FC2ブログ

ギリシャ情勢悪化に市場はやや混乱 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はアジア時間の早朝に122円を割り込んだが、その後は

    ドル買いが勝ってジリ高に。NYでは122円90銭までドルが上昇したが

    ギリシャ情勢が不透明なことからドル買いも続かず、122円55-65銭で

    取引を終える。

  • ユーロドルも国民投票で緊縮策を否決した後のギリシャ情勢が読めずに

    1.10台でもみ合い。先週の混乱に比べたら値幅も縮小。

  • 株式市場は続落。原油価格が急落したことを受け、エネルギー株が

    下げを牽引。ダウは朝方上昇する場面もあったが、結局46ドル安で引ける。

  • 債券相場は続伸。ギリシャの国民投票で緊縮策が否決されたことで、

    不透明感が高まった。長期金利は2.29%台まで低下し、ドイツの長期金利も

    0.7%台へと低下。

  • 金は反発。原油はギリシャの混迷を受け、4月半ば以来となる52ドル台へ

    急落。

  • 6月ISM非製造業景況指数    → 56.0

  • 6月労働市場情勢指数(LMCI) → 0.8  


    本日の注目イベント

  • 豪   RBAキャッシュターゲット

  • 日   6月マネタリーベース

  • 独   独5月鉱工業生産

  • 英   英5月鉱工業生産

  • 米   5月貿易収支

    ギリシャの国民投票では、どちらが勝っても「僅差」との予想だったが、

    結果は緊縮策反対が61.3%で賛成が38.7%と、「大差」で否決

    されたことが、やや驚きでした。それでも市場は、1週間前の動揺と比

    べると落ち着きもあり、ドル円は早朝のインターバンクで121円70

    銭近辺を記録したが、その後は終始122円台でした。

    ユーロドルも一時1.10を割り込んだものの、その後はユーロが買い

    戻される展開でした。

    ただ日経平均株価は昼過ぎに500円を超える下げを見せ、先週の60

    0円に迫る下げに比べたら下落幅は小さかったものの、結局427円下

    げて取引を終えており、こちらは先行き不透明感が増し為替に比べたら、

    そこそこの混乱でした。その後の海外市場でも相場の変動はあったもの

    の、総じて落ち着いていたように思います。

    国民投票で緊縮策に反対という国民の声を「武器」に、チプラス首相は

    債権国側に新たな提案をを行う予定です。

    6割以上が反対票を投じられ、「民意」が出された以上、債権国側も交

    渉のテーブルに着かないわけには行かず、チプラス首相がテレビ演説で

    訴えていたように、反対票が多ければ多い程交渉を有利に進めることが

    できそうな状況です。

    それに対して、ユーロ圏首脳は警告を発しています。

    パリでオランド仏大統領と会談したメルケル独首相は、「時間切れが迫

    っている」とし、「あすは、どのように事態を前進させるべきかを、ギ

    リシャ首相がわれわれに説明することが重要になる」と述べています。

    本日7日は改めてユーロ圏首脳会議と、ユーロ圏財務相会議が開かれる

    ことになっています。この席で、ギリシャがどのような提案をするのか、

    またユーロ圏首脳がどのようは対応をみせるのかまだまだ、先行きは不

    透明で、ギリシャのユーロ圏からの離脱も否定できない状況が続きます。

    ギリシャでは引き続き銀行は休業しており、営業再開には至っていません。

    このままでは、銀行の店頭から現金がなくなるのも時間の問題との指摘も

    あり、ECBはギリシャの銀行向け緊急流動性支援(ELA)の上限据え

    置きを決めています。

    しかし、これもギリシャがユーロ圏から離脱するようだと途絶えることに

    なり、その時はデフォルトが決定的になるものと思われます。

    ギリシャは10日に20億ユーロ、13日に4.5億ユーロ、17日に1

    0億ユーロ、さらに20日にはECBに35億ユーロの返済が控えていま

    す。

    ドル円は122円前後が底堅い展開ですが、まだ先行き予断は許しません。

    上述のように、今週の交渉の結果次第では再びドルの底値を試しに行く可

    能性がないとは言えません。ただそれでも現時点では、米国の利上げ観測

    がなくなったわけではないことから、ドルの大幅な下落は考えにくく、仮

    に120円台を試す展開があったとしても、長続きはしないと予想してい

    ます。本日もギリシャに振り回される展開が予想されますが、レンジは

    122円ー123円程度を予想しています。

    昨日のNY市場での高値である122円90銭が抜けるようなら、123

    円30銭程度までの上昇があるかもしれませんが、ユーロ圏首脳会議の内

    容次第では昨日の下値の水準も意識しておく必要もあります。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。