FC2ブログ

米長期金利低下でドル円102円割れ示現 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円は、米株価の下落と長期金利の低下にともない1週間振りに

    102円台を割り込み、101円87銭まで下落。ただドル売りの勢いはなく、

    102円台まで反発して引ける。

  • 1.38台を維持していたユーロドルは、ドイツの景気見通しの

    悪化や、追加緩和観測などから下落し、1.3776までユーロ安が進む。

  • 豪ドルが堅調に推移。RBAのスティーブンス総裁は香港での講演で、

    年内に国内経済の勢いが強まる可能性があるとの見通しを示した。

    その結果、豪ドルは対米ドルでは昨年11月下旬以来となる0.922台

    前半まで豪ドル高が進み、対円でも94円台半ば超えまで上昇。

  • 株式市場は反落。朝方は続伸して始まったものの、後場にはオバマ大統領が

    ウクライナ情勢がさらに悪化する可能性を示唆したことを嫌気し下げ幅を拡大。

    ダウは98ドル安と前日の上昇分を吐き出す。

  • 一方安全資産の債券は大幅に買われ、長期金利は1週間ぶりに2.7%台

    割れまで低下。

  • 金は反落し、原油価格は反発し100ドルの大台を回復。

  • 2月耐久財受注 → +2.2%

    本日の注目イベント

  • 中   中国 2月工業利益

  • 欧   ユーロ圏2月マネーサプライ

  • 英   英2月小売売上高

  • 米   10-12月期GDP(改定値)

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   2月中古住宅販売成約指数

  • 米   ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演

  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演

    102円台でもみ合いが続いているドル円は、約1週間振りに102円台を

    割り込む動きを見せました。経済指標ではドル売り円買いの材料はなかった

    ものの、オバマ大統領がロシアは「計算を間違った」とし、制裁が強化され

    る可能性があると発言したことで、米長期金利が3月19日以来となる2.

    7%割れまで低下したことが要因と見られます。

    「G7」の会合ではロシアを「G8」への参加停止を決めたばかりでしたが、

    ロシアに対する実効的な影響は少なく、オバマ大統領はロシアの今後の行動

    次第ではエネルギーを含めた経済制裁にも踏み込む可能性に言及していまし

    たが、その意志があることを内外に示した格好でした。

    これまで市場は、どちらかと言えばウクライナ情勢には「楽観的な見方」で

    した。

    ドル円はその後102円台まで値を戻していますが、昨日のわずかな102

    円台割れの動きは、依然としてウクライナ情勢が「リスクオフ」を拡大させ

    る可能性があることを示したことになります。

    欧米がエネルギーを含む経済制裁に出たら、ロシアも報復措置に出る可能性

    は高く、円買いに繋がることもあるため、まだ一方的に円売りを進めるわけ

    にはいきません。

    昨日はユーロドルの上値も徐々に重くなり、1.38台半ばから上値は売り

    ゾーンになりつつあります。

    ECBによる追加緩和の火種は常にくすぶっており、前日のドラギ総裁の発

    言にも「ようするに、できることは何でもやるということだ」との言葉が見

    られました。

    25日にも、ECB政策委員会のメンバーであるスロバキア中銀総裁は、ユ

    ーロは年末までに下落する可能性があるとの見解を示し、「ECBには多く

    の手段があり、その一つはシステムに流動性を供給することだ」と語ってい

    ます。(ブルームバーグ)

    テクニカル的には上昇トレンドを維持しているユーロですが、このところ値

    幅が拡大しているだけに、こちらも注意が必要です。

    豪ドルとNZドルが上昇の勢いを増している以外、円も、ユーロも依然とし

    て一進一退です。

    昨日からの流れはやや「リスクオフ」に傾きつつありますが、この先NYダ

    ウの動きと、米長期金利の動きがやはり重要になります。

    NYダウが1万6000ドルを割り込むようだと、ドル円も101円台半ば

    程度には下落することが考えられます。

    その可能性を排除するのは米経済指標の改善です。

    本日のGDP改定値や失業保険申請件数にも注目です。

    特に失業保険申請件数には改善傾向が見られることで、この傾向が継続される

    かどうか見極めたいところです。

    本日は日経平均の配当落ち日です。

    ブルームバーグによると、計算上102円の下落要因となります。

    日経平均株価がこれ以上下落すると、それはNYダウの影響と円高が進んだ影

    響と見ることができます。

    下げ幅は拡大しそうな気配で、ドル円も101円50銭~102円50銭と予

    想します。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。