり、政策の余地が限られてしまうため、できる

    限り温存しておきたいはず、との読みがありました。また、インフレ率に

    しても10月単月だけでは判断できず、もうしばらくデータを分析する必要

    があるのではとの考えもあります。

    それでも利下げに踏み切ったのは、ようやく回復基調を見せている南欧

    諸国の景気の腰折れを防ぐという意味合いもあったと推測されます。

    今以上のユーロ高が進むと、ユーロ圏の景気に悪影響を及ぼすことは、

    これまで発言の中でも牽制していました。

    ECBの利下げを受けてユーロドルは一時1.3296まで売られました。

    1.38台前半まで上昇したユーロドルは昨日の急落で、トレンド転換し

    た可能性が高いと思われます。

    約2ヵ月前の水準まで下落したことで、「日足」の遅行スパンは「逆転」

    を見せている他、「転換線」が「基準線」を割り込んでおり、これは8月

    末以来のことになります。

    底値から50ポイント以上反転していることで、ローソク足には「長い下

    ヒゲ」が発生しており、ここから判断すると一旦底値を確認したとの見

    方もできないわけではありませんが、今後、量的緩和縮小のタイミング

    を探すFRBと、

    長期にわたり緩和的な政策を継続するECBの政策スタンスの差を考え

    ると、ユーロは下落に向かう可能性が高いと予想されます。

    ドル円はECBの利下げ直後にドル高が進み、一時99円41銭まで上

    昇しました。

    注目の「三角もちあい」を一旦は上抜けした格好にはなりましたが、そ

    の後の急落で結局、三角形の上限で上昇を止められた格好になって

    います。

    97円台まで下落しましたが、ユーロドルと同様に、FRBと日銀の政策

    スタンスの違いから一段の円高は考えにくい状況です。

    ただ気になるのは米株式市場の行方です。

    99円台まで上昇したドル円はNYダウが下げ足を速め、シカゴの日経

    平均先物が節目の1万4000円を割り込んだことが「ドル売り円買い」を

    加速させました。

    前日に過去最高値を大幅に更新したばかりのNYダウですが、「量的

    緩和継続」だけを頼りに上昇を続けていただけに一旦下げに転じると、

    下落幅も相当なものが予想されます。

    株価の大幅下落が円高につながるリスクは意識しておくべきだと思います。


スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。