FC2ブログ

ドル円、株高金利高を受け119円台前半に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はさらに続伸し119円29銭までドル高円安が進む。

    原油価格が再び低下したことや、フィッシャーFRB副議長の発言、

    さらには株高、長期金利の上昇などのドル高材料に押し上げられた。

  • ユーロドルも多くのドル高材料に反応し、1.24台半ばから

    1.2377まで下落し、約1週間ぶりに1.24台を割り込む。

  • 株式市場は反発。原油価格の下落や、建設支出統計を受けて

    景気への信頼感が強まった。ダウは102ドル高と最高値を大きく

    更新する。

  • 債券相場は続落。米企業が年末前に過去最大規模の社債を発行する

    ことを嫌気して価格が下落。10年債利回りは2.29%台まで上昇。

  • 金、原油は前日の急反発の反動から下落。


    本日の注目イベント

  • 豪   豪7-9月期GDP

  • 中   中国 11月非製造業PMI(速報値)

  • 中   中国 11月HSBC非製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏11月製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏11月非製造業PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏10月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏7-9月期GDP(改定値)

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 米   11月ADP雇用者数

  • 米   11月ISM非製造業景況指数

  • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演

  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演

  • 米   ブレイナード・FRB理事講演


    格付け会社ムーディーズによる日本国債の「格下げショック」も僅か1日で

    終わったようです。前日119円台から117円台後半まで売り込まれたド

    ル円は、昨日のNY市場では今年の最高値を更新し、119円29銭までド

    ル高が進み、やはり「120円前後を見なければ収まりの付かない相場」

    との印象を強めました。

    昨日の日経平均株価は朝方は100円前後のマイナスで始まりましたが、下

    げ幅を徐々に縮小し、後場には逆に100円前後のプラスに転じる場面もあ

    りました。

    上値が重いかに見えたドル円も歩調を合わせ、118円台半ばまで上昇、欧

    州市場では118円台後半、そしてNY市場ではドル高が一段と進み、直近

    高値を更新しました。

    日米共に株価が堅調で、その背景には原油価格の急落という好材料があるこ

    とは言うまでもありません。日米金融当局者も、原油価格の低下が自国の経

    済にとってはプラスだと発言しています。米国は来年にも利上げが見込まれ

    ますが、緩和状況に変わりはありません。

    日米欧いずれでも緩和状態が維持される中、原油価格急落という追い風が吹き、

    企業業績も好調だとすれば株価が上がらないわけもありません。

    株価の上昇は投資家のリスク許容度を高め、高金利通貨が選好され、低金利通

    貨が売られることになるためドル円が上昇し、円がその他主要通貨に対して弱

    含むのも自然の成り行きとも言えます。

    加えて、日銀による異次元緩和で市場への円の供給額はドルやユーロを圧倒し

    ています。

    ドルが買われて円が売られる構図はこれからも継続されると考えることは極め

    て妥当です。注意したいのが急激な円安に対する懸念発言です。

    先月21日に麻生財務大臣が発言したような、円安のスピードを懸念する発言

    です。「円安は日本経済にプラスだ」と繰り返し発言していた黒田日銀総裁の

    発言も微妙に変化して来ました。

    120円に向かって上昇する相場であるとしても、今日明日にでもその水準を

    クリアする様だと、やはり「スピード違反」の印象は否めません。

    フィッシャーFRB副議長は昨日、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)

    のカウンシル会議で低金利を「相当な期間」維持するとの文言を当局が削除す

    る時期が近づいており、2006年以来初の利上げの指針として経済指標を重

    視することになるとの認識を示しました。(ブルームバーグ)

    副議長は「それに関する協議があったことが前回のFOMCの議事録で分かっ

    ており、当局がその削除に数ヶ月前より近づいているのは明白だ」と述べてい

    ます。

    本日もNYダウ最高値更新と原油安などの好材料があることから、日経平均株

    価も堅調に推移すると思われます。「株高ドル高」の好循環が見込まれること

    から、レンジは118円50銭~119円80銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。