FC2ブログ

月別アーカイブ

 2014年03月 

米雇用者数市場予想を上回る 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 注目された2月の雇用統計では、失業率は0.1%上昇したものの、

    非農業部門雇用者数は市場予想の15万人前後を上回り17万5000人。

    良好な結果を受けてドル円は102円台後半から上昇し、103円77銭まで

    ドル高が進んだがその後は利食いのドル売りに押され103円30銭近辺で引ける。

  • ユーロドルは大幅続伸。一時は2011年11月以来となる1.3915まで

    ユーロ高が進み、ユーロ円も143円台後半まで買われた。

  • 株式市場は続伸したものの、ウクライナ情勢への懸念もあり小幅高にとどまる。

    ダウは30ドル高、ナスダックは16ポイント下落。

  • 雇用の伸びを嫌気した売りに押され債権相場は4日続落。長期金利は1月下旬

    以来となる2.79%台まで上昇。

  • 金は反落し、原油は大幅に上昇。


  • 2月非農業部門雇用者数 → 17.5万人

  • 2月失業率 → 6.7%

  • 1月貿易収支 → 391億ドルの赤字 

    本日の注目イベント


  • 日   10月-12月GDP(改定値)

  • 日   2月景気ウォッチャー調査

  • 中   中国 全人代(13日まで)

  • 欧   ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)

  • 米   予算教書 

    2ヶ月連続で市場予想を大きく下回り、悪天候のせいばかりではないのでは

    ないかといった懸念も広がっていた米雇用統計は、市場予想の15万人前後

    を上回る17万5000人と発表され、寒波が続いていた割には依然として

    雇用の拡大が継続されていることが確認できました。

    失業率は前月から0.1ポイント悪化しましたが、1月と12月の雇用者数

    も上方修正され、雇用に対する不安はひとまず払拭された格好です。

    雇用統計の結果を受けてドル円は力強く上昇し、103円77銭までドル高

    が進みました。

    これは1月23日以来のドル高水準でしたが、1週間前に101円台前半ま

    で円が買われたことを考えると円の下落スピードはやや早すぎるのではない

    かとの印象があります。

    しかも、円が買われた理由がウクライナでの緊張の高まりであったわけで、

    そのウクライナ情勢は依然として予断を許しません。

    ウクライナ南部のクリミア自治共和国では、ロシアへの編入を問う住民投

    票が16日に予定されている状況でクリミア自治共和国の議長はロシアへ

    の編入に意欲的です。

    投票が実施されれば、ロシア系住民が有権者の6割を占めるだけに編入が

    支持される可能性は決して低くはありません。

    そのような事態になると、欧米のロシアに対する制裁は今のところ限定的で

    すが、さらに拡大されることも考えられ、ロシアを刺激することもなりそう

    です。

    今後も「リスクオン」と「リスクオフ」が繰り返される展開が予想されます。

    先週、ドル円は「日足」で見ると、下値は「120日線」でサポートされ、

    上値は「52日線」で抑えられていると指摘しましたが、103円77銭ま

    で上昇したことで、一旦は「52日線」を抜けましたが、その上の「雲」に

    抑えら反落しました。

    ただ、この「雲」は比較的薄いため上抜けしやすいものと思われます。

    ウクライナ情勢にもよりますが、しばらくは102円から103円台でもみ

    合いを続け、いずれ上抜けするものと予想します。

    米雇用の拡大が緩やかに続いていることが確認されたことを考慮すれば、1

    00円台を割り込むリスクはかなり遠のいたものと思われます。

    ドル円は104円20銭レベルを上抜けできれば、上記「雲」を完全に抜け

    るだけではなく、「遅行スパン」も「雲」と「52日線」を抜けることにな

    り、チャート上ではさらなる上昇が期待できそうです。

    予想が難しいのはユーロドルです。

    先週末には1.39台前半まで買われましたが、背景はその前のECB理事

    会で政策金利の据え置きを決めたことがあろうかと思います。

    イタリアなど南欧諸国の債権には資金が流入しているところに、市場の「リ

    スクオン」がやや加速したためユーロ買いに勢いがつき、ストップロスの買

    いも発動されたと推測できます。ただユーロ圏の景気にとってはユーロ高は

    避けたいところです。

    ユーロ圏金融当局者からのユーロ高を懸念する発言にも注意したいところで、

    ECBによる追加緩和の可能性も依然としてくすぶっています。

    本日のレンジは102円60銭から103円60銭程度を予想します。



スポンサーサイト
このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。