FC2ブログ

原油価格大幅続落で円買われる 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 原油価格の下げが世界的な株価の下落につながり、ドル円を押し下げる。

    「リスクオフ」の流れがメインとなり、円は主要通貨に対して上昇する中、

    ドル円は117円56銭まで下落。

  • ユーロドルはFOMCを前にポジション調整から1.2478まで

    ユーロ高が進む。1.24台では方向感もなく、売り買い交錯。

  • 株価は続落。鉱工業生産が予想を上回ったものの、原油安が重石となり

    ダウは3日続落。他の株価指数も軒並み下落。

  • 債券相場は反落。FOMCでは文言が変更されるとの見方が強く、

    債券価格は下落。

  • 金は4日続落。原油はUAEが減産に対して否定的だったことから

    55ドル台まで続落。

  • 11月鉱工業生産  → +1.3%

  • 12月NAHB住宅市場指数  → 57

  • 12月NY連銀製造業景気指数 → -3.58

    本日の注目イベント

  • 豪   RBA議事録

  • 中   中国 12月HSBC製造業PMI(速報値)

  • 独   独12月ZEW景況感指数

  • 欧   ユーロ圏10月貿易収支

  • 英   英11月消費者物価指数

  • 米   11月住宅着工件数

  • 米   11月建設許可件数

    原油価格の下落が止まりません。

    昨日のWTI原油価格は、OPECの減産を否定するアラブ首長国連邦

    (UAE)の発言が嫌気され、約5年ぶりの安値となる55ドル台まで下

    落しました。UAEの石油相は、原油価格が1バレル=40ドルに下げて

    も減産を見送るだろうと述べています。

    原油価格の下落が、NY株式市場の下落につながり、「リスクオフ」モー

    ドが再燃。円はドルだけではなく主要通貨に対して買い戻されています。

    ドル円は117円56銭までドル安円高が進み、先週記録した117円43

    銭も意識される展開です。この水準を下抜けすると、11月19日以来とな

    る116円台もあるかもしれません。

    原油価格の下落は80ドル台後半から始まりました。

    当初、原油価格の下落は車社会の米国にとっては「プラス」と見られており、

    株価も上昇していました。それが、65ドルを割り込むころから、株価に

    「マイナス」との見方が定着し、足許では原油が下がれば株が売られる構図

    です。

    ブルームバーグによると、米国の原油生産が30年ぶりの高水準となり、世

    界的に供給余剰が拡大していることが背景だとしていますが、原油先物市場

    もかなり投機的な動きが相場を支配していることも事実で、何かのきっかけ

    で急反発することも十分考えられます。

    ドル円は「日足」を見ると、昨日までの下落でも「基準線」で支えられている

    格好です。

    現在「基準線」は118円22銭前後にあり、これまで4日間は概ねこのレベ

    ルで下げ止まっています。しかし、今日は「基準線」を下回って取引が開始さ

    れておりドルの下値を試す展開が予想されます。

    衆院選で自民党がまずまずの勝利を収めたにもかかわらず、昨日の日経平均株

    価は大きく下げました。

    これは衆院選の結果というよりも、先週末のNY株式市場が大幅に下落したこ

    とによる影響だと見られます。

    円安と株高がセットで急速に進行し、市場がやや楽観的になっていたところに

    原油安が起こり、為替市場と株式市場では巻き戻しが活発になっている状況です。

    このような動きは、米国が来年利上げに踏み切る前後におこるのではないかと予

    想していましたが、今の段階で調整が行われていることは、むしろ利上げに伴う

    混乱が軽微で終わることになる可能性もあります。

    今日も株価の行方に注意しながら、ドル円がどこまで下がるかが焦点になります。

    下値のメドは先ず、NYの安値である117円55銭前後です。

    そして、先週記録した117円43銭も意識されることから、117円台半ばが

    重要なサポートと見ることが出来ます。

    さらに、4時間足の「200日線」がある、117円12銭前後も重要な値位置

    です。予想レンジは117円~118円50銭程度と考えます。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。