FC2ブログ

月別アーカイブ

 2015年01月 

ユーロ大きく反発 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は、ギリシャの総選挙で急進左派連合が勝利したことから、

    アジア市場では117円台前半までドル売りが進んだ。その後は

    徐々に買い戻され、ユーロ圏からの離脱はないとの見方が広がり

    118円台半ばまでドルが買い戻される。

  • ユーロも対ドル、対円での買戻しが優勢となり、ユーロドルは

    1.13目前まで上昇。一時130円台まで下落したユーロ円も

    133円台後半まで値を戻す。

  • 株式市場は朝方ギリシャ選挙の結果を受けて軟調に始まったものの、

    結局主要3指数とも小幅高で取引を終える。

  • 債券相場も上昇して始まったが、引けでは小幅安。長期金利は

    1.82%台まで上昇。

  • 金は続落。原油価格も44セント安で45ドル台前半に。


    本日の注目イベント

  • 中   中国 12月工業生産

  • 中   中国 12月景気先行指数

  • 英   英10-12月期GDP(速報値)

  • 米   12月耐久財受注

  • 米   11月ケースシラー住宅価格指数

  • 米   12月新築住宅販売件数

  • 米   1月消費者信頼感指数

  • 米   1月リッチモンド連銀製造業指数

    ギリシャの総選挙では、事前予想通り急進左派連合が勝利し、ツィプラス党首は公約

    どおり反緊縮財政の考えを改めて表明しました。

    昨日の朝方は急進左派連合勝利の報道に、「リスクオフ」の流れが強まり、ドル円は

    117円27銭まで売られましたが、その後は徐々に買戻しが入り、欧州市場ではギ

    リシャのユーロ圏からの離脱はないとの見方が広がり、ユーロが大きく反発しました。

    ツィプラス党首も、緊縮財政は取りやめると発言はしているものの、ユーロ圏からの

    離脱は望んでいないと伝えられています。

    EUやECBあるいはIMFからの支援は2月に切れる予定ですが、今後はユーロ圏

    の財務相会合の席でギリシャへの支援の内容が議論されることになります。

    新政権にとっても、トロイカからの支援がなければ財政が持たないことは理解してい

    るはずで、新政権が反緊縮財政を全面に出せば、ドイツなどが難色を示すことになり

    ます。

    そのあたりの交渉が今後の大きな焦点になりますが、ひとまずギリシャのユーロ圏か

    らの離脱は非現実的であるということのようです。

    仮に離脱して、通貨を元の「ドラクマ」に戻しても、「ドラクマ」は市場で相当厳し

    い売り圧力にさらされ通貨安が進むことになります。

    その結果、ギリシャ国民がハイパーインフレに悩まされることになります。

    ECBの量的緩和決定に次いで、ギリシャの総選挙が終わり、これで材料出尽くし感

    がユーロの買戻しにつながっているものと思います。

    ユーロドルはほぼ1.1近辺で下げ止まり、ユーロ円も130円台を底値に反発してき

    ました。個人的には、このままユーロが反転するとは思えず、インフレ率の低下、高

    失業率、さらには成長率の鈍化など、不安材料は多く存在し、ユーロ圏の先行きに明

    るい兆しが見えるまでには多くの時間が必要です。ユーロ売りが大きく積み上がった

    ことと、ユーロに対する総悲観がユーロの反発につながったに過ぎないと考えていま

    す。今後はギリシャ新政権の対応次第では、再びユーロが売られることは十分考えら

    れます。

    ドル円は118円台後半から上値が重い一方、下値も115円台半ばが抜け切れません。

    先週からはさらに、下値も切りあがっており、今朝の市場関係者の指摘でもありまし

    たが「三角保ち合い」(さんかくもちあい)を、日足では形成しつつあります。

    115-120円のレンジの中でも、徐々に相場が収斂されて来ると見られますが、

    このレンジをどちらかに抜けるにはまだ時間がかかりそうな状況です。

    米国の利上げ観測が前か後にずれることが、最もインパクトを与えると見られますが、

    今週のFOMCやGDPの発表がそのきっかけになる可能性もあります。

    また、原油価格の動向からは関心がやや薄れて来てはいますが、依然として45ドル

    台で推移している原油価格からも目が離せません。

    今日はドル円が堅調に推移しそうですが、「壁」になっている118円80-119

    円が抜けるかどうかがカギになりそうです。

    レンジ相場と割り切れば、このあたりからドル売りが並ぶものと思われますが、「重

    い」という印象が再確認されるようだと、再び117円台もあろうかと思います。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。