FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年03月 

ドル円114円半ばから反落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は日本株の大幅上昇を背景に海外市場では続伸し、

    NYでは114円56銭までドル高が進む。ただ、115円を

    試す勢いもなく、その後は113円台半ばまで1円以上も

    反落。

  • ドル高に引っ張られる形で、ユーロドルも1.08台前半

    まで続落。1カ月ぶりのユーロ安水準を示現。

  • 株価は上下を繰り返しながも小幅に続伸。ADP雇用者数が

    上振れしたことで、利上げ観測がやや高まり上値は抑えられた。

    一方で米景気に対する楽観的な見方も台頭し、ダウは34ドル高。

  • ADP雇用者数が伸びていたことで債券相場は続落。

    長期金利は1.84%台まで上昇し、約3週間ぶりの高水準。

  • 金は反発し1241ドルに。原油価格も在庫が減少していた

    ことから続伸し、一時は35ドル台を記録。


  • 2月ADP雇用者数 → 21.4万件


    本日の注目イベント

  • 豪   豪1月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏1月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏2月総合PMI(改定値)

  • 欧   ユーロ圏2月サービス業PMI(改定値)

  • 英   英2月サービス業PMI

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   2月ISM非製造業景況指数

  • 米   10-12月期労働生産性(確定値)

  • 米   1月耐久財受注


    昨日の東京時間では、株価が終始堅調で一時は700円を超える上昇を見

    せました。それでもドル円は、114円台に乗せると押し戻され、昨日こ

    こで述べたように、実需のドル売りがかなり持ち込まれたと思われ、上値

    が抑えられました。

    しかし海外市場に入ると、株価の上昇を好感したドル買いが活発となり、

    114円台半ばまで続伸し、NYでは114円56銭近辺までドル高が進

    行しました。

    「114円台半ばから上値は重い」とこの欄で指摘したように、NYでは

    高値を付けたあと急速にドルが売られています。

    まだまだ先行きの不透明感が強い状況下では、市場参加者の多くが、11

    5円を大きく超える円安は簡単ではないと予想していることが窺えます。

    結局114円台半ばで折り返してきたことで、110-115円のレンジ

    の可能性が高まったと見られます。

    このところ原油価格が底堅い動きを見せており、昨日は35ドル台前半ま

    で上昇する場面もありました。

    サウジアラビアを含むOPECとロシアが協議のテーブルに着いたことが、

    今後の「減産合意」につながるのではないかといった見方が相場を支えて

    いますが、まだそれほど楽観できません。

    「体力勝負」の状況下で懸念されるのはむしろ、米国のシェールオイル業

    界です。生産コストが50-60ドルとも言われ、「掘れば掘るほど赤字

    が膨らむ」状況です。そのため、掘削設備であるリグの数は、ピークの3

    分の1にまで減少しているとの報告もあります。

    今後、シェールオイルの資金を拠出しているファンドの破綻なども考えら

    れ、ここをきっかけにドルが売られる場面もないとは言えません。

    原油価格の下げ止まりや株価の上昇に加え、米長期金利も昨日は1.84

    %台まで反発し、ドル円を取り巻く環境は、以前ほど悪くはありません。

    それでも今の市場は1日でセンチメントが180度変わることも珍しくは

    ありません。ここはレンジ相場だと割り切り、回転を利かすしかなく、大

    きな利益は見込めないと考えるしかありません。

    米大統領候補もどうやら、クリントン候補とトランプ候補に絞られてきま

    した。

    どちらが大統領になっても、円が売られる可能性は低いとみられ、円高傾

    向が強まるとの見方が優勢です。

    二人とも円安が米景気を悪化させているとの論調ですが、これは支持を得

    るためのリップサービスと考えられます。

    どちらが大統領になっても、みずからの口で同じ発言をするとは思えませ

    ん。それでも仮にトランプ氏が大統領に選出されたら、あの歯に衣着せぬ

    発言は脅威です。既にアメリカの雇用については「中国が米国人の雇用を

    奪っており、日本が奪っている、日本がだ」と発言しています。

    同氏が次期大統領になる可能性は低いと見られますが、米国人自身が変わ

    ってきているため、何が起こるかわかりません。

    本日は引き続き上値は重いと見られますが、株価は大きく崩れないと思わ

    れ、下値も底堅いと見ています。

    予想レンジは113円~114円20銭程度とします。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。