FC2ブログ

ドル円急落し、一時117円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は大幅な調整が起き、一時117円90銭まで下げる。アジア時間の

    121円から、約3円10銭ほどの円高が進む。ただNY時間の引けにかけては

    株価の回復もあり、119円60-70銭まで反発して取引を終える。

  • ユーロドルも大きく買い戻される。1.23台半ばから1.24台半ばまで

    ユーロ高が進み、ユーロ円では円買いが勝る。

  • 株式市場は中国やギリシャを巡る懸念から世界的に株価が軟調に推移。

    ダウは51ドル下げたものの、ナスダックは25ポイント上昇とまちまち。

  • 債券相場は続伸。中国の融資規制やギリシャの政局不安を背景に

    債券価格は上昇。長期金利も再び2.21%台まで低下。

  • ドル安が進行したことで、金や原油は反発。金は約3%の上昇で

    1230ドル台を回復。

    本日の注目イベント

  • 中   中国 11月消費者物価指数

  • 中   中国 11月生産者物価指数

  • 中   中国 11月マネーサプライ

  • 米   11月財政収支 

    「山高ければ谷深し」とはよく言ったもので、昨日はこれまでには見られなかった

    「大幅な調整」が見られ、ドル円は東京時間の121円を頂点に、117円90銭

    まで一気に巻き戻しが起こり、急激なドル安に振れました。

    中国が融資に対する規制を強化することや、ギリシャの政局不安、さらには格付け

    会社フィッチが日本国債の格下げを検討しているなどの噂も飛び交い、欧米の株式

    市場が下げたことが直接のきっかけの様でした。ただ材料的には118円割れまで

    ドルを売る材料とも思えず、やはりこれまでの積み上がった円売りを買い戻したと

    見るべきでしょう。

    この欄でも、いつか来る「大幅な調整局面」への警戒を怠らないよう注意を促がし

    て来ましたが、一日で3円を超える巻き戻しは「大幅な調整」と考えていいでしょ

    う。チャートでは。118円割れを見せた後急激に値を戻しており「長い下ひげ」

    を示現しています。これは今年10月15日の105円台まで下落したパターンと

    良く似ています。現段階では「健全な調整」と捉えることができますが、今後NY

    株式市場が大幅な下落を見せるようだと、やや今のドル高センチメントに影響を与

    える可能性も出てきそうです。

    昨日の相場展開では、さすがに118円割れを予想できた市場関係者はそう多くは

    いません。従って、118円半ばから下値でドルを買えている人はそれ程多くはな

    いと考えられます。ドル買い注文がそれ程多くなかったことで、ドルの急落が起き

    たともいえます。

    そのため、今日は118円台では多くのドル買い注文が集まると予想でき、ドル下

    落を抑制しそうです。

    主要株式市場の下落で、ややリスクオフが強まってきました。

    ドル円も121円台では達成感も出てきています。

    今日は円急騰を受け、日経平均株価がどこまで下落するかを見極め、さらに中国の

    経済指標も発表されることから上海総合指数にも目配りが必要です。

    株価が300円以上下げるようだと、119円割れがあるかもしれません。

    今度の日曜日の衆議院選挙の自民勝利予想や、来週のFOMCで利上げへのステ

    ップを切るのではないかとの予想を踏まえたら、ドル高の流れは不変だと思います。

    無理をせずに、じっくりドルの買い場を探す姿勢を維持して行く戦略でいいと思い

    ます。

    今日も荒っぽい値動きが予想されます。

    予想レンジも簡単ではありませんが、118円50銭~120円程度を見ています。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。