FC2ブログ

米経済指標を受けドル円117円台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は米経済指標の悪化から売りが強まり下落。119円を割り込むと

    ドル売りが加速し、117円割れ目前までドル安が進む場面も。

  • ユーロドルもドル安から急伸。昨年10月下旬以来の高値となる1.1145

    近辺までユーロ高が進む。

  • 株式市場は乱高下。ISM非製造業景況指数が予想を下回ったことから

    大きく売られたが、原油価格が反発したことからダウは188ドル高で取引を

    終える。ナスダックは12ポイント下落。

  • 債券相場は反落。株価が上昇したことや、連日の高値更新から利益確定の

    売りに押された。長期金利は1.88%台まで上昇。

  • 金はドル安の影響から連日で高値を更新し、1141ドル台に。

    原油価格は買戻しが優勢となり2ドル40セント上昇し、32ドル台を回復。


  • 1月ADP雇用者数     → 20.5万人

  • 1月ISM非製造業景況指数 → 53.5


    本日の注目イベント少し大きい文字

  • 英   BOE金融政策発表

  • 英   BOE、四半期物価報告

  • 英   BOE議事録

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   12月耐久財受注


    ドル円は一気に117円割れ目前の水準まで売られ、ユ-ロドルも1.1145

    近辺まで買われ、ドル安が急速に進みました。

    昨日発表された1月のISM非製造業景況指数が「53.5」と、節目の「50」

    は維持したものの、市場予想を下回ったことが直接の原因でした。

    この指標は本来、ここまで相場に影響を与えない、どちらかと言えば注目度の低

    い「地味な指標」だったにも関わらず、ここまで反応したということは、それだ

    け市場が不安定になっており、だれも先行きを見通せない状況だということです。

    今朝7時過ぎには118円台を回復し、底値から1円以上の反発を見せています。

    製造業の減速は鮮明ですが、昨日は頼みの非製造業も先行きが不透明になったこ

    とで、米景気そのものへの懸念からドルが売られました。このままでは3月利上

    げはできないとの見方も台頭し、米金利の低下につながることで、株高、ドル安

    が進み、これまでの株高→ドル高の構図にやや変化が見られました。

    原油安、株安の影響を受けて米経済の先行きに暗雲が立ち込めている状況ですが、

    それでもFRBは景気の先行きには自信を持っていました。

    1月のFOMC声明文では、世界経済と金融情勢を「注視している」との文言を

    盛り込んでいましたが、利上げを決めた昨年12月時点の景気見通しからは、情

    勢が明らかに変化しています。NY連銀のダドリー総裁は昨日マーケットニュー

    ス(MNI)とのインタビューで、「昨年12月の会合時点に比べ、金融状況は

    大幅に引き締まっている」とコメントし、「このため3月会合の時点で、こうし

    た状況が続くなら、金融政策決定にあたって、それを考慮しなければならないだ

    ろう」と述べています。(ブルームバーグ)。

    状況によっては3月利上を見送る可能性があることを示唆したとも受け取れます。

    先週末、日銀がマイナス金利を導入する前のドル円は118円台半ばでした。そ

    の後一気に121円70銭までドルが買われましたが、やはりその賞味期限は1

    週間もなかったようです。ドル円は117円06銭までドル安が進み、政策決定

    前の水準を完全に下回ってきました。やはり下落時のスピードは早いという印象

    ですが、ここまで来ると再び重要な節目である115円が意識されてきます。

    黒田総裁は昨日の講演で、「必要ならばさらに金利を引き下げる」と発言し、日

    銀の緩和策の手詰まりを否定しています。

    マイナス金利導入をきっかけに、国債の利回りは急低下し、昨日は長期金利が0.

    45%台まで低下し、連日低水準を更新しています。

    セカンダリー・マーケットでは残存9年までもが、マイナス金利になっています。

    足元ではマイナス金利導入の限界がささやかれているのも事実ですが、昨日もこ

    の欄で述べた様に、国内の資金は行き場がなくなっています。

    日本国債は安全ですが、日銀が大量に購入していることもあり、そうは資金を向

    けらません。海外の国債や株を買うなど、その手段は限られてきました。

    円高がさらに進めば、上述のようにマイナス金利の拡大の可能性も高まります。

    これらの状況はいずれは、ジワジワと為替相場にも効いてくると予想しています

    が、原油価格や中国不安に加え、さらに米景気の不透明感も課題となって来まし

    た。ますます相場の先行きを読むことが難しくなって来ています。

    連日NY時間に入ると値幅が大きくなり、レンジ予想も簡単ではありません。

    そんな中、あえて予想をすれば117円30銭~118円80銭程度と見ますが、

    これはあくまでも参考程度に留めていただきたいと思います。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。