FC2ブログ

円全面安で、豪ドル円95円台後半 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円は東京時間では102円台後半で様子見だったが、海外市場に

    入ると103円台に乗せ、NY市場では一時103円44銭までドル高が

    進む。ただその後はイエレン議長の発言や軟調な経済指標に103円割れ

    までドル売りが優勢となったが、103円20-25銭まで反発して引ける。

  • ユーロドルは域内の消費者物価指数が予想を下回ったことで一旦は

    1.37台全前半まで売られたが、その後は切り返し1.38台前半まで反発。

  • 株式市場は続伸。イエレン議長が景気刺激策の継続が必要との認識を

    示したことが支援材料となり、ダウは134ドル高と再び最高値が視野に入る

    水準まで上昇。

  • 債券相場は横ばい。イエレン議長が労働市場には「相当のたるみ」が

    あると発言したことが相場を支えた。

  • 金は続落し1283ドルに。原油も4日ぶりに小反落。

  • 3月シカゴ購買部協会景気指数 → 55.9


    本日の注目イベント

  • 豪   RBAキャッシュターゲット

  • 日   3月日銀短観

  • 中   中国 3月製造業PMI

  • 中   中国 3月HSBC製造業PMI(改定値)

  • 独   独3月雇用統計

  • 欧   ユーロ圏3月製造業景況感指数(改定値)

  • 欧   ユーロ圏2月失業率

  • 英   英3月製造業PMI

  • 米   3月ISM製造業景況指数

    先週末のNY市場で上値の目処である102円台半ばを超えたドル円は、

    やや方向感を見せ103円台半ばまで上昇しました。

    この水準は先月の雇用統計発表直後に記録したレベルで、約1ヶ月ぶり

    ということになります。問題はここからです。

    103円台前後を維持できるかどうかが重要で、この水準を維持できな

    ければ再び元の「膠着状態」に戻ってしまうことにもなりかねません。

    ドル円にとっては「正念場」です。

    ドル円は欧州時間帯に103円30銭前後まで上昇したことから、NY

    市場でのもう一段のドル高期待もありましたがイエレン議長の講演内容

    と、経済指標に上値を抑えられ、一旦は102円台後半まで押し戻され

    ましたが、引けにかけては再び103円台に戻すところを見ると、円売

    りに勢いがつきそうな予感もします。

    イエレン議長はシカゴで講演し、米当局が5年以上にわたって緩和政策

    を維持してきたものの、失業対策はまだ十分ではないとの認識を示し、

    「異例のコミットメントはまだ必要であり、この先も当面必要だろう。

    これは他の米金融当局者と広く共有している見解だと確信している」と

    語っています。

    また、「グレート・リセッション(大不況)の傷跡がまだ残っており、

    目標達成には時間がかかるだろう」とも述べています。(ブルームバーグ)

    議長は先月のFOMC後の記者会見で、QE終了後の利上げのタイミン

    グについて「おそらく6ヶ月程度」と口を滑らせてしまったことで、株

    式市場と債券市場が大きく下落するきっかけを与えました。それだけに

    今回の講演内容は注目されていましたが、講演では株式、債券市場に配

    慮した格好になりました。

    事実、債券は横ばいでしたが株式市場は大幅に反発し、史上最高値に手

    が届く水準まで反発しています。

    円は「リスクオン」が進み、海外市場では全面安の展開でした。

    ユーロ円は一時142円60銭前後まで上昇し、豪ドル円は95円72

    銭近辺まで買われ、実に昨年6月4日以来の円安水準を記録しています。

    明らかに円全面安の展開になりつつありますが、このトレンドが今後も

    続くかどうかを慎重に判断しなければなりません。

    日米とも株高がやや戻ってきており、とりわけ米株式市場では先高感が

    広がっています。

    金価格を見ても、3月14日の1379ドルから下落に転じ、足許では

    4日続落しています。そして昨日のNYでは1283ドルまで下落して

    います。

    そもそもウクライナ情勢の緊張の高まりから「質への逃避」(Flight to

    quality)先として買われたわけですが、足許の水準を見ると「リスクオ

    ン」に傾いていることが金価格からも伺えます。

    テクニカルでは、昨日も触れましたが、「日足」のドル円チャートでは

    「転換線」が「基準線」を下から上に抜ける「好転」を見せ始めました。

    昨日も述べたように、「基準線」は3月7日の103円77銭を上回るか、

    あるいはこのまま横ばいで来週の火曜日を迎えれば上向きに転じるはずで

    す。

    従ってテクニカルを見る限りは、まだこのまま一段と上昇を続けるパター

    ンにはなっていないと言えそうで、ここからのドルの上昇はそう長くは続

    かないことを示しています。

    この示唆が正しいかどうかは、今週の重要なイベント次第ですが、最初に

    述べたようにドル円にとっては「正念場」となります。

    先月の雇用統計で103円77銭までドル高が進んだわけですが、今回も

    週末の雇用統計をきっかけに105円への足がかりをつくるのか注目され

    ます。

    本日の予想レンジは102円80銭から103円80銭程度と見たいと思

    います。

    102円80銭は昨日のNY市場でのドル下落でも届いていないレベルで、

    103円80銭は上述のように、先月のドル高値を意識したものです。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。