FC2ブログ

ギリシャ情勢依然として進展なし 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はギリシャ情勢と中国株の不安定さが重しとなり、

    122円01銭までドル売りが進む。午後には株価が急速に

    値を戻したことで122円台半ばまで反発して引ける。

  • ユーロ圏財務相会合で新たな進展が見られなかったことから

    ユーロドルは売られ、1.0916までユーロ安が進行。その後は

    ユーロの買い戻しも見られたが、徐々に上値を切り下げる展開が

    定着か。

  • ギリシャ問題で進展が見られないことからダウは大きく値を下げ、

    一時は200ドルを超える下落。午後にはギリシャが新たな改革案を

    提示することを約束したとの報道に急速に値を戻し、ダウは93ドル高

    で取引を終える。

  • 債券相場は続伸。ギリシャ問題と中国株懸念から買い物を集める。

    長期金利は2.25%台まで低下。

  • 金は大幅に反落し1152ドル台に。原油は小幅ながら4日続落。


  • 5月貿易収支   → 418.7億ドルの赤字  

    本日の注目イベント

  • 日   5月国際収支

  • 日   6月景気ウォッチャー調査

  • 米   FOMC議事録(6月16、17日分)

  • 米   5月消費者信用残高

  • 米   ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演


    毎朝のこのレポートも、連日ギリシャの話題一色です。

    今朝もそのギリシャから始まりますが、昨日はユーロ圏首脳会議に先立ち、

    財務相会合が行われました。この会議には新たにギリシャの財務大臣に任

    命されたチャカロトス新大臣がデビューしましたが、特段進展はなかった

    ようです。

    この状況に、ドル円は122円近辺までドル売り円買いが進み、ユーロド

    ルは1.09台前半までドル安が進み、この日は円が最強通貨で、次にド

    ルが来て、ユーロが最も弱い通貨になっています。また株価も、NYダウ

    は210ドルも下落し、ザラ場での今年の最安値を記録する場面もありま

    した。

    その後、ギリシャは新たな改革案を提示することを約束したと伝えられて

    いますが、メルケル独首相は数日中に合意しなければ時間切れになると警

    告しています。同首相は「われわれが選ぶ道筋は改革案なしではありえな

    い」とも述べています。今後ギリシャがユーロ圏からの支援を引き出すに

    は、納得できる改革案が不可欠ですが、チプラス首相は6割以上の緊縮策

    反対の声を後ろ盾に、どこまで債権国側に譲歩するのか不透明です。

    ブルームバーグに拠ると、1週間以上も休業が続いているギリシャの銀行

    は、ECBが緊急流動性支援(ELA)を増額しなければ、あと数日で資

    金が底をつき、預金者にも負担が及ぶ可能性があると伝えています。

    そんな中、ECB政策委員会のメンバーであるノボトニー・オーストリア

    中銀総裁は、ギリシャに対するつなぎ融資の検討はあり得るとの見方を示

    しています。

    同総裁は「ECBがつなぎとなるプログムを想定した一歩を踏み出せるか

    どうか、関連した議論はある」と延べ、「これが可能かどうかという点を

    まさしく議論する必要がある」と発言しています。

    ただ同時に、ギリシャが20日期限のECB向け35億ユーロの支払いを

    実行できない場合、ECBはELAを打ち切らざるを得ないだろうとも指

    摘し、「そうなれば事実上国家破綻、デフォルトになる」とし、「そのよ

    うな状況では、ECBはもはや一段の流動性を提供する立場ではなくなる」

    と語っています。

    チプラス首相も今度は時間稼ぎさえできいない状況に追い込まれていると

    も言え、同時にユーロ圏に残るのか、あるいは離脱するのかギリギリの選

    択を迫られています。

    ギリシャ情勢に加え、中国株の動向も懸念材料として急浮上して来ました。

    そのため、ドル円も122円前後では底堅い動きを見せる一方、上値も徐

    々に重くなっています。またユーロドルも1.10水準ではショートの買

    い戻しなどが入り、底堅かったですが、昨日は1.0916までユーロ安

    が進み、テクニカル的には下値を探るパターンを形成しつつあります。

    1.09台半ばでもみ合うようだと、日足では約2ヵ月半ぶりに「雲を下

    抜け」することになるからです。

    本日も上記、ギリシャと上海株に注意しながら、レンジは122円ー12

    3円を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。