FC2ブログ

月別アーカイブ

 2015年01月 

ECB 量的緩和を決定 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 予想通りECBが大規模な量的緩和を決めたことでドルが全面高。

    ドル円は117円台前半まで下落した後、ECBの決定を受け

    118円67銭近辺まで上昇。日米欧の金融政策の違いが見直された。

  • ユーロドルもECBの決定を好感し1.16台から急落。一時は

    1.13台前半まで売り込まれた。

  • 株式市場はECBの量的緩和や好調な企業業績を受け大幅に続伸。

    ダウは259ドル高と、1万7800ドル台を回復。

  • 債券相場は小幅に続落。資金が債券から株式に流れたとの指摘。

    長期金利は1.88%台まで上昇。

  • 金は緩和発表を受け続伸。約5ヶ月ぶりに1300ドル台に乗せる。

    原油は在庫が予想以上に増えていたことで反落。

  • 米11月FHFA住宅価格指数 → +0.8%

  • 米新規失業保険申請件数    →30.7万件

    本日の注目イベント

  • 中   中国 1月HSBC製造業PMI(速報値)

  • 独   独1月製造業PMI(速報値)

  • 独   独1月サービス業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏1月製造業PMI(速報値)

  • 欧   ユーロ圏1月非製造業PMI(速報値)

  • 英   英12月小売売上高

  • 米   12月中古住宅販売件数

  • 加   カナダ11月消費者物価指数

  • 加   カナダ11月小売売上高

    ECBは事前予想通り大規模な量的緩和を決定しました。

    一部には毎月500億ユーロ以下との予想もありましたが、毎月600億ユーロと、

    市場を満足させるには十分な規模で、さらに実施期間も3月から2016年9月ま

    でで、総額1兆800億ユーロになる規模です。

    また物価上昇がインフレ目標に届かない場合には、延長することも示唆しています。

    購入債券は国債だけではなく、EU関連の国際機関が発行したユーロ債も対象とし、

    国債についてはECBへの出資比率に応じた割り合いで購入する模様です。

    注目のギリシャ国債については、25日の選挙結果を受けて発足する新政権が、財

    政再建の公約を守るなどの条件をつけた上で購入します。

    全体的に見れば今回のECBの決定は市場の期待に十分答えたと評価できます。

    これまでの金融政策や長期資金の供給だけでは景気浮揚の効果が見込めず、日米が

    実施した「非伝統的手段」に着手するほか方法がないところまでECBも追い込ま

    れたと言うことです。

    ユーロドルはこの決定を受け1.16台前半から1.13台前半まで約300ポイ

    ント下落しました。

    ユーロドルはこれまで1.14台で下げ渋っていましたが、どうやら下値を抜け、

    1.1台、あるいはパリティー(1.0)まで下落する可能性が高まってきました。

    ドル円は118円台後半がやや「壁」になっている印象はありますが、119円台

    にしっかり乗せれば「日足」の「雲」を上抜けしたことになり、上昇に弾みがつき

    そうです。ただし、昨年の121円85銭の高値をつけてから、約1ヶ月間上値を

    抑えられてきました。実需も含めて、相当なドル売り意欲も見られると思います。

    121円85銭を超えていくには、やはりもう一つ後押しが必要です。

    最大の材料は日銀の追加緩和ですが、前日の黒田総裁の記者会見からはヒントは見

    られませんでした。次に期待できそうなのが株価の上昇に伴う「リスクオン」の拡

    大です。昨日もECBの決定を受けて欧米の株価は上昇しました。

    NYではS&P500とナスダックが、年初からの下落分をほぼ埋めて上昇してい

    ます。

    低金利に加えて、市場にあふれた資金がより高利回りを求めて株式市場に流れ込む

    状況も考えられます。

    既に日本の長期金利は0.2%台です。ドイツでも0.4%を割れました。

    1.8%台の米国債が相対的に魅力的ということになります。

    特に日本の機関投資家は運用難に苦しんでおり、米国債への資金配分を増やすこと

    も予想されます。円を売ってドルを買い、その資金で米国債を購入する構図も想定

    されます。

    上述のように、ドル円は119円台に乗せられるかどうかがポイントになろうかと

    思います。

    本日は株価の上昇に伴ってどこまでドルが買われるかに注目です。

    予想レンジは118円~119円30銭程度にします。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。