FC2ブログ

イエレン証言特にサプライズはなし 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • イエレン議長の議会証言では、特にサプライズはなかったものの

    引き続き年内の利上げ開始が適切との発言に、ドル円は123円97銭まで

    買われた。長期金利は低下したものの、発表された経済指標が概ね良好で

    ドルを下支えした。

  • ドル高が進んだことから、ユーロドルも大きく下落。1.0930まで

    ユーロ安が進み、安値圏で取り引きを終える。

  • 株式市場は5日ぶりに反落。ギリシャ議会で審議が始まったことや、

    緊縮策に反対するデモが拡大したことを嫌気して、3主要株価指数は

    揃って小幅に下落。

  • 債券市場は反発。イエレン議長が利上げペースは緩やかになるとの

    認識を示したことから債券は買われた。長期金利は2.35%台まで低下。

  • ドル高が進んだことで金は続落し、年初来安値を更新。原油も大きく売られ

    51ドル台に。


  • 6月生産者物価指数     → +0.4%

  • 7月NY連銀製造業景気指数 → 3.86

  • 6月鉱工業生産       → +0.3%

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏10月消費者物価指数(改定値)

  • 欧   ユーロ圏5月貿易収支

  • 欧   ECB金融政策発表

  • 欧 ドラギ・ECB総裁記者会見

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   7月NAHB住宅市場指数

  • 米   7月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   イエレン議長、上院で議会証言

  • 米  企業決算 →ゴールドマン・サックス、シティーグループ、グーグル、ブラック・ストーン

    注目されたイエレンFRB議長の議会証言では、これまでの内容を繰り返しただけで、

    特にサプライズはありませんでした。

    それでも市場では年内の利上げを意識されてドルが買われ、円やユーロが売られてい

    ます。この日発表されたNY連銀製造業景況指数などの経済指標が良好だったこともド

    ル高を支えた形でした。

    イエレン議長は公聴会で「経済が予想通り前進していけば、年内いずれかの時点でフ

    ェデラルファンド(FF)金利の誘導目標引き上げが適切になる可能性が高い」と指

    摘しました。議長は、ギリシャ問題や中国のリスクはあるとしながらも、米景気は年

    後半には成長が加速するとの認識も示し、失業率は緩やかに低下すると述べました。

    事実、米GDPは第一四半期が最も低調で、年の後半にかけて伸びていくことが多く、

    議長はこの点を意識して発言したものと思われます。

    ただ同時に年内の利上げ見通しはあくまでも予想であり、「ある特定の時期に利上げ

    するとの意図を示したステートメントではない」とも語っています。(ブルームバーグ)

    さらに、利上げを遅らせた場合の弊害にも触れ、仮に利上げを遅らせた場合、その後

    の利上げのペースが急激になる可能性があることも指摘しています。

    市場の見方は9月利上げを意識したコメントはなかったことから、現時点では12月

    利上げがコンセンサスになりつつあります。

    今月28-29日にもFOMCが開催されますが、今回はイエレン議長の会見はなく、

    声明文が公表されるだけです。

    従って、今後9月のFOMCまでにイエレン議長の利上げに関するメッセージを聞く

    ことは、基本的にはありません。

    焦点は、8月と9月の初めに発表される雇用統計次第ということになりそうです。



    ギリシャ議会ではユーロ圏側から要求された緊縮策につての審議が始まりましたが、

    アテネでは反対派のデモ隊が警察と衝突し、一部が暴動化しています。

    議会では、ツァカロトス財務相が、議員らに対して「私の仲間であるあなた方に言っ

    ておきたい。13日の午前9時半が私の人生で最も難しい瞬間だった。生涯重荷に

    なるような決断だった。われわれが正しいことをしたかどうかは分からないが、こ

    れをする以外に選択肢はなかったことは確かだ」と、債権国側の条件をのんだのは、

    苦渋の決断だったことを説明しました。(ブルームバーグ)

    議会では15日までに緊縮策を承認し法制化する必要がありますが、大差で可決さ

    れると見られています。

    ドル円は昨日のNY市場で123円97銭と、6月26日以来のドル高水準を記録し

    ていますが、この時も結局124円台は覗かずに折り返しています。

    従って、今日も124円台に乗せて安定できるかどうかがポイントになります。

    ギリシャ・リスクが後退し、中国株も政府の懸命のサポートが今のところ功を奏し

    ていることで、リスクオンが強まっていますが、まだ125円を抜けてドルが上昇

    していくイメージは描きにくい状況です。レンジブレイクにはさらに材料が必要か

    と思います。

    本日のレンジは123円40銭~124円40銭程度と予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。