FC2ブログ

月別アーカイブ

 2014年12月 

ドル円、上昇も一服 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 昨日の朝方121円85銭まで上昇したドル円は、利益確定の売りや

    株安などから大きく下落。NY市場では120円20銭まで下落し、クリスマス

    休暇前にさらに調整のドル売りが出るのかどうかに注目。

  • ユーロドルは1.22台半ばからドル安ユーロ高が進み、1.2343まで反発。

    ただ、来年早々には量的緩和も見込まれていることから上値も限定的との見方も。

  • 株価は反落。労働市場情勢指数が前月よりも悪化していたことが重石となり

    ダウは100ドルを超える下げに。

  • 債券相場は反発。原油安が一段と進んだことで、インフレ率の低下圧力になる

    との見方が広がり債券が買われた。

  • 金は反発、原油は2ドルを超す下げに63ドル台まで下落。

  • 11月労働市場情勢指数(LMCI)→ 2.9


    本日の注目イベント

  • 独   独10月貿易収支

  • 独   独10月経常収支

  • 英   英10月鉱工業生産


    昨日の早朝に121円85銭まで上昇したドル円は、経済指標の悪化や株安

    などから、やや調整らしき動きに、上昇は一旦止まっています。

    先週末の良好な雇用統計を受け121円69銭までドル高が進んだNY市場

    の高値を上回った割には、その後伸び悩み、これまでとは何か異なるものを

    感じましたが、ようやく一息ついた格好です。

    昨日のこの欄でも触れましたが、今のペースで円売りが進むと、年内にも1

    24円台まで円安が進みそうな雰囲気でしたが、やはり小幅な調整が見ら

    れ、むしろ今後の相場展開にはプラスの面もありそうです。

    今回の調整も高値から1円65銭前後下げた後反発しています。

    このまま再び121円を目指すようなら、これまでと同様「1円から1円

    50銭前後」の調整で終わってしまいますが、まだなんとも言えません。

    今日明日で120円を割り込むような展開になると、「本格的な調整」が見

    られるかもしれません。

    ほぼ一本調子で上昇してきたドル円ですが、投機筋の円売りポジションも直

    近では、10月7日以来となる11万枚を超える高水準になっています。

    現在のドル円の水準と、クリスマス休暇前という特殊な事情を考えれば、や

    はり手仕舞いのドル売りが出てもおかしくはないと考えることは、多くの専

    門家の一致した見方です。

    その意味では今日の東京市場と海外市場の動きには注目が集まります。

    120円を下回るようなら、これまでとは異なる調整入りが見られそうです

    が、再び121円台に乗せるようだと一段の円安もありそうで、年末から来

    年を予想する上で重要な値動きになるかもしれません。

    FRBが発表した労働市場情勢指数(LMCI)は「2.9」と、先月の

    「4.0」から悪化していました。

    雇用統計では雇用者数が大きく上振れしたことで利上げ前倒し観測が台頭し

    ましたが、労働市場を総合的に表す本指数が悪化していたことで利上げ観

    測はやや後退です。

    また、アトランタ連銀のロックハート総裁は講演で「米金融当局は事実上

    のゼロ金利からの利上げの開始を待つべきだ」と指摘し、その理由として

    「後になって政策を反転させれば、当局の信頼性を損なうことになる」

    と述べています。(ブルームバーグ)

    NYダウは1万8000ドルの大台を前に足踏みをし、日経平均株価も昨

    日は1万8000円に乗せる場面はありましたが、引け値での大台乗せに

    は失敗しています。

    14日の衆院選では自民党の300議席確保も濃厚です。

    引き続き、アベノミクスの拡大が規定路線になろうとしていることを考

    慮すれば、やはりドル高円安の

    流れは不変で、どこかでドルを仕込む「買い場」を探る戦略でいいのでは

    ないでしょうか。

    今日は株価の下落で、どこまでドルが売られるかを見極める展開が予想さ

    れます。

    レンジは120円~121円程度を見たいと思います。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。