FC2ブログ

月別アーカイブ

 2016年04月 

ドル円109円台を維持 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は熊本で発生した地震でドルが売られ、109円を

    割り込む場面もあったが、109円台前半から半ばで堅調に推移。

  • ユーロドルは続落。1.13台を明確に割り込み、

    1.12台半ばから後半で取引されたが小動き。

  • 株式市場はまちまちながら前日と変わらず。ダウは小幅ながら

    3日続伸し、ナスダックは1ポイント下落。

  • 債券相場も小動きながら小幅に反落。長期金利は1.79%と

    やや上昇。

  • ドル高株高が嫌気され、金は大きく下落。原油は在庫が増えていた

    ことから小幅に続落。


  • 新規失業保険申請件数   → 25.3万人

  • 3月消費者物価指数     → +0.1%

    本日の注目イベント

  • 豪   豪中銀、金融安定報告書を公表

  • 中   中国 1-3月GDP

  • 中   中国 3月鉱工業生産

  • 中   中国 3月小売売上高

  • 欧   ユーロ圏2月貿易収支

  • 米  4月NY連銀製造業景気指数

  • 米   3月鉱工業生産

  • 米   4月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演

  • 米  企業決算 → シティーグループ


    日本株が久しぶりに2日で1000円に迫る上昇を見せたことで、ドル円は

    109円55銭前後まで買われました。

    先週記録した107円63銭からは約2円戻したことになります。

    それでも株価の戻りや、原油価格の上昇に比べると「小幅」と言えます。

    昨日のNY市場でも109円台半ば超えはできず、109円台を維持してい

    るとはいえ、依然として上値の重い展開は変わっていません。

    ワシントンでのG20の行方と17日のカタールのドーハで開かれるサウジ

    やロシアなどの会合を見極めたいとする雰囲気ですが、週明けの東京ではそ

    れらの結果を踏まえて動きがあるかもしれません。

    日経平均株価は1万7000円に届く水準まで反発していますが、これは先

    物で売り込んでいた筋の買い戻しにすぎず、こちらもこの水準からさらに大

    きく上昇するイメージは持てません。

    IMFの報告にもあったように、世界景気が低迷し、成長率の鈍化は避けら

    れない状況です。比較的好調な景気を保っている米国だけでは世界景気回復

    のドライバーにはなれず、かといって中国もかつての力はありません。

    欧州はデフレリスクが強まっており、ギリシャやイギリス、あるいはテロの

    リスクを考えると、個人消費の伸びは期待できません。

    日本については言うまでもなく、個人消費は冴えず、インフレマインドには

    ほど遠い状況で、日銀短観では法人の景況感も悪化しています。

    さらに2017年の消費税増税が実施されたら、来年4月以降の景気は一気

    に落ち込むことは必至です。加えて株価の低迷が個人投資家心理を悪化させ

    ており、再びデフレの入り口に立たされていると言えます。

    このように見ると、アベノミクス景気は「風前のともしび」と言っていい状

    況です。世界の投資ファンドも「アベノミクスは終わった」と、日本株を大

    きく売りこしており、その影響から株安と円高が急速に進んでいます。

    かつてワシントンで「Buy my Abenomics」と安倍首相が自信に満ちた演説を

    行ったのが遠い昔のように思えるのは、筆者だけではないと思います。

    来週にはECB理事会を皮切りに、日米でも重要な金融会合が相次ぎます。

    米利上げ観測が遠のく中、ここでの政策変更はまずないと思われます。

    FOMCメンバーでも、セントルイス連銀総裁は、「政策を正常に近づける

    のが賢明」と、利上げには前向きですが、一方でアトランタ連銀総裁は「4

    月の利上げを支持しない」と、利上げに慎重な姿勢を見せており、足並みは

    揃っていません。日銀会合にも急速に政策実施観測が高まっています。

    足元の急速な円高と株安に、今こそちゅちょうなく実施すべきとの意見が強

    まっています。「金利、量、質の3次元」で対応するとの見方ですが、1月

    末にマイナス金利を導入したばかりということもあり、個人的には見送りを

    予想していますが、「日銀の政策手詰まり観測」を払拭する意味では、可能

    性は低いながらも何らかの動きがあることは否定できません。

    本日のレンジは108円50銭~109円80銭と、昨日と同じレベルを予

    想しています。やはり110円に乗せるには材料不足だと思われますが、中

    国のGDPには注意が必要です。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。