fc2ブログ

ドル円104円後半でスタート 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 前日の2日にNY株式市場の急落から104円7銭までドル安が進んだが、

    この日は株価が反発したことや、リッチモンド連銀総裁が、緩和縮小スピードが

    加速する可能性について述べたことで、ドル円は104円89銭まで上昇。

  • ユーロドルはドル高の流れから下落し、約1ヵ月振りに1.35台後半まで

    ユーロ安が進む。ユーロ円が141円台まで下落したことで、対ドルでもユーロ売りが

    勝った。

  • 株式市場はまちまち。FRB当局者の発言を受け、ダウは28ドル反発したものの、

    S&P500は続落。

  • 債券相場は横ばいながら、10年債利回りは3%を目前で高止まり。

  • 金は大幅に続伸し1225ドル台に。一方原油価格は93ドル台まで続落。



    本日の注目イベント
  • 独   独12月消費者物価指数(速報値)

  • 英   英12月サービス業PMI

  • 米   12月ISM非製造業景況指数

    昨年末には105円45銭まで「ドル高円安」が進んだドル円は、年明け2日に

    米株式市場が急落したことで、一時は104円07銭までドルが売られる場面

    がありました。

    昨年クリスマスから年末にかけて、NYダウは9連騰し、「リスクオン」から円が

    主要通貨に対して全面安の展開が続き、上述のようにドル円は105円台半ば、

    ユーロ円は145円台半ばまで円安が進行しました。

    新年最初の取引日に円高が急速に進むとは予想できませんでしたが、昨年

    12月後半から本欄で指摘してきた2つの事柄を思い起こしていただくと、その

    可能性は多少意識できました。

    1つは、NY株式市場の連日の高騰には違和感を感じると述べました。

    過剰流動性だけで株価が上昇するのは極めて危険で、株価の上昇スピード

    が早すぎるとの印象を拭いきれませんでした。この感触は今も変わっていませ

    ん。

    そして、もし円高に振れる可能性があるとすれば、NY株式市場の急落しかな

    いと指摘しました。

    それも、特に株価が急落する明確な理由のない中下げる展開です。

    2日にNYダウは135ドル下落しましたが、この下落に明確は理由はありませ

    んでした。

    「利益確定の売り」というのが、その理由として挙げられていました。

    その意味では、年明け株価の下落に伴う円の買い戻しはむしろ自然な成り

    行きと捉えることができます。「健全な調整」と言うこともできそうです。

    2つ目は「フィボナッチ・リトリースメント」です。

    2007年の124円台から、2011年の75円台までの下落幅の戻りで、61.8

    %に当たるのが105円49銭と計算できました。

    昨年末の105円45銭のドル高値は、ほぼこの数値に合致しています。

    問題はここからの相場展開です。

    多くの専門家が指摘するように、基本的には今年も「ドル高円安」が進むこと

    になりそうです。

    昨年12月18日のFOMCで、今月からの「緩和縮小」は決定されました。

    今月からFRBによる債券購入額は100億ドル減額され、月750億ドルにな

    ります。

    もっとも、この額は今後の経済指標次第では「加速」するこも、「元に戻す」こ

    ともあり得ることは理解しておくべきで、先週末のリッチモンド連銀総裁の発

    言では、「縮小額が加速する可能性」に言及したことでドル高に振れていま

    す。今年の相場を予想する上で、この「緩和縮小」がさらに加速するのか、

    あるいはペースが弱まるのかは重要なポイントになりそうです。

    バーナンキFRB議長は3日、フィラデルフィアで講演し、「金融環境は改善

    し住宅市場の不均衡もかなり是正されている。また財政面からの抑制が低下

    し、そしてもちろん金融緩和政策は継続している。

    これらの要素が相まって、向こう数四半期に経済が成長する上で望ましい状

    況となっている」と発言し、

    米国の経済活動が活発になり、成長が加速する時期を迎えているとの認識を

    示しました。

    一方国内では、4月の消費税増税を控え景気の先行きに対する不透明感は

    依然として払拭できません。

    そのため、日銀がさらなる追加緩和を行うのではないかとの観測も根強く残っ

    ています。

    個人的にも、2年で2%の物価上昇を目指している日銀が、消費税増税によ

    る景気の不透明感が増すような兆候があれば、すかさず行動に移る可能性

    は高いと考えています。

    そう考えると、やはり政策スタンスの違いからドルが買われ、円が売らやすい

    構図は変わらないと予想することは不自然ではありません。

    ドル円は上下を繰り返しながらも上昇していくと考えられます。

    本日は日経平均株価の行方がポイントになりそうです。

    シカゴ先物市場の結果から判断すると大きく売られそうですが、「NISA」が

    本格的にスタートすることや、今年最初の取引ということで「ご祝儀相場」も

    予想されます。

    さらに新しい株価指数「JPX日経インデックス400」の算出開始日でもあり、

    環境的には悪くはありません。

    予想レンジは104円40銭~105円40銭程度にしたいと思います。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。