FC2ブログ

ユーロドル2年7ヶ月ぶりの安値 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • ドル円は堅調に推移。株価も続伸し、原油も反発したことで、リスクオン
    モードがやや広がり、ドル円は119円63銭まで上昇。

  • ユーロドルも大きくユーロ安が進み、一時は2012年7月以来となる
    1.2221までドル高ユーロ安が進む。原油安を背景としてデフレ懸念が
    強まる。

  • 株式市場は3日続伸。原油価格が上昇に転じたことで, エネルギー株が
    相場を牽引。S&P500は0.5%上昇し、月初からの下げを埋めた。

  • 債券相場は反発。このところの下落から自立反発の上昇を見せたが、休暇前の
    ポジション調整の面もあり、長期金利は2.16%台に低下。

  • 金は3日続伸。原油は急激な下げが続いたことから、値ごろ感による
    買いも入り56ドル台まで反発。



本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏12月消費者信頼感(速報値)
  • 米   11月中古住宅販売件数  


原油価格がようやく反発したことで、ロシアルーブルも買い戻され、
株式市場も続伸。ドル円も119円63銭までドル高円安が進みました。
ただ、今回の動きはどちらかと言えば、ユーロドルに引っ張られた印象が
あります。
ユーロドルは1.2221までユーロ安が進み、2012年以来、約2年
7ヶ月ぶりの水準まで売られて来ました。
急激な原油安が物価下落圧力となり、ユーロ圏のデフレ懸念が一層強まっ
たことで、早ければ来年1月にも量的緩和に踏み切るのではないかとの見方が
広がっていることが背景です。

ドル高ユーロ安が進んだことで、ドル円でも円売りが優勢になった面も
ありましたが、それでもまだ上昇への弾みが付くと思われる119円60ー70銭を
抜けていません。
この水準には「4時間足」の「雲の上限」があり、結局この雲に上昇を抑えられた
格好になっています。
従って、今日の上値のメドも先ずはこの水準をしっかり上抜けできるかどうかを
見極めたいと思います。

ドル円は12月8日の121円85銭を天井に、115円57銭まで下落
しました。既に下落幅の61.8%戻しは完成させているため、テクニカル的には
再び上昇トレンド入りした可能性が高いと思われます。
それでも、まだ依然として原油価格は低位で推移しており、原油安再燃も払拭され
たわけではありません。
原油価格の動きと、それに伴うか株価の行方がドル円にとっても重要な「鍵」である
ことは変わっていません。

今週はクリスマス休暇のピークです。
そろそろ市場参加者も減り始めているようですが、今年のドル円からはまだ目を
離すわけには行きません。
相場を動かす材料には不足しますが、「異次元緩和」の副作用としての高ボラティ
リティーは残りそうです。
特に、先週末のユーロドルの動きが気になります。
ユーロ安をきっかけにドル円がさらに上昇するリスクは残っており、クリスマス
休暇開けの今週末から来週にかけてはユーロドルの動きにも注意したいと思います。

NY株式市場も3日続紳し、今日の日本株も堅調に推移しそうです。
そうなるとドル円も上値を試す展開が予想され、上記水準と、大台の120円が
意識されます。
緩やかな上昇を予想しますが、下値のメドは119円05銭辺りと、118円80銭
前後をサポートと予想します。
レンジは119-120円といったところでしょうか。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。