FC2ブログ

ユーロドル1.18台半ばへ急落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は120円台後半まで上昇した後、米長期金利の低下を受け

    119円80銭近辺まで売られたが、ユーロドルでドル高が進んだことで、

    120円台半ばまで戻す。

  • ユーロドルはECBの緩和観測やギリシャの混迷から売りが優勢に。

    一時は1.20近辺までユーロ安が進み、ほぼ安値圏で引ける。

  • 株式市場は朝方は軟調な展開だったが、引けに掛けては持ち直し

    ダウは9ドル高と、今年最初の取引を上昇で終える。

  • 債券相場は堅調に推移。ISM製造業景況指数が予想を下回ったことが

    買い材料に。長期金利は2.11%台まで低下。

  • 金は小幅に反発。原油価格は需給の見通しが売りにつながり52ドル台で引ける。

    本日の注目イベント

  • 独   独12月消費者物価指数(速報値)    

  • 英   英12月建設業PMI

    明けましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたします。

    さて、2015年もいよいよ本日より本格的に始まります。

    今年も為替は大きく揺れ動くと予想しています。

    それは、いよいよ今年中に米国が金融政策の正常化に向けての一歩を踏み出すことに

    なるからです。

    実質ゼロ金利政策を終え、政策金利であるフェデラルファンド金利(FF金利)を引

    き上げると想定されるからです。

    現時点では「本年6月ごろに引き上げる」というのが市場のコンセンサスですが、

    そのタイミングを巡って早まればドル高に振れ、遅くなるようならドルが売られる状

    況が考えられます。

    またそのタイミングで米長期金利が上下することにもなり、ドル円にも影響を与えま

    す。昨年も、利上げの時期を巡って為替が大きく変動したことを考えると、利上げが

    実施されることになると今年も、昨年以上に為替が動くと考えても不思議はありま

    せん。

    利上げは、基本的には株式市場にとっては「マイナス要因」になります。

    従って、利上げ→株価下落→リスクオフ→円買いドル売り、といった連鎖が想定され

    ますが、必ずしもその通りに動くかどうかは分かりません。

    それは今米国では、景気回復とデフレ圧力が同時に進行していると思われるからです。

    景気回復は米企業業績の向上につながり、株価を押し上げる効果があります。

    そもそも、利上げに踏み切る背景は「景気が拡大している」からに他なりません。

    このことを忘れてはいけません。

    「米国の一人勝ち」は、昨年いやというほど見せ付けられました。そして、今年もそ

    の状況に変化はないものと思います。

    景気回復と低インフレが同時に進行している状況です。

    カギを握るのは長期的には「原油価格」の動向ではないかと思います。

    今年も原油価格は下落して取引が始まっており、原油価格のさらなる下落で、米株式

    市場がどのような反応を示すかによって、ドル円の値位置も変わってきそうです。

    目先の材料としては、ユーロ圏の動向です。

    年明け早い時期にECBが「追加緩和」に踏み切るものと思われますが、ドイツ連銀

    など、理事会での合意形成が得られるのか注目されます。

    さらにギリシャの混乱からも目が離せません。

    ギリシャでは25日にも総選挙を実施する予定ですが、サマラス首相は、「ギリシャ

    がユーロ圏にとどまるかの運命を決める総選挙だ」と位置づけています。

    同首相は3日の演説で、「野党・急進左派連合の掲げる政策ではギリシャはデフォル

    トに陥り、ユーロ圏からの離脱を余儀なくされる」と訴えています。

    年明けのオセアニア市場ではユーロドルが1.20の節目を大きく下抜けして1.1

    8台半ばまで急落しています。

    ギリシャ問題と緩和観測がユーロを一段と押し下げた格好です。

    ユーロドルがさらに下げるようだと、ドル円でも「ドル高円安」につながる可能性も

    あり、ドル円を手がけている投資家にとっても、ユーロドルの動きに注目する必要が

    あります。

    本日のレンジは119円80銭~121円程度を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。