FC2ブログ

米経済指標好調にもドル円上昇せず 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円はウクライナ情勢が重しとなって上値の重い展開に。

    米経済指標は概ね好調だったものの、ロシアがウクライナのクリミア半島

    を掌握したとの報道で、欧州市場では一時101円20銭まで円が買われる。

  • ユーロドルは反落。ユーロが対円で売られたことに連れて、対ドルでも

    1.37台後半から1.37台前半まで下落。

  • 株式市場も大幅に下落。ISM製造業景況指数などが市場予想を

    上回ったものの、ウクライナでの緊張の高まりを嫌気した売り物が優勢となり

    ダウは153ドル安。

  • 債券相場は続伸。安全資産の債券には買いが集まり、長期金利は一時

    2.59%台まで低下。

  • ウクライナ情勢に反応し、金は28ドル上昇し、4ヵ月振りの高値。

    原油価格も大幅に上昇し、こちらも5カ月半振りに105ドル目前まで買われる。

  • 1月個人所得 → +0.3%

  • 1月個人支出 → +0.4%

  • 1月PCEコアデフレーター → +1.2%

  • 2月ISM製造業景況指数 → 53.2

    本日の注目イベント


  • 豪   RBAキャッシュターゲット

  • 豪   豪1月住宅建設許可件数

  • 日   2月マネタリーベース

  • 欧   ユーロ圏1月生産者物価指数

  • 米   上院で、フィッシャーFRB副議長、パウエル理事、ブレイナー理事の指名公聴会

    ロシアがウクライナ南部のクリミア半島を掌握したとの報道があり、ウクライナ

    ではさらに緊張が高まっているようです。

    ロシア艦隊がクリミアのウクライナ軍に、投降しなければ攻撃すると最後通告を

    行ったとの報道もあります。

    ロシアは「G7」諸国の警告にも拘わらず強硬姿勢を崩さず、緊迫が高まってい

    ます。

    ロシアの通貨ルーブルが急落したことでロシア中銀は政策金利を現行の5.5%

    から7.0に引き上げました。緊張を背景にマネーは安全通貨の円とスイスフラ

    ンに流れ、さらに金や原油など商品にも流入し、商品相場が大きく上昇していま

    す。

    主要通貨に対して円が買われてはいるものの、ドル円自体は今のところそれ程大

    きな動きはありません。

    昨日の海外市場でも101円台前半から半ばでゆっくりと推移し、一気に101

    円を割り込む動きでもありません。

    やはり、昨日発表された米経済指標の改善が支えとなり、ドルの下落を抑えてい

    たと見られます。

    しかし、リスク資産である主要国の株式市場は軒並み大幅な下落に見舞われてお

    り、さらに下落が進むようだと、株安が円買いを誘発することも考えられます。

    ケリー国務長官が4日にもウクライナの首都キエフで西側諸国の外交官と協議

    することになっていますが、はたして解決に向けた糸口が見つかるかどうか予

    断を許しません。

    米国は、ロシアの海外資産の凍結や、ビザの発給を停止するなどを検討してい

    るようですが、もし実施されれば、これにロシアがさらに反発して緊張が一段

    と高まる可能性もあります。

    この緊張が続く限り、円に対する需要が後退するとは考えにくく、しばらくは

    ウクライナ情勢を確認しながら緩やかな円高が続くと思われます。

    下値のメドについては昨日も述べましたが、「120日線」のある101円2

    0銭前後で一旦下落は止められています。

    今のところこの移動平均線が機能しているように見えますが、ここを割り込む

    とその下に「200日線」があり、今度はこの線が意識されます。

    「200日線」は現在100円18銭に位置していますが、この移動平均線の

    重要さは特別です。

    2012年10月に、野田総理と安倍総裁の「党首討論」が行われ、当時の野

    田総理が「解散しますよ」と言ったあの時から、ローソク足は「200日線」

    を一度も下回っていません。

    もしローソク足がこの線を下回ると、約1年半振りのこととなります。

    従って、100円前後が非常に強いサポート水準と考えられ、ここを割込む

    と、相場観そのものが大幅な修正を余儀なくされると考えられます。

    本日のレンジは100円80銭~102円程度を予想しています。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。