FC2ブログ

ドーハ産油国会合、合意できず 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 経済指標の悪化や産油国会合を控え、ドル円は上値の重い

    展開。株価が反落し、長期金利も低下したことから109円を割り込み

    108円台半ばまでドルが売られる。

  • 1.12台半ばまで売られたユーロは反発。ドルが売られたことで

    1.13台に乗せたが、ECB理事会を控え動きは緩慢。

  • 株式市場は続落。原油価格が大きく下落したことからエネルギー株を

    中心に売られ、ダウは28ドル安。ダウ指数は高値圏でのもみ合い。

  • 債券相場は続伸。ミシガン大学消費者マインドが予想を下回ったこと

    や株安が背景。長期金利は1.75%台まで低下。

  • ドル安が進んだことから金は反発。原油価格はドーハの産油国会合を前に

    続落し、40ドル台前半まで下げる。


  • 4月NY連銀製造業景気指数         → 9.56

  • 3月鉱工業生産               → -0.6%

  • 4月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) → 89.7

    本日の注目イベント

  • 米   4月NAHB住宅市場指数

  • 米  企業決算 →モルガン・スタンレー

  • 米   カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

  • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演


    週明けのオセアニア市場では円が買われて、一時は108円を割り込むレベルまで

    ドル安が進んでいます。

    先週末のNYでは108円60銭近辺で取り引きを終えているため、「窓明け」を

    示現しています。理由は幾つかあろうかと思います。

    先ずは、熊本地震の影響です。

    14日夜に発生した熊本地震は、その後も震度7を記録するなど、大きな揺れが継

    続的に発生しており、まだ被害が広がる可能性もあります。

    東日本大震災の時もそうでしたが、地震発生は円買いドル売りにつながる傾向があ

    ります。

    またワシントンで行われたG20では、日米で為替の水準を巡る認識が異なり、こ

    れが円高につながっています。麻生財務大臣は「最近の為替市場での一方的に偏っ

    た動きに強い懸念を持っている」と発言したのに対して、ルー米財務長官は「最近

    の円高にもかかわらず、為替市場は秩序を保っている」と発言し、日本の円安誘導

    をけん制した発言と受け止められています。また同長官は、日本が輸出だけではな

    く内需押し上げに重点的に取る組むことが必要だとの認識も示しています。

    この発言を受けて日銀は、介入しにくくなるのではないかとの観測が市場に広がっ

    ています。

    さらに、注目されていたドーハでの産油国会合ではイランが欠席したことで、増産

    凍結で合意できませんでした。

    ブルームバーグによれば、17日の会合は当初の予定時間を大幅に超え、最終合意

    がないまま終了したようです。サウジアラビアなど湾岸諸国が、イランを含む全O

    PEC加盟国が参加しない合意には動意しない姿勢を示し、協議は暗礁に乗り上げ

    た。(ロシアのエネルギー相)と伝えています。

    サウジのサルマン副皇太子は「全ての主要産油国が足並みを揃えない限り、われわ

    れも増産凍結に踏み切らない」と発言し、「凍結しない場合は、あらゆる機会を捉

    えて原油を売ることになろう」と語っています。

    これにより週明けの原油市場で再び原油価格が大きく下げる可能性も指摘され、こ

    れが引き金となり、株安、円高が進むと見られます。

    先週は107円台半ばまで進んだ円高も一服し、株価の方も日経平均株価は3日で

    1000円を超える上昇を見せるなど、やや下値リスクが後退したかに見えました

    が、今週は上記「悪材料」が重なったことで、再び円高と株安が進行する可能性が

    高まったと思われます。

    この状況で、政府日銀がどのような対応策を講じてくるのかも注目されます。

    熊本地震が発生したことで、2017年4月からの消費税増税は延期される可能性

    が高まってきたように思います。

    また来週27-28には日銀金融政策決定会合が開催され、ここでの追加緩和策実

    施の可能性もやや高まってきたと考えます。

    仮に急速に円高と株安が進んだ場合に政府日銀が動きを見せないようだと、市場は

    安心感を持って投機的な取引を拡大することも予想されます。

    本日のドル円レンジは107円50銭~108円80銭程度を予想します。


  • スポンサーサイト



    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。