FC2ブログ

月別アーカイブ

 2014年12月 

ドル円再び117円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は株価の大幅下落や、長期金利の低下に「リスクオフ」が加速し

    再び118円を割り込む。一時は117円70銭と前日のドルの安値を下回る

    場面も。

  • ユーロドルもドル安の流れにユーロ買いが活発になったが、前日同様、

    1.24台半ばで頭を抑えられる。

  • 株式市場は大幅続落。原油価格が再び急落したことで、エネルギー株を

    中心に売り物が殺到。ダウは268ドル下げ、約1ヶ月ぶりの水準に。

  • 債券相場は続伸。株価の大幅下落やギリシャの政局不安から安全資産の

    債券が買われる。長期金利は7週間ぶりに2.1%台まで低下。

  • 金は反落。原油はOPECが2015年の原油需要見通しを引き下げたことで

    大幅に下落。約5年5ヶ月振りに60ドル台を記録。

  • 11月財政収支 → 568億ドルの赤字


    本日の注目イベント

  • 豪   豪11月雇用統計

  • 独   独11月消費者物価指数

  • 欧   ECB月例報告

  • 米   11月小売売上高

  • 米   新規失業保険申請件数

    懸念していたことが起きてしまいました。

    前日NY市場で、ドル円が117円台後半まで急騰したにも関わらず、NYダウは

    50ドル安と、軽い下げで済みました。

    もしNYダウが200ー300ドル下げることがあれば、ドル円はもう一段下落す

    る可能性があることを懸念していましたが、昨日のNYで現実となっています。

    引き続き中国やギリシャに対する不安と、原油価格が再び大幅下落を見せ、WTI

    原油価格は60ドル台まで下げたことで、NY株式市場の急落につながったようで

    す。OPECが2015年の原油需要見通しを引き下げたことで、エネルギー関連

    株が大きく値を崩し、それが他の株価の下げにもつながり、NYダウは268ド

    ルも下落しました。

    株式市場の大幅下落が「リスクオフ」の流れとなり、円買いが進み、ドル円は前日

    に続き117円台まで下落し、一時117円70銭まで円の買戻しが進みました。

    前日もそうでしたが、この材料だけでドル円が119円台半ばから、約2円も落ち

    るには合点がいきません。

    やはり積み上がった円の売りポジションの買い戻しということでしょう。

    先週もこの欄で書きましたが、クリスマス休暇前で、121円台まで円安が進めば、

    ちょっとしたきっかけでも円の買戻しが始まる状況でした。

    「誰かが背中を押してくれたら、円の買い戻しに走る」そんな状況だったように思

    います。

    さて今後の展開ですが、先ずフィボナッチ・リトレースメントを確認すると、今回

    のドル高は10月15日の105円20銭を底値に始まっています。

    12月8日の121円85銭までの上昇分は16円65銭となり、僅か2ヵ月弱で

    この上昇幅はさすがに行き過ぎの感はあります。

    上昇幅の23.6%戻しが117円92銭と計算でき、これは前日のNYの底値と

    ほぼ一致します。

    次に38.2%戻しを導きだすと、115円49銭になり、このレートは足元のそ

    れと余りにも乖離しているため、現時点では参考値です。

    次に、日足の「基準線」が117円75銭辺りにあり、昨日の下落はほぼこの水準

    で止められています。

    さらに日足のボリンジャーバンドの移動平均線(25日)は117円70線にあり、

    こちらはぴったりです。

    つまり、NYで下げ止まった117円70-75銭辺りは、重要なサポートレベル

    ということが言えます。

    本日もNYダウの大幅安を受け日本株も大きく値を下げそうです。

    ドル円もそれに連動して、ドルの下値を試す展開が予想されます。

    先ずは、NYの底値である117円70銭前後と節目の117円50銭辺りが下値

    のメドとなり117円台前半ではドル買い需要もそこそこ見られそうです。

    突っ込み売りだけは避けたいところですが、117円50銭前後を試す展開になる

    と、年内のレンジは115-120円のレンジを形成し、120円を超える部分は

    「オーバーシュート」だったことになりそうです。

    予想は117円30銭~118円80銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。