FC2ブログ

週明けのオセアニア、ユーロ下落で始まる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • ドル円は101円台前半から半ばで一進一退。ミシガン大学消費者マインド

    が市場予想を上回ったことでドルが上昇する場面もあったが、株価の下落と

    長期金利の低下に上値は抑えられ、101円60銭前後で引ける。

  • ユーロドルは横ばい。1.39の大台を再びテストしたが上抜けできず。

  • 株価は大幅に続落。JPモルガンの決算が減益だったことと、前日同様

    ハイテク株が下げを主導。ダウは143ドル下げ、1万6026ドルと

    かろうじて大台は維持。

  • 債券相場は続伸。ウクライナ情勢への不安がくすぶり、株価が大幅な

    下落を見せたことで買いが優勢となり、長期金利は2.62%まで低下。

  • 金は続落し、原油は反発。


  • 米   3月生産者物価指数 → +0.5%

  • 米  4月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) →82.6 


    本日の注目イベント

  • 中   中国 3月マネーサプライ

  • 欧   ユーロ圏2月鉱工業生産

  • 米   3月小売売上高

  • 米   議会予算局が財政赤字見通しを発表

  • 米   決算発表 →シティーグループ



    先週金曜日のNY市場では、4月のミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想

    を上回ったことで、ドル円は買われたものの、101円71銭どまり。

    その後は株価が大きく調整する中、長期金利の低下に引っ張られる格好で10

    1円台前半まで下落。やはり、NY株式市場の動向が相場の動きを左右する展

    開でした。

    NYダウは先週、結局1週間で約400ドルの大幅下落を見せました。

    ハイテク株中心のナスダック市場はさらに下げ幅を拡大しており、その前の週

    では「ザラ場」で史上最高値を更新する場面さえあったものが、市場のセンチ

    チメントが一変してしています。

    ウクライナ情勢の不透明感という悪材料はあるものの、それだけでは今回の大

    幅下落を説明できません。

    割り高になったハイテク株をヘッジファンドなどが手放しているとの報道もあ

    りますが、いまいち説明不足で実態はよくわかりません。

    先週ワシントンで「G20」が開催されましたが、ここでは「ロシアへの制裁」

    ではなく、新興国も含めて解決策を模索する動きで、ひとまず対立は避けられ

    ています。

    また、ウクライナでも新ロシア派による暴動に対して、ウクライナ政府は対話

    の姿勢も見せてはいますが、まだ混乱は続いている状況です。

    ドル円は依然として上値の重い展開が続いています。下値は101円20銭前

    後が切れるかどうかが目先の焦点です。

    3月3日にこの水準で下げ止まり、さらに先週も同様な展開でした。

    株価がさらに下落を見せると、101円を割り込み、今年のドルの最安値である、

    100円77銭前後をテストする可能性もあります。

    足許ではドル円の調整が長引いており、まだ反発の兆しは見えません。

    米経済指標の改善を好感してNY株式市場が大きくは反発するか、日本サイドで

    追加緩和実施に向けた環境が整って来るなど、「円売り材料」の台頭が待たれま

    す。

    ただ、今週は重要な米経済指標の発表はありません。むしろ16日発表の中国第

    一四半期GDPが極めて重要になりそうです。

    また日米共に企業決算の発表が多く控えていることから、企業収益の上振れが株

    価の上昇につながる可能性はあります。

    それでも今回の調整は時間がかかりそうな雰囲気です。

    週明けの今朝も、ドル売り円買いが優勢な展開で始まっています。

    NY株式の大幅安を受け、日経平均株価も下げ基調で始まりそうです。

    予想レンジはやや円高方向を想定して、100円90銭から101円90銭程度

    にしたいと思います。



スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。