FC2ブログ

ドル円2週間振りに101円台半ばへ 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • 米長期金利の低下を背景に、ドル円は急落し一時は101円55銭まで

    円高ドル安が進行。昨日の黒田日銀総裁の記者会見をきっかけに、102円台

    後半から円買いが加速し、約2週間振りに101円台半ばを記録。

  • ユーロドルもドル安の流れから上昇。1.37台後半から1.38台前半まで

    買われたが、「円買いユーロ売り」もあり上昇は限定的。ユーロ円は一時

    140円割れ目前まで円高が進む。

  • 株式市場は連日の大幅安から反発。ダウは10ドル高、ナスダックは33ポイント

    高で取引を終える。

  • 債券相場は続伸。3年債入札が好調だったこともあり、債券市場に資金が入った。

    長期金利は約2週間振りに2.68%台まで低下しドル売りを誘った。

  • ドル安が進んだことから金、原油はともに続伸。

    本日の注目イベント

  • 独   独2月貿易収支

  • 独   独2月経常収支

  • 米   FOMC議事録(3月18、19日分)

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米   タルーロ・FRB理事講演

    NY株式市場が連日下げ、2日間で325ドルを超える下落を見せたことから、

    一旦は自律反発してもおかしくはないと予想しており、それに伴ってドル円も

    反発する可能性もあると予想していましたが、昨日のNY市場では長期金利に

    反応し、円全面高の展開でした。

    株価は3指数とも反発しましたが、安全資産の債券がウクライナ情勢などの影

    響から買われ、長期金利の低下にドル円が反応し、101円55銭まで「円高

    ドル安」が進んでいます。

    先週末の雇用統計前には104円台前半までドル高が進行しましたが、僅か3

    日で2円50銭もの下落です。いつものことですが「下落相場の足は速い」こ

    とに驚かされます。

    今回初めてライブで中継された黒田総裁の記者会見はいつも以上に注目されて

    いたようです。

    「追加的な緩和は現時点では考えていない」との言葉に、市場はドル売りで反

    応し、102円台後半から下落基調を早めました。

    昨日もこの欄で、「102円台半ばを割り込むと円買いドル売りが加速する可

    能性がある」と述べたように、ここからのドル下落スピードは速かったです。

    NY市場で102円を割り込むと、「ストップロス」のドル売りを巻き込んで

    101円台半ばまで下落しました。

    日銀による追加緩和期待が後退し、「追加緩和そのものがないのではないか」

    といった見方も広がり、さらに、ウクライナ東部での緊張の高まりが「安全通

    貨の円買い」と「安全資産の米国債買い」を拡大させたことが主因で、長期金

    利の低下と円高に結びついたと判断できます。

    ドル円を見る上で重要なのは「日米金融当局の政策スタンス」であることは、

    これまでも何度も述べてきました。

    従って、今後ドル高円安への可能性は十分あると考えており、現時点でもその

    考えに変わりはありません。

    しかし、テクニカルをじっくり見るとこれまでにない変化が起きてきることを

    知らされます。

    「日足」チャートでは昨年11月初旬以来、ローソク足は一度も割り込んだ来

    なかった「120日線」を、昨日は割り込んでいます。

    実に5ヶ月振りのことになります。

    同時に昨年10月8日の96円68銭を起点に、10月25日の96円95銭

    を結ぶ「サポートライン」では、昨日の下落を支えており、ここは抜けていま

    せん。

    一方「一目均衡表」の「基準線」は横ばいで、今回の下落が短命に終わること

    を示唆しています。

    これら強弱のテクニカルから、ここは非常に判断に迷うところです。

    安易に買い下がるのではなく、様子を見るほうが無難でしょう。

    特に、103円、102円台で買い下がってきた方は注意が必要です。

    ここから一段とドルが下落するとすれば、メドは101円の大台と、2月4日

    に記録した100円77銭ということになります。

    本日は円高が進んだことで、日経平均株価も大幅な下落が見込まれます。

    ドル円がNYの底値である101円55銭を割り込まないかどうかが注目され

    ます。

    予想レンジはややワイドに、101円20銭~102円50銭程度にしたいと思

    います。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。