FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年02月 

ドル円、原油高・株高を好感 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場


  • ドル円は欧州時間に113円35銭まで下落したが、その後は
    持ち直す。NYでは原油価格が反発し、株価も続伸したことで
    114円台半ばまでドルが買われた。引け値は114円10-15銭
    まで小反落。

  • ユーロドルは軟調な地合いから1.10台前半まで下落したが、
    勢いはなく、1.1158まで反発。この日は方向感もなく小動き。

  • 株式市場は3日続伸。原油価格の反発に、エネルギー株やこれまでに
    売り込まれた銘柄が大幅に反発。ダウは257ドル上昇し、1万6400ドル台
    を回復。

  • 債券市場は3日続落。株高や原油価格の反発に、リスクオンの流れが
    広がり、売りものに押された。長期金利は1.81%台まで上昇。

  • 金は反発。原油価格はサウジとロシアが合意した生産維持案をイランが
    支持したこと好感し1ドル62セント上昇。10日ぶりに30ドル台
    半ばまで買われる。

  • 1月住宅着工件数    →  109.9万件

  • 1月建設許可件数    →  120.2万件

  • 1月生産者物価指数   →  +0.1%

  • 1月鉱工業生産     →  +0.9%

本日の注目イベント

  • 豪   豪1月雇用統計
  • 日   1月貿易収支
  • 中   中国 1月消費者物価指数
  • 中   中国 1月生産者物価指数
  • 欧   ECB議事要旨
  • 米   2月フィラデルフィア連銀景況指数
  • 米   新規失業保険申請件数
  • 米   1月景気先行指標総合指数
  • 米   ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演

前日サウジアラビアなどOPEC3カ国とロシアが原油生産量について協議した
ことが、これまで減産など、一切協議されないと見られていた産油国の動向に変
化が表れたと思っていましたが、昨日この合意にイランが支持を表明したことで、
WTI原油価格が大きく反発しています。

原油価格はピークの高値から5分の1程度まで下落し、それでも減産を求める声が
産油国からは上がっておらず、まさに「体力勝負」の状況でした。
サウジやロシアがひとまずテーブルについたことで、「最初の一歩」を踏み出した
と見ることができます。今後時間をかけながら「減産」に向け合意形成が図られる
と思われ、ゴールドマンなどが想定している
「原油価格は20ドルに」というシナリオも現実的ではなくなってきそうな状況です。

足元の為替相場は原油価格の動きに翻弄されており、原油価格が下がればリスクオ
フから円が買われ、反対に上昇すれば、リスクオンから円が売られる展開が続いて
います。OPECと他の産油国が減産合意に至るにはまだ道のりは遠いとは思いま
すが、協議のテーブルについたことで、投機的な売りに対する「抑止力」にはなる
と思われます。

原油価格の反発を受けてNY株式市場は大幅に反発し、安全資産の債券が売られて
います。ドル円も欧州時間には113円35銭まで下落した後、114円50銭ま
でドルが買い戻されるなど、依然として荒っぽい動きは続いていますが、次第に
113-115円のレンジに収束する気配は見せてきました。
原油価格と、中国が相場の鍵を握っていますが、その動きに株式市場が乱高下し、
こちらは為替市場よりも値動きが大きくなっています。

日経平均株価は、昨日の朝方は160円ほどの上昇を見せた後、上海株が下げると
一気にマイナスに転じ一時は420円程までマイナス幅を広げる場面もありました。
原油価格 →株価 → 為替相場が一本の線でつながっている状況です。

1月のFOMCの議事録が公表されましたが、多くの委員は商品価格の下落や金融
市場の混乱が米国経済にもたらすリスクが高まっているとの懸念を示していたことが
明らかになりました。
ただ利上げのペースについての記述は特になく、今後の経済・金融市場の展開と、
中期的な経済見通しへの影響に左右されるという内容に留まっています。

上でも述べたように、相場はやや収斂してきそうな雰囲気になって来ました。
3月には日米欧で重要な政策会合が開かれ、そこでより金融政策が明確になること
から、今後はその発表を待つ展開になる可能性も出てきます。
ボラティリティーも徐々に低下してくると思われますが、神経質な相場はまだまだ
終わりそうもありません。引き続き慎重な対応が求められます。

本日は朝方からドルが上昇しており、昨日のNYの高値を超えていけるかどうかが
焦点です。日本株も300円~500円程度上昇すると見られ、ドルの戻りを確認
する展開と見ます。

予想レンジは113円50銭~114円80銭程度とします。

スポンサーサイト



このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。