FC2ブログ

NYダウ最高値更新でドル高進む 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は米GDPの大幅上方修正に反応し、ドル買い円売りが加速。
    ほぼ2週間ぶりとなる120円80銭まで上昇。株価の上昇もあり、原油安を
    きっかけに急落する前の水準をほぼ回復。

  • ユーロドルもドル買いが優勢となり、一時1.2165と2012年8月
    以来となるユーロ安を記録。好調な米景気と、ギリシャ情勢がユーロ売りに
    つながった。

  • 株式市場はまちまちながら、GDP確報値を受けダウは5日連騰し、節目の
    1万8000ドル台を維持して取り引きを終える。

  • 債券相場は反落。GDPが大幅に上方修正されたことから、利上げ観測が
    前倒しになるとの見方が広がる。長期金利は2.26%台まで上昇。
  • 金は続落。原油は反発し57ドル台まで上昇。

  • 11月耐久財受注          → -0.7%

  • 10月FHFA住宅価格指数     → +0.6%

  • 7-9月期GDP(確報値)     → +5.0%

  • 11月新築住宅販売件数       → 43.8万件

  • 12月リッチモンド連銀製造業指数  → 7

  • 11月個人所得           → +0.4%

  • 11月個人支出           → +0.6%

  • 11月PCEコアデフレター     → +1.4%



本日の注目イベント

  • 米 株式、債券市場は短縮取引
  • 米   新規失業保険申請件数

    昨日の東京市場が休場の間に120円台に乗せたドル円は、米7-9月期のGDP確報値が
    「+5.0%」と、改定値から大幅に上方修正されたことで120円台後半まで円売りが
    進みました。
    年内は115-120円のレンジで推移すると予想していましたが、株価との相関度が
    強いドル円はNYダウが5日連騰し、原油安から急落する前の水準のみならず、大台の
    1万8000ドルまで上昇し史上最高値を更新したことで、ドル円も素直に「買い」で
    反応したようです。

    それにしても米景気の力強さを改めて認識させられました。
    7-9月期の速報値は「+3.5%」でしたが、それが改定値で「+3.9%」に
    上方修正され、さらに今回の確報値では「+5.0%」に大幅修正でした。
    好調な個人消費と、設備投資が景気を牽引しており、ここはやはり原油安がじわじわ
    個人消費を拡大させている効果が出てきたと思われます。
    11月の個人消費も市場予想を上回る結果が出ています。

    昨日は多くの米経済指標も発表されています。
    ミシガン大学消費者マインド確定値は市場予想とほぼ一致し、耐久財受注は予想を
    下回っていました。
    また、新築住宅販売件数も予想を下回ったものの、GDPの上方修正が、マイナス部分を
    全て吹き飛ばした格好です。
    市場も「好材料にはすぐに反応する」センチメントが醸成されていると見られます。

    こうなってくると、年内にも今月8日に記録した121円85銭までドル円は上昇する
    のではないか、といった見方も出てきそうです。
    確かに可能性は出てきましたが、できれば来年への「お年玉」としてとっておきたい
    というのが正直な感想です。
    今のこの市場のセンチメントは、ちょうど1年前の状況に似ているように思われます。
    昨年は年末にかけては100円を超え、105円45銭までドル高が進み、
    2014年には早々に110円まで上昇する、といったあの雰囲気です。
    ドル円は約1ヶ月余りで100円台後半まで落ちたことは、記憶に新しいとこころです。

    ギリシャの大統領選を巡る混乱もあり、原油価格もまだ57ドル台です。
    中国のシャドーバンキングの影響などは、話題にも出てきません。
    ドル高円安が継続されるとの基本的なスタンスを維持しながらも、慎重に対応してい
    きたいと思います。

    本日もNYダウの大台達成を受け、日経平均株価もかなり上昇しそうです。
    上げ幅が300円を超えるようだと、121円台まで円売りが加速する可能性も
    ありますが、年末を控え、121円台ではドル売り注文も置かれているはずです。
    輸出企業の為替担当者も、121円台で為替を押さえ、いい正月を迎えたいと
    考えているに違いありません。
    レンジは120円~121円20銭程度にしたいと思います。

  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。