fc2ブログ

ドル円もみ合いながらも堅調に推移 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円は104円台前半から半ばでもみ合い。米長期金利が低下したものの、

    株価が大きく反発したことを受け上昇する場面もあったが、105円には届かず。

  • ドルがやや買い戻されたものの、ユーロドルは小動き。ユーロ圏のCPIが

    低水準だったことで、利下げ観測の台頭から一時1.36台割れが見られたが

    一進一退。

  • 株価は急反発。ボストン連銀総裁が緩和維持に前向きな発言をしたことが

    支援材料となり、ダウは105ドル高。ナスダックは今年になって初めて前日比

    プラスで引ける。

  • 債券相場も続伸。連銀総裁の発言を好感し買い物を集め、長期金利は2.94%

    まで低下。

  • 金は続落。原油価格は6日振りに反発。

  • 11月貿易収支 → 343億ドルの赤字

    本日の注目イベント
  • 独   独11月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏11月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏11月雇用統計

  • 米   12月ADP雇用者数

  • 米   FOMC議事録(12月17、18日分)

  • 欧   バローゾ・欧州委員長、サマラス・ギリシャ首相会見

    今夜のFOMC議事録までは特段材料がなく、株式市場の行方に

    注目するしかない中、ドル円は105円が重い展開が続いています。

    104円前後ではドル買い意欲も強そうには見えても、ドルを買い進

    む気配は見えません。そんな状況が続いていますが、本日は105

    円を目指す展開があるかもしれません。

    ボストン連銀のローゼングレン総裁は昨日の講演で「今の景気回復

    は緩慢過ぎる。金融政策の尚早な引締めで経済情勢の一段の正常

    化を遅れさせたくはない」と述べ、今月から開始される量的緩和策の

    縮小を「極めて緩やかな」ペースに留め、経済への打撃を回避すべ

    きだとの見解を示しました。

    その理由として同総裁は、「失業率が依然として異例の高水準」に

    留まっていることを挙げ、さらにインフレ率も「著しく低い状態」だと

    指摘しています。

    同総裁はもともと「ハト派」の代表の一人で、金融緩和に前向きなFO

    MCメンバーですが、株式と債券市場はこの発言に素直に反応しました。

    年初から調整局面が続いているNY株式市場ではダウが急反発し1万

    6500ドル台を回復し、ナスダック指数も引け値では今年初めてプラス

    で終わっています。

    「緩和縮小」が今月から開始されますが、行き過ぎた縮小は景気に悪影

    響を与えるとの講演内容から、「緩和縮小」ペースは緩やかに進むとの

    観測が株価と債券価格を押し上げたものです。

    これらが支援材料となりドル円は104円74銭までドル高が進みましたが、

    105円には届いていません。ポイントは水準的にはドル売りが出やすい、

    104円70銭~105円を抜けるかどうか。そして再び105円台を安定的に

    維持できるかどうかです。

    ユーロドルも1.36台半ばが壁になりつつあり、ドル円も上値が重い状況

    でも104円前後がサポートされていることから、ドル高回帰への気運は整

    いつつあるようには見えます。

    そこで決め手となるには今夜発表されるFOMC議事録の内容と、週末

    の雇用統計を占うADP雇用者数です。

    今月から100億ドル減額されるFRBによる債券購入ですが、このペース

    が今後継続されて行くのかどうか。

    また、継続されていくとしたら株式、債券市場がどのように消化していくの

    かが注目されます。

    米中部と東部が大寒波に見舞われています。

    今のところ経済への影響はありませんが、これが長引くようだと景気への

    影響があるかもしれません。

    一方で、昨日発表された11月の米貿易収支は大幅に改善しており、

    ドル高材料として見ることもできます。

    原油の輸入量が大幅に減り、輸出全般が好調だったことで4年振りの貿

    易赤字額でした。

    「シェール革命」のもたらす恩恵と見られますが、この傾向は当面続くと

    予想されます。

    本日は日本の株価も反発が見込まれます。

    ドル円は上記重要な水準を抜けるかどうかといったところですが、レンジ

    は104円~105円程度を予想します。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。