fc2ブログ

月別アーカイブ

 2015年11月 

ドル円、依然膠着状態 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は引き続き上値の重い展開が続く。123円台を

    つける場面もあったが、株安と金利低下を背景に122円台半ば

    までドルが売られ、この日の安値圏で引ける。

  • ユーロドルでも利益確定のユーロ買いが優勢となり、1.08台

    前半までドル安が進む。主要通貨に対してドルは軟調。

  • 株式市場は大幅に続落。原油安が引き金となり、素材関連株が

    売られ、ダウは254ドル安と、ここ1ヶ月では最大の下げ幅を記録。

  • 株安から債券には買いが集まる。利上げ観測が根強いこともあり

    上昇幅は限られ、利回りも2.31%台と、小幅な低下に留まる。

  • 金は続落し1081ドルまで売られる。原油も続落し、2ヵ月

    半ぶりに41ドル台まで下落。

  • 新規失業保険申請件数   → 27.6万件

  • 10月財政収支      → -1365億ドル

    本日の注目イベント

  • 日   9月鉱工業生産(確定値)

  • 独   独7-9月期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏7-9月期GDP(速報値)

  • 欧   ユーロ圏9月貿易収支

  • 米   10月小売売上高

  • 米   10月生産者物価指数

  • 米   11月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

  • 米   ロレッタ・クリーブランド連銀総裁講演


    ドル円は引き続き上値の重い展開が続き、昨日も述べましたが、徐々に上値

    を切り下げています。ただ122円台半ばを割り込んではいないため、見方

    を変えれば「底堅い」とも言えます。先週末雇用統計の大幅な上振れをきっ

    かけに、一気に123円台まで急上昇したドル円でしたが、今週は方向感も

    なく、もみ合いが続いています。市場参加者も、ここからどうポジションメ

    イクを行っていくのか、攻めあぐんでいるようです。

    昨日はFOMCメンバーの講演が多くありましたが、いずれも市場へのイン

    パクトは限定的でした。筆者が最も注目したシカゴ連銀のエバンス総裁は講

    演で、「初回利上げを実施する際、FOMCは同時に将来の利上げを緩やか

    なペースで進めていく方針を明確、かつ効果的に伝達することが極めて重要

    だと考えている」と述べました。

    また、具体的には「FF金利誘導目標を2016年末まで1%を下回る水準

    に抑えることが適切だとみている」とも述べ、金利水準についても言及して

    います。

    この発言からは、同総裁が年内の利上げをどのように見ているかは判断でき

    ませんが、利上げを前提にした発言であることは窺えます。

    どうやら「ハト派」の重鎮であるエバンス総裁も、12月利上げに傾いてき

    たと見られます。

    またセントルイス連銀のブラード総裁は、労働市場とインフレが当局の目標

    水準に近いため緊急の政策は必要ないとして、FOMCはゼロ付近にある政

    策金利を引き上げるべきだと、こちらは明確な姿勢を見せています。

    (ブルームバーグ)

    こうして見ると、不統一だったFOMCメンバーの考えも、12月利上げに

    むけた方向に集約されてきたとの印象が強まりました。

    今夜の小売売上高と12月に発表される雇用統計が、よほど予想を大きく下

    回ることがないかぎり、利上げが実施されると予想します。

    昨日最も注目された人物はドラギECB総裁でした。

    同総裁はブリュッセルの欧州議会で証言し、「コアインフレ率が持続的に回

    復する兆候は幾分弱まった」と発言し、12月の理事会で追加緩和を行うこ

    とを改めて示唆したものと受け止められる発言を行っています。

    本日はNY株の大幅下落を受け、日本株も利益確定の売りに押されるものと

    思われます。日経平均株価で300円を超える下げを見せるようだと、ドル

    円も122円台半ば割れを1週間ぶりに試すとみられます。

    下値を大きく割り込む展開は想定されませんが、株価の下げ幅には注意が必

    要です。本日の予想レンジは122円~123円程度とみています。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。