FC2ブログ

ドル円雇用統計を受け121円台後半に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は良好な雇用統計を受け、121円台に乗せ、午後には

    121円69銭までドル高が進む。雇用者数が32.1万人と、市場予想を

    大きく超えたことで、米利上げ前倒し観測が高まった、

  • ユーロドルでもドル高は進み、節目の1.23を大きく下回り

    1.2271までユーロ安が進行。ドルに対する円の弱さが進み、ユーロ円も

    149円台半ばまで上昇。

  • 株式市場は反発。雇用統計の結果に素直に反応し、ダウは58ドル高と、

    1万8000ドルの大台も視野に。

  • 債券相場は良好な雇用統計に反落。利上げ観測が高まるなか、債券に下落圧力が

    強まり長期金利は2.30%台まで上昇。

  • ドル高が進んだことから、金、原油は続落。

  • 米   11月失業率       →  5.8%

  • 米   11月非農業部門雇用者数 →  32.1万人

  • 米   10月貿易収支      →  434億ドルの赤字

  • 米   10月消費者信用残高   →  132億ドル

    本日の注目イベント

  • 日   7-9月GDP(改定値)  

  • 日   10月国際収支

  • 日   11月景気ウォッチャー調査

  • 中   中国 11月貿易収支

  • 独   独10月鉱工業生産

  • 米   11月労働市場情勢指数(LMCI)

  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

  • 加   カナダ11月住宅着工件数


    11月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が市場予想の23万人に対して

    32.1万人の増加でした。さらに、10月分についても21.4万人から

    24.3万人に。9月分も25.6万人から27.1万人にそれぞれ上方修

    正されました。米労働市場は、夏以降急速に伸びていることが窺えます。

    正に「米国の一人勝ち」といったところです。

    ドル円は、この結果を受けて、121円36銭辺りまで一気に上昇し、さす

    がに利益確定のドル売りに押され、一旦は120円85銭辺りまで下げる場

    面がありましたが、午後にはもみ合いから121円69銭までドル高が進ん

    でいます。手のつけようがないほど、ドル高が急速に進み、市場には200

    7年6月に記録した124円14銭までドル高が進むといった見方も出始め

    ているようです。

    良好な雇用統計を受けて、来年半ばと予想されている政策金利の引き上げ観

    測が前倒しになってきましたが、事はそう簡単ではないと、個人的には予想

    しています。注目されるのは今夜発表される労働市場情勢指数(LMCI)

    です。

    前回は「4.0」でしたが、この数値に比べ、改善しているか悪化してるか

    で雇用市場全体の状況を把握することが出来ます。

    ここ数ヶ月は改善傾向にありますが、今年4月には「7.1」で、この水準

    には届いていません。

    さらに注目されるのはインフレ率です。FRBが注目しているPCEコア・

    デフレーターは10月でも「1.6%」でした。

    「2%程度」というFRBの目標には届いておらず、さらにこのところの急

    激な原油安が物価に下落圧力がかかると考えられ、インフレ率上昇を抑制し

    そうです。

    原油安とドル高が物価上昇を抑えることを考えると、「2%のインフレ率」

    はそう簡単ではないと思われ、ハト派のイエレン議長は米景気の拡大を認識

    しながらも、慎重な姿勢を維持する可能性は高いのではないでしょうか。

    NY株式市場と債券市場の動きからは、まだ利上げの足音は聞こえてこない

    ように思います。

    ECB理事会に続き、11月の雇用統計も終わりました。

    残す重要イベントは来週の衆議院選挙と今年最後のFOMCです。

    衆議院選挙では自民党が300議席を確保するのではといったマスコミの予

    想も出ており、円安要因と捉えられそうです。

    そして今年最後のFOMCでは、声明文から「相当な期間」という文言が削

    除されるのかどうかが焦点です。

    先週、フィッシャーFRB副議長は講演で、「文言削除の時期は近づいてい

    る」との認識を示しており、削除される可能性は高まっています。

    もしこの文言が削除されれば、利上げ開始へのメッセージと受け止めること

    ができ、これもドル高要因になります。

    このように、今後のイベントは想定外の展開にならない限り「ドル高要因」

    であるからことから、ドルが買われる展開が予想されます。

    大幅な調整などないといった雰囲気になっていますが、ドル高が進めば進

    むほど「調整」が起こりうるのも過去の相場展開は教えています。

    上述のように124円台までドル高が進む可能性は否定できませんが、そ

    れでもドル急落に対する警戒感を意識する必要はあろかと思います。

    予想レンジは121円から122円20銭程度にしたいと思います。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。