FC2ブログ

月別アーカイブ

 2015年07月 

ギリシャ支援問題決着つかず  

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円はギリシャへの支援で合意が近いとの観測や、イエレン議長が

    年内利上げが適切と発言したことが材料となり、122円88銭までドルが

    買われる。株高や長期金利の上昇もドル高につながった。

  • ギリシャ支援で合意が近いとの見方にユーロドルも上昇。

    1.10台前半から1.12台に乗せる場面も。

  • 株式市場は大幅高。アジア株が総じて堅調だったことに加え、

    ギリシャ情勢の改善見通しに、ダウは211ドル上昇。

  • 債券相場は続落。株高とギリシャ情勢に終始売りが優勢な展開。

    長期金利は2.40%台まで上昇。

  • 金は小幅に続落し、原油は反落。


    本日の注目イベント

  • 中   中国 6月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏財務相会合

  • 欧   ギリシャ銀行休業期間最終日

  • 米   6月財政収支

    先週末のNY市場では、ギリシャへの支援問題が土曜日のユーロ圏財務相会合と、

    日曜日のEU首脳会議を経て、何とか合意に達するのではないかとの見方が広が

    り、ドル高が進みました。また、イエレンFRB議長が講演で、年内利上げ開始

    が適切だと、改めて述べたこともドル押し上げ要因でした。

    ギリシャが改めて提示した改革案が明らかになるにつれ、債権国側との主張とは

    依然として隔たりはあるものの、受け入れられるのでないかとの観測が広がり、

    市場のリスクがやや後退したとの感触が広がっていました。

    週末には、ギリシャ議会でもこの改革案が承認され、チプラス首相個人の信認は

    低下しているものの、議会が承認したことで、合意に向け一歩前進した格好にな

    っていました。このため欧州では、ドイツ国債が売られ、ギリシャ国債が買われ

    るなど、合意を織り込んだ動きになっていました。

    ところが、今朝は状況が一変し、再び暗雲が立ち込めています。

    昨日のEU首脳会議は中止となり、債権国側は、まずギリシャが経済改革法を成

    立させることを条件として、ギリシャに3日間の猶予を与えました。

    報道によれば、ドイツがさきの新しい提案には難色を示しているとありますが、

    先週の国民投票でチプラス首相が「反対」を勝ち取った際に、ユーロ圏首脳を名

    指しで批判したことが尾を引いているとの見方もあるようです。

    昨日12日でギリシャ問題に関する白黒が出て、どちらにせよ決着するのではな

    いかと見ていましたが、ボールは再びギリシャ側に投げ返されています。

    このため、週明けの今朝のオセアニアではドルが3週連続で「窓開け」して取引

    が始まっています。円が買われ、ユーロが売られる展開になっていますが、この

    不安定な動きはこの先、まだ少なくとも3日は続くことになりそうです。

    イエレン議長は講演で年内の利上げ開始が適切であるとの認識を示しながら、同

    時にギリシャや中国などの外部環境に注視していることも強調しています。

    議長は「金融政策の正常化を始めるのが年内のいつかの時点で適切になるだろう

    と考える。しかしながら強調しておきたいのは、想定外の展開によっては最初の

    一歩を先送り、あるいは早めることもあり得るということだ」と述べています。

    ギリシャ情勢がまだ不透明なことと、上海株が再び不安定な動きを見せるようだ

    と、直接米国への影響は限られると見られるものの、FRBの金融政策に影響を

    与える可能性も出てくるということのようです。

    特に15日の水曜日は、中国のGDP発表、ギリシャの猶予期限、さらにイエレ

    ン議長の議会証言など重要イベントが重なる「スーパー・ウェンズデー」になっ

    ています。ボラティリティーが高まることが予想されます。

    本日のレンジは121円50銭~123円50銭と、ややワイドに予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。