FC2ブログ

ドル円120円台半ばまで下落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • 昨日の日経平均が683円下げたことで、ドル円は121円台まで
    円買いが進み、NYではさらに不安心理が拡大したことで円は
    120円41銭まで買われた。主要通貨全てに対して円が上昇。

  • ドル安が進んだことや、ギリシャが欧州安定メカニズム(ESM)
    に支援を要請したことでユーロドルは反発。1.11近くまで
    ユーロ高が進行。

  • 株式市場ではシステム障害が3時間半も続き混乱。中国や日本株が
    大きく売られたことでNY株式市場もほぼ全面安。ダウは261ドル下落し
    年初来安値を更新。

  • 世界的な株安から資金は債券市場に。米国債も4日続伸し、長期金利は
    2.19%台まで低下。

  • ドルが売られたことで金は反発し、原油は続落。

  • 5月消費者信用残高   → 160.8億ドル



    本日の注目イベント

  • 豪   豪6月雇用統計
  • 日   6月マネーストック
  • 中   中国 6月消費者物価指数
  • 中   中国 6月生産者物価指数
  • 独   独5月貿易収支
  • 英   BOE金融政策発表
  • 米   新規失業保険申請件数
  • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演
  • 米   ブレイナード・FRB理事講演
  • 米   ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演


    底堅い動きを見せていた日本株も、さすがにギリシャのデフォルトリスクが高まり、
    さらに上海株が下げ止まらないことから、昨日は638円も下げ、今年最大の下げ
    幅を記録しました。
    リスク回避の流れが強まり、円は主要通貨に対して全て買われ、NY市場では
    120円41銭まで
    円高が進んで来ました。
    122円前後がしっかりサポートされていましたが、一旦抜けると「堰を切った
    ように」ドルの下落が進んでいます。

    今週の月曜日に600円近い下げを演じた日経平均価は、昨日はそれを上回る
    下げで、2万円の大台を大きく割り込み、1万9700円台まで下げました。
    昨日のシカゴ先物では、さらに一段と下げており1万9285円台で引けており、
    本日も株は売り先行で始まりそうです。
    それに伴って円買いが進めば、120円割れも株価次第ではないとは言えなく
    なって来ました。

    この流れを断ち切るには、ギリシャへの支援問題が合意に達し、これを
    好感して、日本株と中国株が揃って大幅に反発するしかありません。
    そうなると、円が再び売られる展開も予想されますが、同時に今回の混乱に
    よってFRBの利上げ観測に影響がないかどうかを見極めることも重要です。

    昨日FOMCの議事録が公表されました。
    議事録では6月の利上げを主張するメンバーが一人いたようですが、それ以外は
    特に9月の利上げを示唆するような内容はなく、市場への影響はほとんど
    なかったようです。
    もっとも、この日は世界的な株価の下落と、NY証券取引所のシステム障害の
    影に隠れて注目されなかった面もあったようです。

    残り時間が少なくなっている中、ギリシャはESMによる新たな金融支援を
    EUに要請しました。
    ギリシャはESMで3年間の融資を受けることで、税制と年金改革を来週から
    実行するとし、金融上の義務全てを「全額かつ適切なタイミングで」履行する
    ことを約束しています。(ブルームバーグ)
    このためギリシャは本日にも具体的な財政緊縮策を提示する見込みになって
    います。
    ユーロ圏首脳が期限を「12日のユーロ圏首脳会議まで」ときめたことで、
    チプラス首相も態度をやや軟化させてきたような印象もあります。

    同首相は8日欧州議会で演説を行い、5日の国民投票結果について「ギリシャ
    国民は欧州との決別を選んだのではない。持続的で正当な解決に至るための取り
    組みの強化を政府に託したのだ」と
    説明しています。また、「ギリシャは緊縮の実験場になってしまった。
    この実験が失敗に終わったことを認めなければならない」とも述べており、
    これまでの「ユーロ圏はギリシャを域内から追い出そうとしている」と
    述べて、強硬姿勢を貫いてきた状況からは劇的な変化が見られます。
    またユーロ首脳がここに来てさかんに「ユーロ圏からの離脱」と言う言葉を
    表立って使い始めていることも影響を与えているかもしれません。

    欧州委員会のユンケル委員長は「ギリシャ離脱の詳細なシナリオを準備し
    ている」と明確に語っています。

    ギリシャ発の混乱が世界的な株価の下落を引き起こし、場合によっては
    米国の利上げを遅らせる可能性も出て来ました。
    世界経済は2008年のリーマンショックからようやく立ち直りを
    見せているところです。
    ギリシャのデフォルトがリーマンショクほどの影響を与えることはないと、
    多くの専門家が口を揃えますが、すでにその予兆は出ています。
    ユーロ圏首脳もそのあたりは感じているはずです。
    12日までに何とか合意に達する可能性はまだ残っていると思われます。

    本日のレンジ予想は難しいですが、120円~121円90銭程度に
    したいと思います。
    日本と中国の株価が引き続き大きく下げるようだと、120円の大台割
    れもあるかも知れませんが、定着はしないと考えています。

  • スポンサーサイト
    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。