FC2ブログ

ドル円いよいよ120円乗せか? 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は一段と上昇し、119円87銭までドル高が進む。

    非製造業景況指数が好調だったことや、ドルがユーロなどの主要通貨

    に対して強含んだことなども円売りドル買いを促がした。

    ドル円は119円80-85銭と、この日の高値圏で引ける。

  • ユーロドルはユーロ圏の経済指標が弱く、本日のECB理事会での

    量的緩和観測が高まりユーロ売りにつながった。一時は1.23近辺まで

    ユーロ安が進み、約2年ぶりの安値を記録。

  • 株式市場は続伸。非製造業景況指数が上振れたことや、ベージュブック

    では、雇用増加は全地域に拡大との報告を好感。ダウは33ドル高と

    1万8000ドルが視野に。S&P500も最高値を更新。

  • 債券相場は小動き。インフレ率が上昇する兆しが見えないことで

    買い安心感が広がり、長期金利は前日よりやや低下。

  • 金、原油はともに反発。

  • 11月ADP雇用者数     → 20.8万人

  • 11月ISM非製造業景況指数 → 59.3


    本日の注目イベント

  • 豪   豪10月小売売上高

  • 豪   豪10月貿易収支

  • 欧   ECB金融政策発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 英   BOE金融政策発表

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   ブレイナード・FRB理事講演



    ドル高円安がさらに進み、NY市場では一時119円87銭と、いよいよ120円

    台が迫ってきました。しかし昨日の海外市場では円安が進んだだけではなく、ドル

    は主要通貨に対して全面高となり「ドルの一人勝ち」の様相を強めています。

    ユーロドルは1.23近辺まで下落し、直近安値を更新し、2012年8月以来と

    なるユーロ安水準を記録。さらに豪ドルドルでは4年ぶりの豪ドル安をつけていま

    す。

    ユーロ圏では経済指標が弱く、本日のECB理事会での量的緩和観測の高まりから

    ユーロ売りが加速し、豪ドルは昨日発表された7-9月期GDPが市場予想の

    「+0.7%」に対して、「+0.3%」だったことから利下げ観測まで台頭し、

    こちらも強力な豪ドル売りにつながっています。

    一方米国サイドでは、ADP雇用者数は市場予想には届かなかったものの、20万

    人を超えていたことで、「ぎりぎり合格」といったところでした。

    それでも非製造業景況指数が上振れしたことや、ベージュブックでは「雇用は全地

    域で幅広く増えた」との報告に、米景気の拡大が継続していることが確認されてい

    ます。

    また個人消費についても「石油の値下がりも寄与し、個人消費は大半の地域で増加

    が続いた」と説明しています。主要国の中で米国景気が際立っていることが改めて

    確認され、多くの資金がドルに向かっている状況です。

    「120円前後を見ないと収まらない相場」・・・最近のドル円の動きをそんな風

    に表現しましたが、ドル円はいよいよ120円に手が届く水準まで来ました。

    昨日からの値動きを見ても、大きな下げはほとんどなく、小幅に上昇するかその水

    準でもみ合うかの展開が続き、ゆっくりと、しかし着実にドルが上昇して来ました。

    NYダウは連日の最高値を更新していることで、今日の日経平均株価もさらに上昇

    することが見込まれます。

    ドル円と日経平均株価にはもともと強い相関関係が見られますが、あの10月末の

    「黒田緩和」以来、さらに相関度を強めており、両者のチャートはほぼ同じ波形を

    見せています。

    そして日経平均はあと280円ほどで「1万8000円の大台」に届きます。

    もしかしたら「120円の大台と、1万8000円の大台」は同じタイミングで達

    成されるかもしれません。

    さらに言えば、NYダウの「1万8000ドルの大台」も同じタイミングかもしれ

    ません。極めて緩和的な金融市場で、株高とドル高の好循環が続いています。

    今日にでも120円を試しそうなドル円ですが、問題はその後の動きです。

    120円をクリアした後は、達成感から利益確定のドル売りが持ち込まれるのか、

    あるいはさらに勢いを増して121円に向かうのかを判断しなければなりません。

    欧米ではクリスマス休暇を前にポジションを縮小する動きも見られそうですが、

    今年は多くのヘッジファンドの成績がいま一つです。

    方向性が見極めやすいドル円を「今年最後の勝負」と捉えて、ロングをキープす

    ることも考えられ、120円を達成したからといって、すぐにドルが反落すると

    も思えません。

    ただロングが積み上がっているのは事実であることから、何かのきっかけさえあ

    ればドルが急落する可能性があることには注意が必要です。

    何が「ドルを売れ」と、背中を押してくるのかということです。

    今日はECB理事会もあり、ユーロドルの動きからも目が離せません。

    市場をじらし続けてきたドラギ総裁がいよいよ動くのか?

    それによってユーロドルが節目の1.23を大きく下抜けするようだと、ドル円

    でも円が売られる展開が予想されます。

    ドル円の値幅も拡大すると見て、119円~120円80銭程のレンジを予想し

    ます。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。