FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年03月 

WTI原油価格38ドル台に 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は113円台で小動き。株価は上昇し、長期金利も

    上昇したもののドル円の上値は重く、113円台半ば前後で

    もみ合い。

  • ユーロドルも1.10を挟んで小動き。ECB理事会を控えて

    様子見の雰囲気が支配的。

  • 株式市場は原油価格の反発に、エネルギー株を中心に続伸。

    ダウは67ドル上昇。一方ナスダックは小幅に反落。

  • 債券相場は続落。株価の上昇にリスクオンの流れが広がり、

    債券は12月以降最長の下落局面に。長期金利は1.91%台

    まで上昇。

  • 金は反落。原油価格は米国のリグ稼動数が減少していたことや、

    生産調整の会合が開かれるとの見通しが買い戻しにつながり、一時は

    38ドル台まで上昇。


  • 2月労働市場情勢指数(LMCI)→ -2.4

  • 1月消費者信用残高       → 105.38億ドル

    本日の注目イベント

  • EU財務相会合(於;ブリュッセル)

  • 中国2月貿易収支

  • 豪2月NAB企業景況感

  • 独1月鉱工業生産

  • カーニーBOE総裁、カンリフBOE副総裁、講演

    NYダウは5日続伸し、長期金利は一時1.91%台まで上昇。

    さらにWTI原油価格は、約2カ月ぶりとなる38ドル台まで上昇しました。

    ドル円が買われる状況が整っているにも関わらず、114円台が重く、昨日

    のNYでは113円23銭まで下落する場面もあり、ドル円の動きが不透明

    になってきました。

    114円台半ばから上値では輸出企業を中心にドル売り注文が多く、さらに

    3月決算ということもあり、海外で稼いだ資金の還流もドル円の上値を抑え

    ていると思われます。また、今週からは日米欧で政策会合が開催されること

    も、動きを小幅にしている面もありそうです。先月中旬頃に比べると、1日

    の値動きが極端に少なくなっています。

    木曜日にはECBの金融会合があり、ここでECBは何らかの追加緩和策を

    決定することは、ある程度市場は織り込んできています。

    翌週に会合を行う日銀も追加緩和を実施しやすいとの見方もあるようですが、

    昨日都内で講演した黒田総裁は「今すぐに何かをやるということは考えてい

    ない」と発言し、市場の先走りをけん制するような発言を行っていました。

    もっとも、黒田総裁はマイナス金利についても「まったく考えていない」と

    発言した後に導入を決めたこともあり、発言をそのまま鵜呑みにできないと

    ころもあります。

    総裁はマイナス金利についても、今はその効果を見極めている段階で、徐々

    に株高と円安への効果がでてくるとの認識も示しました。

    足元では、確かに一時の混乱は小康状態です。

    原油価格は、20日にはサウジなどOPEC加盟国とロシアで、さらに一歩

    進んだ合意がなされるとの見方もあります。

    昨日はアラブ首長国連邦(UAE)の石油相が「増産しても、何の意味もな

    い」といった発言をしておりゴールドマンなどが予想した「WTI原油価格

    は20ドルまで下げる」という見方は急速に後退しています。

    ドル円は動きにくい展開ですが足元の動きは、現在113円30銭前後にあ

    る「1時間足」の200日線で下落を抑えられており、一方上値は113円

    65銭前後にある120日線で上昇を止められている格好です。

    本日は、このどちらが抜けるのか注目されます。

    予想レンジは112円80銭~113円80銭程度にしたいと思います。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。